「オンライン就活時代」に必須の備え!
 求められる”採用支援ツール”とは? 

コロナ禍で迎える初めての新卒・中途採用の現実

2021年度の採用活動に於いて、人事・採用担当の皆さまは、
“より良い人材”を確保するためにどのような対策をしていますか?

本来であれば、例年通り就職活動が活発になる時期。
感染症予防対策で対人面接やインターンシップの開催を控える企業も多く、
これまでの選考過程との違いに頭を悩ませているところではないでしょうか。

新たな採用活動に対応するべく、急速に普及した代表的なツール

オンライン合同企業説明会
インターネット上でスマホやパソコンを通して開催・視聴できる企業説明会です。チャット機能を使い質疑応答も可能で、導入企業は効率のよい採用活動が実現します。

 求職者のメリット 
・移動時間や交通費を気にせず、地方企業の
 説明会に参加できる。

・複数の企業を同日に視聴でき、多くの選択肢
 (情報)が得られる。

WEBインターンシップ
リアルタイムの配信サービスを利用し、会社紹介・施設紹介・現場風景・先輩社員の話など、様々なコンテンツを用いて求職者に企業訪問したかのような雰囲気が伝わるサービスです。

 求職者のメリット 
・外出による感染リスクが無くなり、安心して
 就職活動ができる。

・自宅から参加できるので、メイクや服装を
 気にせずに参加できる。
WEBインターンシップ
リアルタイムの配信サービスを利用し、会社紹介・施設紹介・現場風景・先輩社員の話など、様々なコンテンツを用いて求職者に企業訪問したかのような雰囲気が伝わるサービスです。

 求職者のメリット 
・外出による感染リスクが無くなり、安心して
 就職活動ができる。

・自宅から参加できるので、メイクや服装を
 気にせずに参加できる。

効率的になる一方で、求職者が抱える不安とは?

  • 強くそう思う/ややそう思う59.7%
    半数以上の求職者がなんらかの不安を抱えている!
  • 通信環境が乱れて画面がフリーズしたり、相槌にタイムラグがあるから話辛い・・・。
  • 身振り手振りなどの表現ができないので、熱意や気持ちが伝わるか心配・・・。
  • 書類を見ながら、ただ一方的な質問攻め⤵︎⤵︎ 必死に答えても、相手の反応がわからない。
    担当者のWEB面接スキルもしっかりしてほしい・・・。
  • ect.
  • これまで当たり前だった対人面接でさえ、限られた面接時間内に求職者が “伝えたい”こと、人事・採用に“伝わる”ことは極わずか。
    履歴書や職務経歴書を見ながらのWEB面接だけでは、相互理解を深められていないのが現状です。


今、企業に注目されている採用ツール!
「リファレンスチェック」
をサービス提供している主な会社は?


同じようなリファレンスチェックサービスを提供している会社でも、
それぞれのHPを閲覧すると企業理念導入費用に大きく差がありました。
皆さまの会社にマッチするサービスを探してみてはいかがでしょう。

backchek
(バックチェック)

タクシー広告などで、一度は見聞きしたことのあるであろう話題の芸能人を起用した有名な会社です。
リファレンスチェックサービスを一躍世に広め大手企業も数多く導入しているでしょう。

MiKiWaMe Point
(ミキワメポイント)

労務整理全般をコンサルティングする会社が新たにリリースした「MiKiWaMe Point」。日本の採用・転職に「推薦状」というスタンダードを! をテーマに、初期費用なし・月額1万円で利用し放題などの導入ハードルの低さは随一。

TEITAN
(テイタン)

年間5000件以上の採用調査実績のTEITAN(テイタン)。
日本全国に広がるネットワークを持つ、信用調査や企業調査を行う総合探偵・調査会社です。

TEITAN
(テイタン)

年間5000件以上の採用調査実績のTEITAN(テイタン)。
日本全国に広がるネットワークを持つ、信用調査や企業調査を行う総合探偵・調査会社です。

 リファレンスチェックの仕組み 

ファレンスチェックとは、企業が求職者の同意の元、書類選考とW E B面接だけではわからない人物像や仕事観など、一緒に働いたことのある第三者に電話やメールで確認し、レポートとして受け取れるサービスのことです。

求職者のこれまでの仕事ぶりを評価したレポートを取得することで理解度が上がり、「ミスマッチの低減」長所・短所を客観的に把握し「マネジメントの効率化」が図れるサービスとして脚光を浴びています。

また、求職者が履歴書や職務経歴で自己申告する情報に間違いがないかを、確かめられるリスクヘッジの要素もあり、活用する企業も増えています。

リファレンスチェックツール
conclude

業界一有名なbackchek(バックチェック)、信頼と実績のTEITAN(テイタン)、ご紹介した中でもMiKiWaMe Point(見極めポイント)は、初期費用なし・月額1万円で利用し放題などの導入ハードルの低さもあるが、他社と理念の違いを感じました。

それは、HPにも大きく掲載されていた“求職者を調査することではない”という部分について・・・

MiKiWaMe Point のリファレンスチェックの在り方 ※下記HPを引用
これまで頑張ってきた⼈(求職者)を、⼀緒に仕事をしたことのある周りの⽅達が「頑張っていたよ︕」と求職者の背中を後押しする「推薦状」としている点です。求職者の立場をセルフブランディングを⾼め、より良い転職をサポートするポジティブなスタンスが見て取れます。

また、登録日より10日間無料キャンペーンも行っているようなので、リファレンスチェックサービスの導入を検討している企業には、ぜひ一度、試して欲しい。