なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

やりたいが
見える転職

転職をすべきか迷ったときするべきこと

「今後のキャリアのために転職すべきか、しない方がいいのか…」というように悩むことありますよね。
今のままでいいのか、不満はあるけど転職するのも不安、といった仕事に関する悩みは尽きないと思います。

そこで今回は転職を考えてはいるけどなかなか踏み切れないあなたのために、
転職すべきか迷った際に確認してすることをまとめました。
仕事の悩みは尽きないと思いますが、転職すべきかを考えて少しでもいい状況にしていってください。

1.転職すべきか迷ったら現状を明確にする

転職すべきかは状況によって変わってきますし、そこを整理しておかないと
転職をしたとしても解決されない可能性もあるので、現状を明確にしていきましょう。

1-1.4つの項目に分ける

転職すべきか迷ったら、今嫌になってしまっている状況を解決するために、
現状をしっかり理解する必要があります。

言語化して明確に理解していきましょう。
今の仕事の条件や状態を以下の4つの項目に分けると見えてきやすいです。

■良いと思うところ■
■嫌だけど譲れるところ■
■嫌で出来れば変えたいところ■
■どうしても耐えられないところ■


転職すべきかを考える際には上の2つはまず置いておいて下の2つを考えていきましょう。

良いと思うところと嫌だけど譲れるところより
どうしても耐えられないところ、出来れば変えたいところが多くあり、
なおかつ下の二つが転職することで変わっていくのであれば、
転職を視野に入れた方がいいです。

無理に書き出す必要はありませんが、出来るだけ項目を上げていくと、
かなり明確になり、転職してもしなくても現状が見え良くなっていきやすいです。
転職すべきか迷ったら、まず現状を4つに分けて、考えてみましょう。

1-2.自分で変えられる点はないか考える

長年悩んでいる場合はもうどうしようもなくなってしまっていると思いますが、
自分でどうにかできる点がないか考えます。

どうにかして仕事を早く終わらせられないか、キツイ上司の言葉も落ち込みすぎず
対処できないかなどを考えましょう。

転職をするにしても退職理由を聞かれ、「○○さんは改善策を何か取りましたか?」と聞かれるので、
今後のキャリアを考えても改善策を練ることは大切です。
転職は正直難しくありませんが、状況が変わらない場合もあり、
自分を変えるのが一番リスクが低いです。

2.転職すべきか迷ったら会社に交渉する

自分で変えられない、譲れない点は会社に交渉してみましょう。
意外とコロッと良くなることもありますし、交渉しようとした姿勢、行為は今後役に立つでしょう。

2-1.まずは相談

会社側としてもあなたを苦しめようと思っているわけではありません。
会社も具体的にあなたがどう思っているのか理解していないから
そういった転職すべきかと考えてしまっていると思います。

もし相談してみて会社が全く歩み寄らないようでしたら転職をする方が良いです。

最近では労働者側の権利も認められつつあるので、一度相談してみましょう。

そこで聞いてもらえなければまた考えればいいので、
相談することで大きく変わることもあります。
ここで気をつけたいのが、あまり自分に関係なく、
できるだけ職位が上の人に交渉するのが良いです。

社長にアポをとって、「これだけやっているんで、給料上げてください」と言えば
意外と上がることもありますし、やってみることが大切になってきます。
やりにくいまま仕事を続けていても成果も出にくいですし、
精神にも良くないので、まず第一歩として社内の相談しやすい人に相談してみましょう。

2-2.条件を提示する

これは少し強引なやり方ですが、例えば部署を異動したいのに聞いてもらえない場合などに、
1年以内に異動できないようなら転職しますなど、条件を付けて提示をしてみましょう。

会社と労働者の関係は結構グダグダになってしまうこともあり、
ただ不満を言うだけでは良くなっていかないケースが多いです。

転職する際にも嫌な点を会社と交渉せずに辞めてしまうと
物事を解決しようと考えず辞めてしまうと思われてしまいます。

3.転職すべきか迷ったら状況が近い人に相談する

状況が近い人に相談をするということも大切です。
自分を客観視することができるので、より転職すべきかというところを明確にしていくことができるでしょう。

3-1.自分を一度客観的視点で見る

あなたが嫌になってしまっている事実は変わらないわけですが、
客観的に見てどうなのかという観点があると転職すべきかがわかってきます。

客観的観点を得るためには状況の近い(同僚 同じ大学から似たような企業に入った人等)に
相談することをお勧めします。
 
相談してみることで、もう少し頑張ってみようと思えたり、
やっぱり転職しようと思えたり考えに変化が起きるかと思います。

3-2.身近な人だと素直に聞くことができる

全然自分の気持ちが分かってなさそうな人に相談しても、
言葉が薄っぺらく感じてしまいますよね。

なので同じような状況にいる人であれば、そういったこともしっかり考えていますし、
また相手が転職を考えた時にも役に立ちます
身近に仲間を作って相談できるようにしておきましょう。

