話題の漫画家

ゆうきゆう氏
(安田雄一郎)

独占インタビュー

Profile

安田雄一郎(ゆうきゆう)
ゆうきゆう(安田雄一郎)
神奈川県出身。精神科医兼漫画原作者。
東京大学医学部卒業後、同精神科医局と千葉県の精神科病院で勤務したのち、2008年にゆうメンタルクリニックを開院。現在は都内8ヵ所に開院し「医療法人社団上桜会 ゆうメンタルクリニック」の総院長を務めている。

Interview

Q どのようなきっかけでマンガを執筆されたのでしょうか?
スタートとしては、以前からメールマガジンや心理学に関するWEBサイトを作っておりました。
そんな中で、読者さんであった方が、絵を描ける方だったので、「良かったら一緒にマンガを作りましょう」
と誘いました。
そしてそこから、WEBマンガという形で、1ページギャグマンガなどを制作し、自分のサイトやブログに掲載していました。
すると出版社の方から声を掛けていただき、連載することになりました。
そこから「おとなの1ページ心理学」「マンガで分かる心療内科」「モテるマンガ」「マンガで分かる肉体改造」などのマンガを次々と作らせていただきました。
「マンガで分かる心療内科」は、ゆうメンタルクリニックの中でも掲載させていただき、多くの方に、心療内科や精神科についての知識を広く知ってもらうためのマンガとして制作しています。
Q マンガを執筆したことによって変化はありましたか?
「マンガがキッカケで、自分が病気かもしれないと思って、心療内科に来てみた」というご意見をたくさんいただいております。
また実際に、ゆうメンタルクリニックの患者さんも、マンガを作ってから、より増えております。
当院ではないドクターの方からも、「そちらのマンガで分かる心療内科を読んで、自分のクリニックに来た患者さんがたくさんいる」というご意見をいただいております。
それだけ多くの人に影響があったのだな、ということを学びました。
またこのマンガによって、多くの心療内科の患者さんが、重くなる前に受診を考えてくださったことも、非常に感慨深く思います。
Q どのようにストーリーを組み立ているのですか?
基本的には電車の中や、歩きながらネタを妄想します。
また心理学や精神医学・心療内科の書籍などをとにかくたくさん読み、色々な知識を学習し、その中で面白いもの、使えそうなものを中心にネタにしています。
また日々の診療や、今までの病院業務の中で学んだこともマンガに入れ込んだりしております。
よく「ネタが出ない!」という悩みを、他のマンガ家さんからいただくこともあるのですが、アウトプットのためにはとにかくインプットです。
好奇心をもってたくさんのことに接することで、何かを外にも出しやすくなります。何か少しでも参考になることがあれば幸いです。
Q 「マンガで分かる心療内科」は累計発行部数400万を超える大ヒットとなりましたが、たくさんの人に読まれている現状については、どう受け止めていますか?
それだけ多くの方が、心療内科・精神科のことについて知りたかったのだとビックリしました。
またマンガで分かる心療内科では、広く心理学のことについても扱っています。
心について興味を抱いている人がすごく多いのだなぁ、とも感じました。
またアニメ化もさせていただき、さらに多くの人に知っていただきました。
感想としてよく「心のことについてよく分かった」「このマンガで救われた」というものもいただきます。
一つ一つとても励みになりますし、何よりこの感想によって、自分自身が救われました。本当にありがとうございます。
これからも、「読んで良かった」と思える作品を作っていこうと思っております。
マンガで分かる診療内科
Q 「マンガで分かる心療内科」ファンの方、そしてこれから読む方に向けて、メッセージをお願いします。
これからもたくさんのマンガを作っていきたいと思っております。
少しでもあなたの人生でヒントになることを感じていただけましたら、それ以上の幸せはありません。
いつも読んでくださって本当にありがとうございます。

Buy

「マンガで分かる心療内科」
ご購入はこちらから

「マンガで分かる心療内科」以外に、メンタル本も多数出版されてています。
また、ゆうメンタルクリニックの公式サイトからも読むことができます。

Access

ゆうメンタルクリニック
病院名 ゆうメンタルクリニック
総院長 ゆうきゆう(安田雄一郎)
電話 03-6663-8813
アクセス
東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル8F
アクセス
東京都台東区上野6-16-16 上野ORAGAビル8F
♥他にも渋谷・池袋・新宿・秋葉原で診療を行っています。