人生100年時代!
人生を豊かにする!
『おとな』の学び場

『歴史』と『文化』を楽しむ

大和倶楽部

悠久の時を見守る神社仏閣     
雅た面影を残す古都       
往時の栄華を誇る天守閣

日本の美しい風景は、
『大和』と呼ばれた古代より
 歩んできた歴史の軌跡。
 
 それは、私たち日本人の
『心(こゝろ)』の故郷。

 欧米化された生活様式で、
 喧騒の日々を送る現代は
 そんな『大和のこゝろ』を
 色褪せ、風化させます。

 『大和倶楽部』では、  
  悠久の時を経て佇む史跡が語る、
  歴史の秘話を通して、 
  私たちの心奥深くに息づく
『大和のこゝろ(心)』に振り返る、 
  そんな心の軌跡を辿る旅を
  贈ります!

『大和倶楽部』
メルマガ登録

メルマガ登録(無料)はこちらから
登録する
登録解除をご希望の方はこちら

 人生100年時代! 
 何故、『学び』が大切なのか?
 
『学び』が、
あなたの暮らしに『彩り』を与え、
人生を豊かにします!

人生100年時代!

日本は既に健康寿命が世界一。
超高齢化社会に突入していると云われています。
若し、あなたが100歳まで生きると
したら、どんな人生を想像しますか?

『ワーク・シフト』『ライフ・シフト』等の著書を持つ 、
英国ロンドンビジネススクールの
リンダ・グラットン教授は長寿社会に
於いては、新しい社会構造のワークスタイルだけでなく、新しい価値観としての『個人の無形資産』が大切だと述べられています。

個人の『無形資産』とは、
金や不動産といった目に見える資産でなく、経験、人的ネットワーク、スキルや知識等、目に見えない個人の資産であり、資質を意味します。

『学び』は探究心 & 好奇心を育み、
 私たちの視野を広げ、人生の可能性を
 示唆してくれます。

『学び』とは、
 知らなかったことを知るということ。

『学び』とは、
 新しい世界観に触れ、
 自分の視野を広げるということ。

『人生100年時代』!
  人生に彩りを与え、
  豊かに生きるために、
『学び』を通して、
  より魅力的な新たな自分と
  遭遇してみませんか?
『学び』が人生を
豊かにする!

  何故、今、
『歴史』を学ぶのか?

  何故、ビジネス界で活躍されている
  トップリーダの多くの方が
 『歴史』の本を
   読まれているのでしょうか?

  2000年以上前に書かれた
  孫子の『兵法』は、 現在でも
  多くの経営者の間で読まれています。

  起きた事実から教訓を学ぶことは
  昔から実践されてきた王道です。

『歴史』を学ぶということ。
  その醍醐味は、 
  過去の『歴史』の史実からの学びを
  現在の自分の生き方に
  活かすということなのです。
『歴史』が
伝えてくれるもの

 何故、今、
『文化』を語るのか?

 例えば、幽玄の境地を体現化した
 茶道や石庭等の『文化』は、
 日本独自の『侘・寂』という
 美意識・価値観を紡ぎ出してきました。

『文化』を知るということ。
 それは、現代を生きる
 私たちの中に息づく、
 過去という『異文化』の中で培われた
 感性・精神性を感じるということ
 なのです。


『文化』が
伝えてくれるもの

自分の心(こゝろ)と向き合ってますか?

 喧騒の日々を過ごす中で、
 自分自身を見失うことはありませんか? 
 時に、私たちは「これで良かったのだろうか?」 
不安になり、自信を失ったりすることがあります。

 多くの先人が歩んできた
『歴史』を知るということは、
 私たちの視野を広げ、視点を変えてくれます。

 過去という異文化で、
 その時代に生きた人々が想い描いた結果が、
『歴史』という『史実』を編み出してきました。

『歴史』を知るということは、先人たちが
「何を想い、どのように行動し、生きたのか?」
  を知ること。

『歴史』を知るということは、
 私たち日本人の魂奥深くに眠る
『大和こゝろ』の琴線に触れ、
 先人たちの叡智が、私たちの明日へと繋がる道を
 静かな自信と共に導き与えてくれることでしょう。 

『歴史』を学び、
 あなた自身の『こゝろ」と向き合い、
 あなたの明日の新たな『歴史』の1ページを
 刻んでみませんか?

