プライベート
ベーシック
インカムプロジェクト

幸せな社会を創る人たちを応援します
「幸せな社会を創りたい」。そんな思いを胸に活動する人たちを応援するプロジェクトです。

”社会をよりよくするための活動を行っている人たちに、
お金の心配をせずもっと活動の幅を広げてほしい”

よりよい社会を目指す仲間となり、一緒に彼らを応援しませんか?

プロジェクトの概要
本プロジェクトでは、「幸せな社会を創りたい」という思いをもって活動する人たちを支援します。私たちの周りには、自然と人間が調和できる社会、お金に対する不安のない社会、持続可能でみんなが支え合える社会など、「みんなが楽しく幸せに生きられる社会」を目指して活動する仲間がいます。こういった活動をもっと広げていきたい一方で、今の社会では金銭的な収入がないと暮らしていけないのも現実です。

私たちはそんな仲間が安心して社会活動を継続していけるよう、ベーシックインカムプロジェクトを立ち上げました。本プロジェクトを通じてご支援いただいた資金で彼らの暮らしを支え、活動の幅を広げてもらうことで、その先の未来に広がる幸せな社会を見てみたい。そんな思いをもったプロジェクトです。
ご支援宜しくお願いいたします。

本プロジェクトで応援したい仲間を紹介します!


第1号 小暮 ほの香さん

みなさま、初めまして。
1994年生まれ25歳の小暮ほの香(こぐれほのか)と申します。

早速ですが、私の願いをお伝えさせてください。
私の願いは、”自然と共生して、幸せに楽しく生きる人が溢れる世界”が訪れることです。

そこで、今回は以下の3つをお伝えします。
①「どうしてこんな願いを持つようになったのか?」
②想い描く世界を実現するための「これからやりたいこと」
③そして、やりたいことに繋がる「今やっていること」

①どうしてこんな願いを持つようになったのか?
“自然と共生”と“みんなで幸せに楽しく生きる”という二つの願いは、それぞれ二つの経験から生まれました。
“自然と共生”は「マルタ島での自給自足エコビレッジ生活での経験」から、“みんなで幸せに楽しく生きる”は「交通事故に遭って死にかけた経験」からです。

マルタ島での自給自足エコビレッジ生活
マルタ島のエコビレッジ で、電気のない生活を一ヶ月ほど経験しました。
たった一ヶ月でしたが、現代の日本や世界が、「どれだけ満たされているのか」を知ることができました。電気があるって素晴らしいことなんですね。
そして、このエコビレッジ では、人間の排泄物を発酵させて畑に返す取り組みをしていたこともあり、人間が自然の一部であることや自然の循環の中にいることを肌で感じました。
そして、「人間も動物の一員であることを自覚して、他の動植物と共存して地球に住めたらいいのに…」という想いを持つようになり、“自然と共生”という願いが生まれました。

交通事故に遭って死にかけた
2019年6月5日、旅行先のハワイで、心肺蘇生してもらうような大きな交通事故(無免許飲酒運転のネイティブハワイアンの男性がセンターラインを越えて突っ込んできました。)に遭いました。
事故に遭ってからしばらくの間、“これから”を考える余裕は全くありませんでしたが、少しずつ回復していく中で、「私たちはいつ死ぬかわからない。せっかく人間として生きているんだから楽しく生きたい…」と思うようになり、“みんなで幸せに楽しく生きる”という願いを持つようになりました。
私はこれらの経験から、“今の暮らし”も“命”も当たり前でないことを知り、全てのことに感謝して、生きられるようになりました。
まだ後遺症が残っていて大変なこともありますし、たくさんのお金やモノを持っているわけではありませんが、愛と感謝とつながりを感じながらの毎日はとても幸せです。

②これからやりたいこと
私がこれからやりたいことは、「“幸せに生きるきっかけ”の提供」をすることです。
私は、大きな交通事故に遭って死にかけたことで、“命”や“死”を身近に感じるようになりました。そして、そんなことを感じると「幸せ」が増していくことを知りました。
また、自給自足を経験してからは、“今の暮らし”へ感謝し、感動するようになり、私の「幸せ」への考え方が大きく変わりました。
こんな二つの経験から、幸せに生きるきっかけとなるような「“死生観”を対話できる場」や「“自給自足”を体験できる場」を創ることで、“幸せに生きる人”が増えることに少しでも貢献できると嬉しいです。
詳しい内容についてはNoteに投稿していますので、具体的なやりたいことなどは、こちらからご覧ください!