3-3.年の離れた人への相談は慎重に

親や年の離れた親戚などに転職すべきかを相談することはあまりお勧めできません。
私も親に相談は経験しているのですが、やはり生きている時代が違うので、
そこまでしっかり理解している人でない限り転職は頑なに反対されます。

親身になって聞いてくれるとは思いますが、
転職すべきかを相談する際は生きていた時代が全く違うということを意識して相談しましょう。

4.転職すべきか迷ったら「転職活動」をする

転職をすべきか迷ったら、色んな企業や仕事を実際に見てみることをおすすめします。

人はなかなか現状に対して満足できないので、
改めて転職活動をしてみることで今の仕事が良いとなり精を出していける場合もあります。

転職しようと決めてやるのではなく、まず始めの一歩としてサイトへの登録や
エージェントに相談などに踏み出してみてはいかがでしょうか?

4-1.プロに頼ると判断基準がはっきりする

あなたにしかない悩みですが、転職のサポートをしてくれるエージェントは
近い悩みを抱えている人も多くいてその悩みを解決してきているので、
解決してもらえる可能性もあります。

多くの転職事例を持っていることから、あなたの悩みが転職しなければ解決しないのか、
しなくてもより良く働けそうか判断してくれます。

完全にエージェント任せにしてしまっては良くないですが
エージェントをうまく利用することで、転職するかがはっきりする場合もあります。

4-2.選択肢が増える

世の中は無名の企業や仕事も多くありますし、あなたが知らない仕事もたくさんあります。

転職エージェントに相談することで、何万もある企業の中から、
あなたの希望に合いそうな企業を出してくれるので、キャリアを考える上で参考になります。

その中にあなたの答えが見つかる可能性もあり、知らない仕事を知ることができるのは大きな魅力です。

5.自分は何に興味があるのか再度確認する

仕事も興味が大切です。
興味があることであれば、充実できますし、結果も出せるようになります。
興味を深掘りしていきましょう。

5-1.好きなことをしていれば多少の困難も乗り越えられる

生き生きと働いている人も何も苦労してないわけではなく、好きでやりたいことを見つけているので、
辛い事なら乗り越えられるということです。

自分は何が好きか、何をしていると時間を忘れられるか一度確認してみましょう。
好きなことかもしくは得意な事でないと続けていくのは難しいです。
簡単に見つかるものではありませんが、
探し続けることで人生かけても追いたいものが見つかるかもしれません。

5-2.苦手克服をやめる

小さいころから教育で得意を伸ばすことより、苦手を克服することをしていくため、
いつまでたっても苦手を克服している人が多くいます。
目的なく苦手克服で仕事をしているといつかボロが出ます。

あなたも今自分のやっている仕事を自信もって好きか得意と言うことができますか?
目標があってそれのために必要な力を身に着ける期間と
決めているのであれば多少辛抱してもいいですが、
目的もないのになぜか苦手克服していませんか

苦手克服をしていると思った方は
ぜひ今日から少しでも得意なことや興味のあることに目を向けてみてください。
転職すべきかという問いに新しいヒントを得られるかもしれません。

6.転職すべきか迷ったら動き出す




今回は、転職すべきか迷ったときにするべきことを紹介しました。
転職もしやすくなっているので、すべきか迷ったら、
自分と向き合いながら転職活動をしてみてもいいかもしれません。

転職を成功に導く企業研究の具体的なやり方

1.転職には企業研究が最重要

転職をしようとなった際、しっかり自分に合った
結果の出せる企業から内定をもらう自信ありますか?

人や企業によって合うやり方は変わってきますが、ちゃんと自分に合った企業を探す、
面接での通過率を上げるためには企業研究をしていく必要があります。

ただ多くの人は転職の企業研究のやり方を間違えています
転職の企業研究も、間違えたやり方や、合わないやり方を続けていると、
なかなか内定が出ず「結局自分ってこんなもんなのか」と自己嫌悪にもなってしまいます。

今回はそうならないために、どこよりも詳しい具体的な企業研究の仕方をまとめたので、
企業研究のやり方がしっくり来ていない人はぜひチェックしてください。

これを見てそのまま企業に当てはめることで企業が丸裸になるようになっているので、
ぜひ転職の企業研究にお役立てください。

2.転職に企業研究が大切な理由

転職の企業研究をしていくにあたって、まず企業研究がどう役立つのかを紹介していきます。
ここをはっきり理解せずに企業研究を進めていくと、
「結局どこまでやればいいんだ」となってしまうので、しっかりチェックしていきましょう。

