横浜で脳梗塞リハビリをするなら
どの施設がベスト?
おすすめの施設も紹介

脳梗塞とは脳の血管がなんらかの原因で詰まってしまい、脳へ血液が行き届かなくなることにより、脳の神経細胞が壊死してしまう病気です。脳梗塞に一度なってしまうと、命が助かったとしても重い後遺症が残ってしまうことがあり、長い期間のリハビリを要するケースが多数あります。この記事では横浜で脳梗塞のリハビリを行える施設や、脳梗塞リハビリにはどんな種類があるのかを簡単に紹介していきます。

脳梗塞のリハビリにはどんな種類がある?

脳梗塞を発症してしまうと、体のさまざまな機能に対して後遺症が発生することがあります。後遺症の種類には、足や手などが動かせなくなる「運動麻痺」、呂律が回らないなどの「構音障害」、言葉が出ないという「失語症」などがあります。脳梗塞のリハビリでは、それらの失われた機能に対してさまざまなアプローチでリハビリを行います。

・運動麻痺の場合のリハビリ
脳梗塞により手や足に障害が認められる場合は、筋肉のストレッチや、関節を動かすなどのリハビリが最初に行われます。ちなみに、脳梗塞を発症した際のリハビリは、急性期と回復期に分けることができます。急性期には基本的な動作を繰り返し行うリハビリを行い、回復期には道具などを使った日常生活に沿った訓練が行われます。

・言語障害の場合のリハビリ
脳梗塞により引き起こされる言語障害には、「構音障害」と「失語症」の2つがありますが、大きく違うのは、「言葉を理解できる能力が残されているか」ということです。「構音障害」は言葉を理解できるものの、呂律が回らないため上手に発音できないのですが、「失語症」は言葉を理解する能力が大きく下がってしまうため、言葉を出すことができなくなってしまうのです。構音障害よりも失語症のほうが症状は重いため、長い目でリハビリに取り組まなければいけません。

脳梗塞のリハビリは病院と施設、セットで受けるのが前提?

脳梗塞になってしまった場合、病院では150日~180日までしかリハビリを受けることができず、十分なリハビリを行えていないにも関わらず退院することになるケースがあります。そのような状況で退院しても、日常生活に大きな支障をきたしてしまうのは言うまでもありません。
ですので、病院から退院した次に通うリハビリの施設を探す必要があるのです。リハビリに関する民間の施設は基本的に保険の適用外となりますが、
料金に見合ったサービスを提供してくれます。

脳梗塞のリハビリはどれだけの時間がかかる?

病院や施設を利用した脳梗塞のリハビリ期間は特に決まってはいないのですが、6ヶ月を区切りとする見方があるようです。脳梗塞により生じた障害をできるだけ軽いものにするためには、長い目で見る必要があるので、本人の努力はもちろん、家族の支援も必要です。

脳梗塞のリハビリ施設を選ぶ時のポイントを知りたい!

最後にリハビリの施設を探しているという方のために、リハビリ施設をどう探せばいいのか、いくつかポイントごとに紹介したいと思います。今後の生活を豊かにできるかは、リハビリ施設にかかっていると言っても過言ではありません。ですので、リハビリ施設は入念に探さなければいけません。

・自宅まで出向いてリハビリを行ってくれるか
脳梗塞で特に足に障害が残ってしまった場合は車椅子で移動することになりますが、「家族に迷惑をかけたくない」と思う方は、外出させようと思っても応じないことがあります。そのようなケースは自宅まで出向いてくれるリハビリ施設を利用すると大変便利です。施設によっては一定の距離なら出張料金を無料にしているようなので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

・症状に対してどれだけ回復が見込めるか
せっかく大変なリハビリに励んだのに、まったく回復しないのであればリハビリの意味がありませんよね。そうならないためにもチェックしてもらいたいのが、どれだけの利用者が改善を実感したかを示すデータです。だいたいどの施設もホームページにそのような実績を掲載しているので、見つけるのは難しくないでしょう。
以下に横浜でおすすめしたい脳梗塞リハビリの施設についてまとめサイトを紹介します。
横浜エリアにお住まいで、ご家族が脳梗塞のリハビリをしなければいけないという方の
参考になればと思います。

まとめ

この記事では、脳梗塞のリハビリの種類や、
横浜でおすすめできる脳梗塞のリハビリ施設について簡単に紹介しました。
脳梗塞のリハビリは根気よく行うことが大切です。
リハビリが順調に進めば、一度失われた機能が徐々に回復してくるので、
また自分らしく生活することが可能となります。
リハビリを成功させるには、施設選びも重要です。
今回まとめた施設の選び方を参考に、最適なリハビリ施設を見つけてくださいね。