★私の「これからやりたいこと」
③今やっていること
大きく分けると、4つの分野での活動をしています。

(1)生きていきたい世界観を持つ“コミュニティ”
・eumo(https://eumo.co.jp/)でのボランティアとインターンシップ
・エコラボ (https://peraichi.com/landing_pages/view/ecolabo)の運営サポート

(2)自分と繋がり、相手と繋がり、社会と繋がり、心穏やかに幸せに生きる“コミュニケーション”
・NVC(http://nvc-japan.net/nvc/)の学び
・コネクション・プラクティス(https://rasurjapan.com/)の学び

(3)命が育まれる“農や食”
・903シティーファーム推進協議会(https://hatarakuba.com/)でのボランティア
・料理人 石橋直樹さん(https://nijinohashi.studio.design/)からの命と繋がる料理の学び

(4)これからをイキイキと生きてほしい「若者」
・中高大学生向けのキャリア教育NPO法人JSBN(https://www.jsbn.info/)でのボランティア
・大学生と社会人を繋げる団体KAKEHASHIでのボランティア

この他にも関わっている活動や学んでいることはたくさんありますが、どれも「これからやりたいこと」につながる活動で、多くの方からたくさんのことを学んでいます。
新たに関わるプロジェクトや活動が今でもあるので、それぞれの詳しい活動内容を含めて、随時Noteの『私の「今やっていること」』を更新しています!

★私の「今やっていること」

①どうしてこんな願いを持つようになったのか、②これからやりたいこと、③今やっていること、の3つをお伝えしました。
最後まで読んでくださりありがとうとざいます。
”自然と共生しながら、幸せに楽しく生きる人が溢れる世界”が訪れることに、私だからこそ貢献できることは、「“命”に触れて“生”を輝かせ、生きていることや現代の暮らしが当たり前でないことを知ってもらうことかな?」と思っているので、

「生きている限りチャンスしかない。」

こんな言葉を胸に抱いて、誰一人として取り残されない幸せであたたかな社会を築くことに、少しでも貢献できるようこれからも活動して参ります!

本プロジェクトへの応援メッセージ


株式会社eumo 代表取締役 新井 和宏さん
小暮さんがやろうとしていることは、みんなからの共感と応援で活動しようとしていること。ライスワークからライフワークに生き方を変える人たちを増やそうとする前に、自らがやってみて体験し、それを伝えることによって広げようとするもの。
勇気を振り絞って一歩踏み出したそんな素敵な行動を心から応援しています!
社会活動家/社会システムデザイナー 武井 浩三さん
このベーシックインカムプロジェクトは、社会のあるべき姿である本当の「互助、共助、公助」を体現するための社会実験であると思っています。
経済とは本来「経世済民」であり、社会の偏りを無くすことです。この貨幣経済に偏重した現代社会・政治に、大きな問いを投げかける活動になると確信しています。
903シティファーム推進協議会 理事長 矢萩 大輔さん

お金で動く社会からつながりでまわる社会の扉を開く!
小暮さんの活動を応援します。

お金がないと何もできない社会?せっかく社会に貢献しようと思ってもお金がないから行動することが出来ないってちょっとおかしい。学生時代社会に出たら地域そして地球環境に貢献しようと大きな志を持っていた若者も社会の現実を知りその志はしぼんでいく。それは、30年前の私の姿。

しかし今は違う。時代はまさに大きな転換期を迎えています。

小暮さんの半農半xの思い。それは、私の思い、皆の思い。もし、活動資金の問題で小暮さんの志が世俗にまみれてしまうならそれは悲しいこと。これからの社会はお金で動く社会からつながりで動く社会になると私は信じています。

小暮さんの今回の活動への思いは、小暮さんに続く若者への希望の途。
皆さんはどんな未来を若者に託したいですか?
小暮さんにエールをおくります。

昭和女子大学グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科教員/ビジハピ企画研究室代表 飴善 晶子さん

「人は皆幸せになるために生きている」「人生のゴールは何ですか?」

きっと誰もが気づく「幸せをゴールにしたかったんだ」って。
幸せってなんだろう。どうだったら幸せと言えるのだろう。
豊かってなんだろう。どういう状態を豊かと言えるのだろう。
何があったら、どういうことがあったら、モノやコトで幸せも豊かも感じるの?
誰もが本当に幸せだったと人生を終われる社会を創る力になれたら幸せだな。
自分の命が尽きてもきっとその後も繋いでいく人たちがいて、その人たちを応援できたら幸せだな。

小暮ほの香さんとは、まだ出会って数ヶ月です。しかもZOOMの中でしか会っていない、話していない。
それでも伝わってくる熱い想い。それは、自分のためではない、自分以外の誰かのための自分でいたい。
これからの社会のための自分でいたいという静かに語りながらも熱く強く感じる信念。

応援したい。応援したくなるのです。


本プロジェクトの支援方法


毎月の継続支援となり、1000円・3000円・10000円の3つのコースからお選びいただけます。
以下よりコースを選択し、「購読」ボタンを押してください。
また、それぞれのコースで支援者の皆様へのお礼(リターン)をご用意しています。

・1000円コース:
 活動紹介(月1・メール配信)

・3000円コース:
 活動紹介(月1・メール配信)+903シティーファーム 有機無農薬・低農薬 旬のお野菜セット
 ※お野菜セットは1回のみのお送りになります。

・10000円コース:
 活動紹介(月1・メール配信)+903シティーファーム 有機無農薬・低農薬 旬のお野菜&日光街道沿いの調味料セット
 ※調味料は味噌・醤油・油など。時期によって内容が異なります。
 ※お野菜・調味料セットは1回のみのお送りになります。

私たちの思いにご賛同いただける方からのご支援をお待ちしております。
宜しくお願いいたします。