自分と企業の相性を見る

企業に良い悪いもなく、より良く働けるかは結局相性です。

一般的にブラック企業と言われるようなところでも、大きく活躍する人はいますし、
誰もがうらやむ有名大企業でも鬱になってしまう人もいます。

そういったようにあなたに合う企業もそれぞれなので、しっかり企業のことを分かっていかないと、
より良く働くのは難しいでしょう。

よって転職の企業研究はその企業の良いところ悪いところを言語化でき、
自分に合うかしっかり判断していけるところまでやっていくべきと言えるでしょう。

面接を通過しやすくする

転職はもちろん結果も大切ですが、意欲もかなり見られるので、
しっかり調べてきたかということは必ず見られるでしょう。

面接官からしても、「なんとなくよさそうだから受けに来た」という人と
「○○と△△の点がこの会社にしかなくてそこに惹かれてきました」という人であれば、
後者の方が印象が良いです。

事業内容や競合他社との違いあなたが受けている他企業との違いなど面接で聞かれるので、
答えられるようにすると、面接の通過率が上がるでしょう。

惹かれた点だけでなく、競合他社に比べ弱いところなどまで知っておくと、面接で使える材料になります。

的確なアピールができる

嘘はいけませんが、自己PRなどは
「企業が求めている人物像に当てはまる自分の面」をアピールしていきます。

あなたにも良いところ悪いところがたくさんあり、
30分の面接ですべて伝えられないので、まとめていく必要があります。

転職の企業研究をしておくと、そういったまとめる際に
どういう自分の良いところをアピールすれば、
内定をもらえるのかといったところを考えることができるでしょう。

転職の企業研究で企業の求めている人物像を明らかにして、
そこに当てはまる面をアピールしていくということが、内定をもらえる近道です。

3.転職の企業研究の具体的なやり方

ここからいよいよ具体的な転職の企業研究のやり方について紹介していきます。
企業研究は転職活動の中でも、特に時間をかけて、じっくりやっていくところなので、
しっかりチェックして、色んな方法で企業を丸裸にしていきましょう。

3-1.企業HPを見る

企業のHPも馬鹿にできず企業によってカラーが出るので、
確実に事細かにチェックするポイントです。
以下のようなことをHPから見ていくことでその企業のカラーを知ることができます。
・求めている人物像
・その企業は何を目標としているのか
・理念 ビジョン
企業HPを見ていくポイントは、他の企業や競合他社と比べて、
その企業のこだわりはどういうところにありそうかというところを見ていくということです。

また転職の際の企業研究でも、新卒の採用ページなどを見ることで、
よりどんな人を求めているかや、社員インタビューなどを見ることも出来ます。

「○○社 新卒」と検索すれば新卒向けのページも出てくるので、チェックしてみてください。

3-2.IR情報を見る

IR情報とは株主向けの財務情報などをまとめたものです。

ちょっと難しいので事細かに分析する必要はありませんが、
企業の金銭状況がどうなのかを知っておくと、
「ちょっとやばそうだから志望度は下げようかな」
「自分が入ってこういうところは良くしていけるかもな」と判断できるようになります。

難しいですが、簡単な財務の知識は今後も役立つので
企業の金銭状況を見て数字に慣れておくといいでしょう。

3-3.会社四季報を見る

会社四季報には業績や事業の展開データ、会社概要や業界内でのシェアなど、
客観的な情報を見ることができます。

実際どういうことをやっているんだっけといったところや、
その企業の全体的な情報を知ることができるので、転職活動をする際に買ってみてみてもいいでしょう。

また平均年齢平均年収も載っているので、参考になります。

3-4.新聞や業界誌を読む

新聞や業界誌を読むことで、その企業の情報というよりは
世の中の動き業界で何が起こっているのかを知ることができます。

業界の動向を知ることができれば、業界の中で自分の志望している企業がどういう立ち位置にいるのか、
この業界に飛び込んでも大丈夫そうかなどと言ったことを知ることができます。

今時あまり新聞を見たり、業界誌を見たりする人が減っているからこそ見ておくことで、
転職のライバルも仕事のライバルも持っていない情報を持てることになります。

また入社したら必然的に業界の知識や動向は見ていくことになるので、
入社後を楽にするという面でも新聞や業界誌を読んでおくことはおすすめです。

3-5.転職エージェントに行く

企業について知りたい、仕事を選ぶ判断基準が欲しいという点では
転職エージェントに行くことも企業研究に繋がります。

転職エージェントに行くことで、第三者からの目線で企業について紹介してもらえるので、
また違った視点からの情報を得ることができます。

さらに転職エージェントは面接対策などもしているので、
競合他社との違いをより明確に教えてくれる可能性が高いです。

似たような企業や、その企業を受けている人が良く受けている企業も知ることができるので、
転職エージェントに行くと、仕事選びの軸が定まりやすくなってきます。

3-6.イベントに参加する

就職活動で合同説明会があったように、転職にも合同のイベントがあります。
俗にいう転職フェアと言うものですが、こちらも活用の仕方によってはかなり良い企業研究になります。
転職フェアの良いところは以下の通りです。

