YELL PROJECT FOR KUMAMOTO

ごあいさつ

僕は熊本県出身で東京を拠点に活動しているトランぺッターであり、作曲活動も行っている田尻大喜と申します。
 

4月14日
故郷の熊本県で地震が起き、いても立ってもいられず東京から熊本に車で向かいました。そして熊本に着いてすぐ、僕自身が本震によって被災してしまいました。被災後は母校の小学校で物資の仕分けや炊き出しを行い、小さくてもできることを探しながら避難所生活を送りました。

そんな中僕は、被災した人たちの明るく振る舞う姿に大変心を動かされました。

僕たちにできること

避難所生活を送る中で、
僕にできることは”音楽”だと気づきました。

その後東京に戻り、「YELL~君と明日へと~」という曲を作詞作曲しました。そして僕の思いに賛同してくれた音楽家が集まり、”YELL PROJECT FOR KUMAMOTO”と題しチャリティーコンサートを行い、オリジナルCD「YELL~熊本に思いを込めて~」の売り上げを全て義援金として熊本へ送る活動を行っております。

また、そのチャリティーコンサートをラジオやNHK、新聞社が取り上げて下さり、活動の幅が広がってきています。

このプロジェクトメンバーで実際に熊本へ行き音楽を届け、少しでも元気になってもらえるよう活動を行っていきたいと考えています。

思いを熊本へ

東日本大震災発生後、当時所属していたポップスエンターテーメントオーケストラ『sound trackers』のメンバーとして東日本復興支援チャリティーツアーに参加しました。

 

福島公演での演出で客席に行き演奏するシーンがありました。その時、目の前にいた年配の女性が、涙を流しながら笑顔で演奏を聴いてくださっていました。

終演後すぐに駆けつけてきてくださり、僕の手を取り「本当に来てくれて、演奏してくれてありがとう。これでまた少し頑張れるよ!」と声をかけてくださったその出来事が僕には忘れられませんでした。

僕は東北でのチャリティーコンサートにより音楽で人を笑顔にできることを身をもって知りました。


PROJECT MEMBER

ボーカル
高橋正明
Masaaki Takahashi

バイオリン
龍野マリエ
Marie Takino

チェロ

町田奈津実
Natsumi Machida

トランペット
田尻大喜
Taiki Tajiri

ピアノ

鈴木孝彦
Takahiko Suzuki

パーカッション
鯉沼彰
Akira Koinuma

作編曲/レコーディング
山田悠人
Yuto Yamada

special thanks..

 デザイン:上津原加奈
Kana Uetsuhara

事務:澤合愛彩
Mami Sawaai

チェロ

町田奈津実
Natsumi Machida

代表 田尻大喜のプロフィール

ケニア共和国にて父の手ほどきを受けトランペットを始める。
大学4年間を肥後奨学会有斐学舎に寄宿。
東京音楽大学のトランペット科を卒業。
桃尻大喜として作曲活動も行う。

 東アフリカ国際音楽コンクールインターミディエイト部門第二位。
熊本県新人演奏会に出演。
2013年熊本県より奨学金を受けフランス、ドイツに短期留学する。
2014年日本青少年国際オーケストラ、カンボジア、ラオスツアーにソリストとして参加、カンボジアにてごぜん御前演奏をし、好評を得る。
矢沢永吉、SEKAI NO OWARIなどアーティストのサポート、アニメ、CMなどのレコーディング参加する他、東急bunkamura25周年記念 蜷川幸雄監督舞台 「冬眠する熊に添い寝してごらん」 に出演するなど、ジャンルを問わず幅広く活動をしている。
芸劇ウインドオーケストラ団員

熊本の”いま”

避難所生活をしている時に昔を思い出しながら母校の校舎をまわり、当時部活をやっていた音楽室に向かいました。音楽室に入ると隅にあったはずのピアノが中央に移動していました。

 熊本県民のシンボルであり、見慣れたはずの熊本城の姿も変わってしまっていました。

家屋は未だに倒壊したまま、
何も出来ずにいます。

震災から月日が経ち、
報道が少なくなった今も、
熊本の現状はそう変わっていません。
いつ、元の素晴らしい熊本の景色にもどるのでしょうか
家屋は未だに倒壊したまま、
何も出来ずにいます。

余震が続く中で被災した人たちが明るく振る舞っている姿に感銘を受け、東京に帰ってきてから僕も明るく演奏することが出来ました。

疎遠だった友人や親戚が今でも心配してくれて、それが僕を動かす一つのきっかけになり、今回のプロジェクトメンバーも集まってくれました。

自分自身が被災するという経験により、熊本へ、熊本にいる人たちへ恩返ししたいという気持ちがより一層強くなりました。

 

 

今回の地震によって熊本に住んでいるたくさんの人たちが深刻な被害を受けてしまいました。

月日が経っても多くの被災者は未だに困難な状況にあり、

僕たちにできることは本当に限られています。

その限られた中で 僕たちの強い思いを”音楽”としてカタチにし、熊本へ”YELL”を届けに行きます。

 

ギャラリー

レコーディング
CD「YELL〜熊本に思いを込めて〜」のレコーディング
編曲の様子
ボーカル高橋正明のラジオ番組「高橋正明の踏み出せば、ここに」に出演しました。
第1回YELLチャリティーコンサート
at笹塚Blue-T
第1回YELLチャリティーコンサートの際、TV出演しました。
第2回YELLチャリティーコンサート
at笹塚Blue-T
YELL〜君と明日へと〜

チャリティーコンサートにてCD「YELL〜君と明日へと〜」を販売しております。
第3回YELLチャリティーコンサート
at名曲喫茶カデンツァ
思いを熊本へ
CD「YELL〜熊本に思いを込めて〜」のレコーディング

企業の皆様へ

私たちが熊本へYELLを届ける為に、僕たちの活動を支援してくださる企業を探しています。



今後の具体的な活動

・定期的にコンサートを開催(月1回)
・実際に熊本にてコンサートを行う(次回9月開催)
・CD「YELL~熊本に思いを込めて~」を販売(¥1,000)
・CDの売り上げと集めた募金をコモドアートプロジェクトを通じ全額寄付(2016年8月現在、2回寄付済み)
・TV番組、ラジオ等メディアへの出演
など、他にも活動を広げていこうと考えています。

僕たちの思いに賛同してくださり、あたたかいご支援いただける場合はコンサート開催時やメディア出演時にサポーター企業として企業名を公表させて頂きます。また、今後販売するCDに企業名を掲載致します。

支援をご検討いただける場合、
起案者 田尻大喜(yellprojectforkumamoto@gmail.com )までご連絡お願い致します。 

現在支援企業
・株式会社えがおエージェンシー
・くまもと音楽復興支援100人委員会