闇金の相談※弁護士費用の相場・ヤミ金利用者が解決した方法とは?
闇金に借金がある方必見!当サイトはヤミ金に強い弁護士事務所を徹底比較!弁護士費用や一番賢い解決方法、減額方法や過払い金、督促や嫌がらせを即日ストップする方法などを紹介しています。ヤミ金利用者の体験談あり。
闇金から借金がある方へ
一昔前まではヤミ金と言えば「取り立てが酷い」「ヤクザがバックについている」「利息が高額」「無審査で即日借りれる」などが上げられました。

しかし最近ではこういった商売をしている闇金業者は少なくなってきています。
本当にお金に困っている人は、こういった闇金からお金を借りてしまう人もまだまだ少なくありませんが、最近では「闇金と知らずに借りてしまう」ケースが増加しています。

当サイトでは闇金融から借金をしてしまった人を対象に、法的な解決方法について紹介しています。

下記の内容があてはまる方は是非参考にして下さい。

・闇金の嫌がらせを止めたい
・家族や会社に借金していることがバレたくない
・借金の減額をしたい
・過払い金がないか調べたい
・闇金問題に詳しい弁護士が知りたい

闇金の危険性

闇金の利息(利息)は?
ヤミ金業者が最も多いと言われている大阪では、よく自宅のポストにヤミ金と思われるチラシが入っていたり、電信柱など街の至る所で広告などが目につきます。

また、メールで【即日融資します】という内容のものもよく見かけますが
これも全てヤミ金やソフト闇金なので手を出してしまったら最後、高額利息を取られます。

その闇金の利息は10日で1割(トイチ)やトゴ、10日で3割、5割などむちゃくちゃな利息を取ってきます。具体的な金利は公表されていませんが、ほとんどの闇金業者が「年利40~50%の金利」で運営しています。


一方、銀行カードローンや消費者金融の金利はだいたい下記の相場です。

消費者金融年:5~18%
銀行カードローン:年利3~15%
日本資金業協会の会員でない金融も危険!?
貸金業を営む消費者金融業者、事業者金融業者、クレジットカード会社などは必ず日本資金業協会に属している必要があり、各金融期間の公式ホームページにも番号が記載されています。

しかし、登録されている金融機関が全て安全というわけではなく
過去には高金利で貸付している業者もありました。

一見公式ホームページで安全そうに見える金融機関でも実は闇金だったという事例も実際にあるので注意が必要です!
日本資金業協会の会員でない金融も危険!?
貸金業を営む消費者金融業者、事業者金融業者、クレジットカード会社などは必ず日本資金業協会に属している必要があり、各金融期間の公式ホームページにも番号が記載されています。

しかし、登録されている金融機関が全て安全というわけではなく
過去には高金利で貸付している業者もありました。

一見公式ホームページで安全そうに見える金融機関でも実は闇金だったという事例も実際にあるので注意が必要です!
闇金の特徴

特徴

1

年収の3分の1を超えるローンでも借りれてしまう

まず、お金を借りるときは【総量規制】という法律を理解しておく必要があります。

総量規制とは…総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

引用:http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html


銀行カードローンの場合はこの総量規制が対象となるので、年収の3分の1を超えるローンが組めなくなっています。

一方、消費者金融の場合は総量規制対象外となるので借りれますが
法的に運営している消費者金融の場合は必ず審査があり、多重債務者や過去に滞納歴がある人は借りることが困難になります。


そこで審査に通らなかった債務者が最後に行き着く所が闇金やソフト闇金と言ってもいいでしょう。

闇金業者は総量規制などの法律なんて完全無視で貸してくれます。

特徴

2

審査がない

闇金と言えば借りる時に審査がないことで有名。
銀行カードローンはもちろん、消費者金融でも審査に落ちまくっている債務者にお金を貸してくれるのが闇金融です。

借りるときに必ず行われる審査がない&即日融資してもらえます。

ダイレクトメールやチラシなどで
【無審査で即融資!】
【ブラックでも借りれる】

などと書かれたものは100%闇金と思って間違いないです。

特徴

3

電話番号が携帯

闇金融では固定の電話番号を持っていない所が多く、携帯番号のみ記載されていることがあります。

090金融とも言われている闇金の代表的な特徴とも言えます。

公式ページやチラシで、番号が090や080から始まる所は闇金です。

特徴

4

取り立てや嫌がらせがある

これは闇金でも代表的な特徴です。返済が送れると毎日電話がかかってきたり督促状が届いたりしますが、さらにエスカレートすると電話で脅されたり、職場に電話がかかってきたりします。

