このようなことで悩んでいませんか?

  • なぜ子どもが不登校になったのかわからない…
    無理やりでも学校に行かせたほうがいいの?
  • 子どもが気持ちがわからない。話してくれない…
    頑張れば頑張るほど、子どもとの溝が深くなってしまう
  • どのように対応したらいいのかわからない。
    行き詰ってしまった
  • 子どもにカウンセリングを受けさせるべき?
    病院に連れて行くべき?
    誰に相談したらいいのかわからない…
  • 勉強が遅れるのではないかと心配
    自宅で勉強させなければと思うと焦る
  • 学校や担任にも理解してもらえていない気がする…
    進路のことを考えると不安
  • 子どもの生活リズムが崩れはじめている
  • 私の育て方が悪かったのか…?
    世間や周りの目が気になるし、責められているような気がする
  • 子どもが気持ちがわからない。話してくれない…
    頑張れば頑張るほど、子どもとの溝が深くなってしまう

子どもへのカウンセリング
必ずしも必要ではない!

あなたの対応が子どもの心を閉ざす
お子さんが急に学校に行かなくなると心配ですよね。
「子どものために」とお子さんにカウンセリングを勧める方も多くいらっしゃいます。
ですがその前に考えて頂きたいことがあります。

お子さんは今、カウンセリングに行ける状況ですか?
自分自身のことを話せる状況ですか?
外出できますか?

お子さんの気持ちが落ち着かない状態で無理やり家から引っ張り出し、カウンセリングを受けさせるのはお勧めできません。
そのような対応が、お子さんの心をさらに閉ざす原因になりかねないからです。

増えている不登校
『過去最多』

現在、子どもの不登校は増えています。
各クラスに1人、不登校の生徒がいてもおかしくないと言っても過言ではありません。

平成28年度、文部科学省の「問題行動・不登校調査」によると
全国の小中学生の不登校の子どもの割合は、13万3683人。
4年連続で増加(前年比6.1%増)しています。

ご両親は「将来」を不安に感じてらっしゃると思います。
ですが、悲観しなくても大丈夫です。
平成18年度「不登校に関する実態調査」によれば、不登校を経験した子どものうち約8割がきちんと就学・就労をしているというデータも出ています。

決して楽観視はできない!
不登校と引きこもりの関連

不登校を経験した子どものうち8割は、就学・就業しているというデータを聞くと安心する方も多いと思います。ですが、決して楽観視できない問題もあります。
それは「引きこもり」です。

2016年「引きこもりの実態に関する調査報告書」によると
15~39歳までの引きこもりの人数は54万1千人。引きこもりになったキッカケとして不登校もあがっているのです。

大切なのは
子どもの自立を促す関わり方


ご存知ですか?
子どもが親に求めていること

お子さん自身も、自分の事を考えています。心に抱えている思いや葛藤は個々に違いますが、このままずっと不登校や引きこもりを続けていいとは思っていません。

あなたがお子さんに伝えている「正論」も理解していますし、あなたが心配している事も理解しています。

お子さんが求めていることは「指導」ではありません。
「共感」と「受容」です。

子どものために「今」できること

お子さんのために何ができるのか、行き詰っている方も多いと思います。

私がおススメしていることは2つ
1,あなた自身がカウンセリングを受けること
2,お子さんへの正しい対応方法を学ぶこと

あなた自身が不安を抱えていると、その不安をお子さんにぶつけてしまう可能性があります。また、間違った対応がお子さんの状態をさらに悪化させてしまう可能性もあるのです。

まずは、あなた自身のケアから始めましょう。

カウンセリングを受けると
このような効果が期待できます

あなたの心が安定します
子どもは親のことをよく見てます。
あなたの気持ちが不安定だと、お子さんの気持ちも安定しないだけでなく、その不安をお子さんにぶつけてしまう可能性も高くなります。

あなた自身の心のケアをすることで、お子さんと冷静にしっかり向き合えるようになります。
お子さんとの関わり方
のコツがわかる
多くの方が間違えてしまうNG対応があります。

NG対応を続けていると、心はどんどん閉ざされてしまいます。
信頼関係を取り戻し、子どもの成長をサポートするコミュニケーションの取り方についてアドバイスさせて頂きます。

お子さんの状況別
対応方法が理解できる
不登校になったばかりのお子さんと長期化しているお子さんでは対応方法が異なります。

不登校・引きこもりに関する知識が豊富なカウンセラーが、お子さんの状況にあった対応方法をアドバイスさせて頂きます。
お子さんの状況別
対応方法が理解できる
不登校になったばかりのお子さんと長期化しているお子さんでは対応方法が異なります。

不登校・引きこもりに関する知識が豊富なカウンセラーが、お子さんの状況にあった対応方法をアドバイスさせて頂きます。

不登校だった娘・息子が〇〇で克服
学校に通えるようになった方法とは?

LINE@開設記念
プレゼント企画を実施中です。

お子さんの不登校で悩んでいる方のために
無料プレゼントを準備させて頂きました。

LINE@に登録して下さった方限定で、
「不登校だった娘・息子が〇〇で克服!
学校に通えるようになったある方法とは?」
をプレゼントさせて頂きます。

カウンセリング詳細のご案内

初回90分 \ 20,000
(お子さんやご家族の状況をしっかりヒアリングさせて頂きます)
2回目以降
60分 \ 15,000
90分 \ 20,000
120分 \ 25,000

カウンセラープロフィール

山口 恭子

ライフ構築アドバイザー
千葉県柏市出身。19歳で結婚。娘2人、息子1人を授かり充実した毎日を送っていたが、思春期に入った長女が突然不登校になる。追い打ちをかけるように、長男と次女も不登校に。

子どもと向き合う中で、不登校解消のカギは親の対応だと気がつき行動を変えたことで、子どもの言動も徐々に変化。現在はそれぞれ大学、高校に通学している。

自身の経験とカウンセリング技術・コーチングスキルを活かし、不登校や引きこもりのお子さんを抱え悩んでいる方へのサポートに力を入れている。

親の会も運営しています


気軽に相談・情報交換できる場所が欲しい

不登校や引きこもりに関する正しい知識や情報を学ぶ場として勉強会を不定期に開催しています。
また、ご要望に沿ったテーマでも勉強会を実施しています。

親の会は、不安を1人で抱え込まないようにする場所です。
他の参加者の方と気軽に交流して頂き、情報交換・仲間作りの場として活用して頂けたらと考えております。

「親の会専用」LINE@グループ
勉強会のご案内、不登校や引きこもりに関する最新情報、ご自身でできる簡単な心のケア方法など発信しています。
メンバーさんからの質問も受付け中です。

入会は無料です!ご希望の方はこちらからLINE@友達申請をお願い致します。

お問合せ

カウンセリングをご希望される方・親の会への入会希望など、お気軽にご相談ください。
3営業日以内に返信させて頂きます。(お急ぎの方は、LINE@からお問合せ下さい)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信