徳扇美術展

お客様方に本当にいいものをお届けしたい。そんな思いの逸品の品々をご高覧下さい。日本人初のユネスコ作家/美術工芸染織作家 藤林徳也 徳扇芸術継承新作お披露目展
□とき 2月16日(土)~18日(月)am10:00~pm7:00
□ところ きものサロンやまき特設会場
□出品作品 振袖 黒留袖 色留袖 訪問着 小紋 紬 袋帯
 半幅帯 蒔絵

徳扇美術展

今回は更に皆様に楽しんでいただくために、
ご来場プレゼントをご用意させていただきました。
とてもお得な内容となっておりますので、奮ってご応募ください!

ご来場プレゼントA

帯締め房カバー10本セット プレゼント!
ご来場粗品プレゼント

ご来場プレゼントB

寒い日に嬉しいインナー足袋 プレゼント!
ご来場粗品プレゼント

ご来場おもてなし

阿闍梨餅
ご来場おもてなし 
帯締め房カバー又はインナー足袋プレゼント!
ご来場おもてなし 

ご来場おもてなし

阿闍梨餅
ご来場おもてなし 
※注意事項:恐れ入りますが、準備の為2月11日(月)までにご予約下さい。
※注意事項:お渡しは徳扇美術展期間中ご予約の方に1家族様一点に限ります。

藤林徳也新作展

伝統工芸作家

藤林徳也

伝統工芸作家、十二代藤林徳扇の二男として生まれる。
幼少より綴れを織り始め、1980年より父のもとで修行。
織、染、刺繍など伝統工芸の技法を習得する。
1983年よりデザイン研究の為渡米。
その後ヨーロッパへ渡り、伝統的デザインとアーティストコンセプトを研究。
帰国後、京都 徳扇工房にて作品を創作。
1977年、師・徳扇より『徳也』命名
徳扇美術工房政策総責任者として活躍。
伝統工芸作家

故 藤林徳扇

黄綬褒章受章 国際アカデミー賞受賞
海外国立美術館 徳扇蒔絵収蔵
国内県立美術館 徳扇蒔絵収蔵
苑寿織匠 明治維新の折には『錦の御旗』を創作した
宮中御用機匠の12代目。
初代は江戸時代、吉宗の頃、本阿弥光悦と絵筆を競い、
有職職人として活躍しました。
ユネスコ作品

日本人初のユネスコ作家

ユネスコパリ本部グリーティングカード採用作品

ユネスコ作品

日本人初のユネスコ作家

ユネスコパリ本部グリーティングカード採用作品

十二代徳扇美術の世界

世界十七か国、四十五か所の国立美術館に収蔵さている作品が証明するように最先端の新素材や新技術を取り入れて表現した徳扇の染・織・箔の歴史を戸集踏襲し未来へと歩み続けています。

TOKUSENRINPA

琳派の枠を超えたTOKUSENRINPA

美術史学者・東京大学名誉教授 河野元昭先生から励ましの言葉をいただきました。
日本の美術は、群青や緑章といった美しい鉱石の素材を使うが、十二代藤林徳扇も又宝石という美しい素材を用いている。
徳扇の制作活動にはやまと絵の影響が見られ、日本美術を礎にしており、琳派ともいえるが、琳派は「デザイン重視」であるのに対し、十二代藤林徳扇の作品は「写実」を基に独自に描いたオリジナリティーが色濃い作品であり、TOKUSENRINPA(徳扇琳派)というのがふさわしいのではないか。
伝統工芸作家・十二代藤林徳扇は、自分の創作したアートを、工芸という枠にとどめることなく、素晴らしい技術を開発してオリジナルティーある作品作りを生涯追及し続けたと思われる。
宝石という美しい素晴らしい素材を活かすべく、細やかな図柄ではなく、宇宙や天地を作者のイメージで抽象的な文様でシンプルに描くことで、歴史ある藤林徳扇の作品がさらに高まり、十三代・藤林徳也氏により次世代に繋がっていくことを期待する。

藤林徳也新作展協賛【着物京洗い3,000円(税別)】

「きもの京洗い3,000円(税別)」

通常価格振袖10,800円、訪問着9,720円等のきもの京洗いを期間中3,240円で承ります。
黒留袖(比翼仕立て)は5,400円。
しみ抜き、仕立て直しの見積もりは無料で承ります。

徳扇美術展

きものサロンやまき 0568-51-5298

徳扇美術展2月16日(土)~18日(月)