ひどい時には自宅に取り立てに来たり、親戚の家にまでお仕掛けたり、職場にFAXで嫌がらせの内容を送ってきたりと様々です。



しかし、最近ではこのようなやり方はもう古くなってきています。
最近の闇金は【ソフト闇金】と言われていて、上記のような取り立てなどは行っていないことが多いです。

電話番号も固定であって、一見するとちゃんとしている金融機関に見えますが実はソフト闇金ということがよくあります。

ただし、闇金と同じく高利息で違法な貸付をしていることは間違いないです。

特徴

1

年収の3分の1を超えるローンでも借りれてしまう

まず、お金を借りるときは【総量規制】という法律を理解しておく必要があります。

総量規制とは…総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

引用:http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html


銀行カードローンの場合はこの総量規制が対象となるので、年収の3分の1を超えるローンが組めなくなっています。

一方、消費者金融の場合は総量規制対象外となるので借りれますが
法的に運営している消費者金融の場合は必ず審査があり、多重債務者や過去に滞納歴がある人は借りることが困難になります。


そこで審査に通らなかった債務者が最後に行き着く所が闇金やソフト闇金と言ってもいいでしょう。

闇金業者は総量規制などの法律なんて完全無視で貸してくれます。

闇金やソフト闇金を利用してしまったら

闇金やソフト闇金は違法に運営されている悪質金融機関です。

もし借りてしまった場合、自己解決は絶対にできないので
法的処置を取ってくれる弁護士や専門家にすぐに相談して下さいね!

相談は無料でのってくれて、料金も現時点での借金額を考慮してくれるとこもあります。
弁護士に依頼すると下記の内容で法的処置を取ってくれます↓

・嫌がらせを即日で止める
・闇金からの督促を止める
・借金の減額
・過払い金がないか調べてくれる


闇金問題は一人で悩まず、すぐに専門家に相談することが大切。
必ず解決できるのですぐ行動しましょう。

闇金利用者の声

40代/男性

パチスロしたさに闇金に手を出した大馬鹿者

日雇い派遣の仕事をしていた頃の話。
仕事がある日は現金日払いで報酬を手にし、すぐさまパチンコ屋に入り浸る程の大馬鹿者でした。

当時派遣されていた会社が暇になり、仕事も毎日入れなかった時の話、
いつものように朝からパチンコ屋に行き、昼過ぎには手持ちもなくなり途方に暮れていました。

当然、サラ金はブラック・知人、親含めこんな自分にお金を貸してくれる人などいません。

そんな時に闇金、いわゆるソフト闇金の広告をネットで検索していました。

物は試しと安易に申し込みのフォームに住所や電話番号を入力し、送信。
5分程度で担当の男性から電話連絡が入りました。

20.000円程度借りたいと伝えたところ・・

「利息は1週間で2割、うちは先引きですので手数料も合わせると13.000円の振り込みですよ。」

とあっさり融資自体OKとの事。

感覚がマヒしていた自分は言われるがままに自分の個人情報を送ってしまいます。
その1時間後には口座にきちんと入金がされていました。

勿論そのお金もパチンコで消えてしまったのですが。
最終的に2万円を完済するのに2か月、利息を含めると倍以上のお金を支払う羽目になりました。

すぐに返せるならまだしも、当てのない借金はしない方がいいと思います。

30代/男性

審査の甘い手軽なローンが実はヤミ金だった若気の至り

若気の至りではありますが30代男性会社員の私が20代のころ、
本人確認とか会社在籍確認とかを心配して、有名なローン会社に申し込まなかったのです。

そこで都内近郊から外れた総武線沿線の駅近くの如何にも怪しいお店に勇気をもって入りました。

こじんまりして営業していることもハッキリしないようなお店でした。
そこで私は早急に必要な10万円をその場で借りることに成功しました。


しかし、利子が半端なかったですね。
時に支払いを遅らせないで2年で完済しましたからそれまでのお付き合いでしたが、
実際には30万円以上支払っていますね。


10万円借りただけなのに30万円以上も支払うことになって、その時の私の金利意識が低かったため、
仕方なくコツコツと返済していました。


今から振り返ると法令以上の金利を支払っています。

過去の話なのであきらめていますが、過払いの対象に完全になっていることに後になって気が付かされました。


お店の人は冴えないおじさんが一人で切り盛りしていたのを覚えています。
今から考えると不思議な店舗でしたね。