・面接の足掛かりになる
・短時間で色んな人事担当者の話を聞ける
・掘り出し企業を見つけられる


転職フェアはとりあえずで言ってしまうとただ疲れて終わる場合がありますが、
目的を持つことで良い企業研究ができます。

3-7.ネットの口コミを利用する

ネットが発達しているからこそ口コミが大切になってきます。
ネットショッピングをするときも、その販売元からの情報だけでなく、口コミを見ますよね?

仕事選びはネットショッピングほど単純ではありませんが、
確かな口コミを見ることで企業研究は進みます。

・職場の実際の雰囲気
・評価制度や昇進について
・給料の妥当性について


などの企業から出している情報だけではわからないことも載っています。
ぜひチェックしてみてください。

3-8.実際に人に会いに行く

志望している業界にしろ企業にしろ、そこで働いている人の話を聞くことは
深い情報を得るのに非常に役に立ちます。

企業もやはり不都合な情報は出しませんし、ネットの口コミもあまりにネガティブなものは
訴えられる可能性もあるので載せません。

そういったときに口頭であれば、素直な情報が聞ける可能性が高いです。

まず自分の人脈をたどってみて、いないようであればSNSでも簡単に繋がれるので、
その業界や企業の人と会ってみましょう。

面倒ではありますが、より良い職場を探していくためには絶対にやった方が良いですし、
転職の不安の減っていきます。
転職のみならず新しい視点を得られるかもしれないので、
ぜひ人に会いに行ってみてください。

4.転職の企業研究のポイント

転職の企業研究の具体的なやり方について紹介していきましたので、
今度はそれをしていくにあたって必要なことを紹介していきます。

ポイントをしっかり抑えることで、より企業研究が進み転職もしやすくなり、
ミスマッチも起こりにくくなるので、しっかりチェックしていきましょう。

情報の正確さを判断する

今時本当に色んな情報があります。
情報過多な時代だからこそ情報の質を判断していく必要があります。

ネットの情報も例えば仮想通貨について書かれていることも、

・ただネットの情報を集めて書いている人
・実際自分でやってみた経験を書いている人
・仕事としてやっていて書いている人
・色んな勉強をして書いている人

などこの中に2つ3つ当てはまる人もいると思いますが、色んな人が情報を載せています。
情報が果たして正しいのか、自分にとってその情報は
重要なのかを考えていく必要があります。

働いてからのことも見通す

面接を通過して内定をもらえればいいのであれば良いのですが、
本当の目的は違いますよね。

「転職をして、より良く働けるようになる」ということが目的だと思います。 

より良くというのが人によって違うので、考えていく必要がありますが、
例えば年収1000万という目標があって転職をしているのであれば、
転職先で結果を出すことが必要になってきます。

そういった場合は転職先で結果を出すためにはどんな情報が必要か、
何ができればいいのか、ということまで企業研究していくと、理想に近づくことができます。

また新卒ほど研修もしっかりしていないので、より良く働いていくためには
どの情報が必要か考えて企業研究をしていくと、良い企業研究ができるようになります。

面接で活かせるようにする

当たり前ですが、企業研究をしっかりしておくと選考の際に非常に役に立ちます。

志望動機も企業の良いところを言うのではなく、
「今御社はこんな状態ですよね?私はこういう強みを持っているので、御社をこういう風に変えていきます」
というアピールが正確であると内定が出る可能性が非常に高いです。

面接で活かせるよう、志望動機や競合他社との違い、また自己PRにもからめていけるので、
そういった面接で活かせるようなるまで企業研究をしていきましょう。

そう考えると以下のことが大切なのが分かってくると思います。
・企業の財務状況
・競合他社との違いや業界での立ち位置
・職場の雰囲気
・企業理念やビジョン
ただ気になったことを見るのではなく、面接で活かすということを常に念頭に置いて、
企業研究をしていきましょう。

5.転職でも企業研究は最重要

今回は転職の企業研究の具体的なやり方について紹介しました。
転職でも企業研究は非常に重要です。
企業研究をしっかりしていくことで、
自分により合う企業を見つけられますし、
面接も通過しやすくなります。

また企業分析は業界や規模、職種などによって変わってきますが、
自分の軸を作り情報をできるだけ集めて考えていくと
より良い企業を見つけることができます。

良く知らないのに「入りたいです」とも
「御社の役に立てます」とも言えないと思うので、
しっかり企業研究をしていきましょう。