小陰唇縮小とは?
大阪で信頼できる
クリニックについて

小陰唇の悩みを持つ人は意外と多く、縮小手術を受ける人も増えてきています。小陰唇の大きさ、左右の大きさ、色が黒いなどの悩みを持っていてもデリケートな部分なのでなかなか相談しづらいようです。今回は小陰唇縮小手術やおすすめクリニックについて紹介していきます。

〇小陰唇縮小手術について

小陰唇縮小手術と言っても、気になることは多くあります。今回は一般的に多くの人が疑問に思っていることを見ていきましょう。

・施術時間

カウンセリングや診察で、どのように切除や縫合するのかを決めた後、施術となります。施術時間は人によっても異なりますが、1時間以内で終了することがほとんどです。デリケートな部分なので痛みの不安がある人もいると思いますが、局所麻酔をするため手術中に痛みを感じることはほとんどありません。

・ダウンタイム

施術後の入浴などは、基本的に翌日から可能です。施術後は患部を圧迫するガーゼなどをつける必要がありますが、日常生活では違和感を覚えても問題なく過ごすことができます。患部の消毒や抗生剤などが処方されるので、自分でケアをする必要もあります。激しい運動は1ヶ月ほどは控えましょう。軽い運動は1週間程度で大丈夫と言われていますが、医師の許可を得てからにしましょう。

・手術後の傷について

施術後に気になるのが、やはり傷跡ではないでしょうか。しかし、小陰唇は傷が治りやすい場所でもあるので手術後の傷跡も残りにくい特徴を持っています。ただ、絶対に傷跡が残らないわけではないのでその辺も含めて医師に相談をしてください。

〇小陰唇縮小手術のリスクについて

小陰唇縮小手術は悩み解決のために必要ですが、リスクについて不安を覚える人もいるのではないでしょうか。こちらでは、小陰唇縮小手術のリスクについて見ていきましょう。

・傷が開く場合もある

手術中の傷の中に血が溜まる、感染によって傷が開いてしまうことがあります。その他にも縫合創を乱暴に扱うと傷が開きやすくなるので気を付けましょう。ちなみに、性交については傷の開きの心配もあるので1ヶ月は控えないといけません。

・感染リスクがある

小陰唇は血流が良いので観戦しにくい部位ではありますが、洗いづらい場所でもあるので清潔さを保つのが難しいところです。そのため、施術後に感染してしまう可能性もあります。しかし、シャワーやビデなどで患部を清潔に保つことでリスクは軽減できます。

他にも、施術後の処方される抗生剤をしっかり服用しておけば感染リスクも防ぐことができると期待されているのです。

・血腫が残ることもある

手術中の止血が不十分であった場合、傷が開いた場合などによって血腫が残ることがあります。少ない量であれば、そのまま様子を見るだけで良いのですが出血量が多いと再度傷口を縫合し直したり、血腫の除去が必要になるので気をつけましょう。

〇大阪で小陰唇縮小手術を受ける時に
おすすめしたいクリニック

小陰唇縮小手術は医師の腕によって施術後のトラブルリスクが決まると言っても過言ではありません。今回は大阪で評判の良いクリニックについて見ていきましょう。

・浜口クリニック

院長がカウンセリングから施術まで一貫して行うことで有名なクリニックです。溶ける糸を使用しているので、抜糸の必要がありません。そのため、通院回数も軽減できます。他にも特に問題がなければ通院自体を不必要としているので、あまり通院に時間が取れない人におすすめされているクリニックです。

・高須クリニック

美容系クリニックの中で、もっとも知名度が高いと言っても過言ではないクリニックです。極細の梁を使用するため、麻酔の時の痛みも軽減できます。施術中だけではなく、麻酔時の痛みにも配慮しているので、痛みに対して不安を覚えている人におすすめです。他にも女性スタッフがカウンセリングを行ってくれるので、同性ということから悩みを言いやすいです。

・共立美容外科

完全予約制のクリニックで、患者のプライバシーに配慮したシステムが有名です。医師がカウンセリングと施術を行うため、希望のズレなどが生じません。吸収糸を使っていることから、抜糸不要の特徴を持っています。他の患者と会いたくないなどの悩みがあるのであれば、プライバシー配慮に特化した共立美容外科がおすすめです。

他の特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。

大阪で小陰唇縮小に対応しているクリニックは?

〇まとめ

小陰唇に関する悩みは、誰にも言えずにひとりで抱え込んでいる人も少なくありません。しかし、専門医に診てもらうことで悩みを改善できるのだと覚えておきましょう。クリニックによって技術の差がありますが、今回紹介した3つのクリニックは評判も実績も兼ね備えたところと言っても過言ではありません。クリニック選びに悩んだ時は、これらから決めることを検討してみてもいいのではないでしょうか。悩み続けるよりも、改善に向けて前向きに動くようにしましょう。