谷根千こども鍵盤ハーモニカ塾



東京・谷根千エリアに
こども鍵盤ハーモニカ塾が
オープンしました。

当塾は、こどもたち一人一人がそれぞれの好みを理解し、
自分なりの方法で音楽を味わい表現するための力をつける
「生涯音楽といい感じに付き合うためのお手伝い」をする
鍵盤ハーモニカを主軸としたマンツーマンの個人塾です。


塾方針

  • 音楽を自分の意思でナチュラルに頭や身体に受け入れ、それを自分なりの方法で解釈したり表現できることを目指します。
  • 自分の音楽を肯定する力を育みます。
  • 音楽的な成功体験や、その時に本人が楽しんだり笑ったりびっくりできる時間を優先します。

塾での過ごし方


ある日のレッスン(一例)

①到着したら荷物や衣類を自分で整え、手洗いうがい消毒を済ませたら自分の鍵盤ハーモニカを用意します。楽器の本を読んで開始まで静かに待ちます。完全な静寂は、音楽を味わうための第一歩です。

②まずは音楽鑑賞の時間をとります。幅広いジャンルの良質な音楽をじっくり鑑賞し、感じた印象を話しあったり、登場する楽器について学びます。

③実際に 2. で鑑賞した音楽の要素を取り入れたワークショップを実施します。主に鍵盤ハーモニカで演奏をしますが、その他の楽器を使用することもございます。即興演奏をしたり、作曲をしたり、座学で学ぶことも。

④一人一人の得意なことや好きなことに合わせた、最適な手段を選びます。おやつを食べながら、お迎えの時間をゆっくり待ちます。

コース

New
幼稚園(3〜5歳)コース
45min 9,000yen / 月2回
14:00- / 15:00- / 16:00-
曜日要相談

持ち物:鍵盤ハーモニカ / 手拭いやハンカチ / 筆記用具
New
小学生(6歳〜12歳)コース
45min 8,500yen / 月2回
15:00- / 16:00- / 17:00-
曜日要相談

持ち物:鍵盤ハーモニカ / 手拭いやハンカチ / 筆記用具
自宅出張コース(3歳〜12歳)
45min 4,500yen / 月1回
谷根千エリアのみ
曜日要相談

用意する物:鍵盤ハーモニカ / 手拭いやハンカチ / 筆記用具 / 譜面台
New
小学生(6歳〜12歳)コース
45min 8,500yen / 月2回
15:00- / 16:00- / 17:00-
曜日要相談

持ち物:鍵盤ハーモニカ / 手拭いやハンカチ / 筆記用具
当塾は以下のような皆様にオススメです。
金銭面Q&A
「こどもに楽器を習わせたいが、高額な楽器はちょっと…」

→鍵盤ハーモニカは1,800円程度から購入できる大変お手頃な楽器です。また、ヤフーオークションやメルカリなどで数百円で販売されているものもあります。お子様が幼稚園や小学校で使用している楽器、あるいはお父様お母様が子供の頃に使用されていた楽器でも構いません。
「コンクールや発表会はお金がかかって大変。」

→現状、コンクール等への出演や、発表の実施などはございません。大舞台はございませんが、こどもたちがご家庭で、お父様お母様へ向けた「小さな発表会」が日々日常の中で出来るよう、手助けして参ります。
「入会金やテキスト代など月謝以外のお金はかかりますか?」

→月謝以外の金銭は発生しませんのでご安心ください。振替は翌月1回までのみ可能となっております。
「入会金やテキスト代など月謝以外のお金はかかりますか?」

→月謝以外の金銭は発生しませんのでご安心ください。振替は翌月1回までのみ可能となっております。
指導面Q&A
「幼い頃、ピアノの先生がスパルタで楽器教室がトラウマ。こどもには音楽嫌いになって欲しくない」

→当塾は音楽を味わい、こどもから発した音楽を認め、生涯自分なりの方法で付き合っていくことを主軸としております。本人の望まないペースでの指導、あるいは内容で進めることのないよう、毎回フィードバックし、お話し合いの上、通塾いただきます。
「うちの子すこしゆっくりさんで...グループレッスンだとついていけないかも。」

→当塾は原則マンツーマン(1名)のみとなっております。
「楽譜が読めるようになったり鍵盤の素養が身に付きますか?」

→ご要望の際は事前にお知らせください。
「楽譜が読めるようになったり鍵盤の素養が身に付きますか?」

→ご要望の際は事前にお知らせください。

代表者ご挨拶

鍵盤ハーモニカ研究所・代表 南川朱生

保護者の皆様へ:
私はプロ鍵盤ハーモニカ奏者(http://akeominamikawa.com)として活動する南川と申します。演奏活動の傍ら、鍵盤ハーモニカに関する事業を運営しており、(http://melodicalabo.com)鍵盤ハーモニカを主軸とした研究活動や、公演・ワークショップなどを中心に行っております。これまでは大人の愛好者をターゲットとした事業を展開いたしておりましたが、この数ヶ月で情勢が変わり、小学校の音楽の授業の遅れや、文化的なインプットの低下を懸念する声や、それに関するお問い合わせが多く上がる様になりました。そこで当事業所も「今後は子供たちの学びに繋がる活動で社会・文化的な貢献が行いたい」という方針に変更し、地元である谷根千に小さな音楽塾をオープンさせました。鍵盤ハーモニカは、一家に一台ある楽器でありながらも、その魅力を十分に学ぶことのないまま、小学校卒業後はメルカリに出品されるという悲しい運命を辿っている楽器です。しかしながらその楽器としてのポテンシャルは非常に高く、実に多彩な奏法や楽しみ方が存在します。日常における音楽のあり方を模索しつつ、子供たち、そしてお父様お母様方の豊かな人生に貢献できましたら幸いです。


こどもたちへ:
はじめまして。わたしはけんばんハーモニカ(ピアニカのこと)のプロをやっている南川(みなみかわ)です。このおんがくじゅくは、しずかにおんがくをきいたり、ほんをよんだり、がっきにさわったり、おかしをたべたりするばしょです。なかでも「けんばんハーモニカ」をとてもよくつかいます。みんながよくしっているこのがっきは、がっこうではならわない、さまざまな「ふきかた」や「もちかた」があり、すこしれんしゅうすると、とてもかっこいい「ひっさつわざ」ができるようになります。びっくりするようなヘンテコな音(おと)もでますよ。けんばんハーモニカは、まだうまれてから60ねんしかたっていないので、「こうやってふきましょう」というきまりがなく、だれもが1ばんになれる、とてもじゆうながっきです。

キーワード:ピアノニマス / メロディカ奏者 / メロディオン奏者 / ケンハモ奏者 / ピアニカ奏者 / アンデス奏者 / 鍵盤笛奏者

お問い合わせや体験レッスンの申し込みなど、
まずはご相談からで構いませんので
お気軽にお問い合わせください。