社会人が『歴史』学ぶメリット

  • 『歴史』は過去のものではなく、
      先人たちの叡智、教訓として、
      私たちの明日への道導を
      示してくれるものです。

  • 民族のアイデンティティである
    『歴史』を知り、伝えていくことは、
    国際社会の現代に生きる私たちにとって
    有意義であり、大切なことです。
  • 『歴史』は過去という異文化で、
     その時代に生きた人々が想い描いた
     結果であり、私たちの魂奥深くに眠る
    『大和こゝろ』の 感性・価値観の
      気づかせを与えるものです。
  • 先人が歩んできた『歴史』を知ることは、
    私たちの視野を広げ、
    視点を変えてくれます。
  •   新たな『学び』が
      あなたの暮らしに彩りを与え、
      人生を豊かにしてくれます
  • 先人が歩んできた『歴史』を知ることは、
    私たちの視野を広げ、
    視点を変えてくれます。

【ご挨拶】
皆さま。こんにちは。
『大和倶楽部』主催者の佐野友紀と申します。

私は若い時に留学していた当時、
「日本人はどんな宗教観を持っているの?」
と聞かれ、驚いた覚えがあります。
私は正月は神社に初詣、キリストの降誕祭には
クリスマスを祝うといった、宗教を意識せずにいたので、咄嗟にその問いに答えれませんでした。 

でも、欧米や中近東等のキリスト教や
イスラム教の国では善悪の基準、道徳の価値観は
往々にしてバイブルや聖典がベースにあります。

私たちの多くは宗教を意識しなくても
道徳観があります。
私たちの『こゝろ』には、森羅万象の「八百万の神」を崇める神道を始め、生活に根付く仏教観や、日本固有の文化が生み出した「侘・寂」という独自の美意識や価値観、「南総里見八犬伝』『赤穂浪士』等に象徴される 『仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌』を美徳とする儒教や武士道などの価値観や道徳観が、長い『歴史』の中で培われ、心の奥深く、脈々と息づいています。 

国際社会の現代を生きる私たちにとって、
民族のアィデンティティである『歴史』を学生時代と違った観点で、一緒に紐解いてみませんか?
きっと、新たな自分に出会える気づきを得られることと思います。

【略歴】
ナポレオンヒルのマスターインストラクター。

『ALL LIFEコーチングチャンネル』のラジオパーソナティ。

米国大学経営学部(BA)卒業。
グローバルスタンダードのビジネスの国際感覚を養う。
大手企業に就職後、10代の頃から興味のあった心理学を
40代で学び、第2のキャリアのスタートを踏み出す。

グローバルに活躍している実業家から学んだ
『成功哲学』を心理学の基礎理論を織り交ぜ、体系的に
編み出した『ライフ・サクセス・メソッド』で自分らしい
幸せ&成功を手に入れる『コーチングセミナー』を開催。

近日公開イベント
『平家物語』セミナー
広大な黒田藩別荘 友泉亭の日本庭園を鑑賞しながら、夏の涼の中で『平家物語』の秘話を語ります!
7月24日(祝)開催!
  • 源平合戦 一大叙事詩
    『平家物語』の秘話
  • ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    日時:7月24日(祝) 13:30 〜 16:30
    場所:友泉亭 和室(福岡市城南区)            
    参加費:¥3,000 (税込)  
       ※ 抹茶の接待付きです♬   
       ※ 幽玄静寂な日本庭園を鑑賞しながら、          
         窓を開け解放した空間での講座です♬

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


     『祇園精舎の鐘の声    諸行無常の響きあり      
      沙羅双樹の花の色    盛者必衰の理を表す            
      驕れる者も久しからず  只春の夜の夢のごとし 
      猛き者もついには滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ』

    源義経を源氏大将として合戦し、
    平家が塵と消えた最後の地『壇ノ浦の合戦』。

    生きながらえた女官たちは女郎に身を窶し、
    壇ノ浦に入水し崩御された安徳天皇の命日に
    阿弥陀寺(現 赤間神宮)で冥福を祈ってきたと
    伝えられています。
    毎年、花魁道中を伴い、安徳天皇を偲ぶ
    『先帝祭』が赤間神宮で開催されます。

    『大和倶楽部』では、
     平家の栄枯盛衰を描く、悲しくも美しい
    『平家物語』の秘話を語ります!

    源平合戦の見せ場と共に、
    今まで語られることが少なかった、
    歴史の表舞台から消え、敗れ去った武者、
    平家数々の勇将たちのエピソードをお伝えし、
    『平家物語』に流れる『諸行無常』の響きを奏でます!

    セミナー構成:
    第1章:平家の『全盛期』
          ・武士の勃興:保元・平氏の乱
          ・平家の『全盛期』
    第2章:平家の『翳り』
    第3章:平家の『凋落』& 木曽義仲の悲運
        ・倶利伽羅峠の合戦
        ・平家の都落ち
        ・木曽義仲&女武者巴御前の悲運:
         宇治川の合戦
    第4章:平家の『滅亡』
        ・一の谷の合戦
        ・屋島の合戦
        ・壇ノ浦の合戦 
    第5章:EPILOGUE
        ・平家の落人伝説

              (写真出典:JRodekake-net)

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    支払方法: 
      ※ PayPal、クレジットカード、又は  
        コンビニ決済が選択できます。   
      ※ お客様都合による注文決済後の   
         キャンセルおよび返金はお受けしておりません。     
         予めご了承ください。
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