「体重を減らして!」
「太ももの筋肉を鍛えて!」


病院でこんなことを言われている
痛みでお悩みの方へ

減量筋トレ
はしなくても大丈夫です

ちょっとした勘違いがあることを
あなたはご存知ですか?

多くの方が抱えてる膝関節の痛み
その痛みを解決します

こんなお悩みを
抱えていませんか?

  • ヒアルロン酸注射を毎月一回打っているけど、全く治らない
  • 医者から体重を減らせと言われた
  • 太ももの筋肉を鍛えても、膝の痛みは全く良くならない
  • 運動不足と言われたので、痛みを我慢して歩いている
  • 階段を降りる時が一番辛い
  • いつか歩けなくなるかもしれないという不安がとても大きい
  • 医者から体重を減らせと言われた

先生のアドバイス通りにしているけど、良くならないのはなぜ?

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
整形外科の先生やリハビリの先生から、こんなアドバイスを受けたことはありませんか?

『体重を減らしてください』『適度に散歩して歩きてください』『お尻や太もものストレッチをしてください』『太もも前の筋肉を鍛えてください』そして最後に『これ以上痛みが強くなってきたら手術しかありません』・・・でも、こう思ったことはありませんか?

『わかっているけど体重が減らない』『ストレッチをやりたくても、体が硬くてうまくいかない』『ストレッチをしてもなかなか柔らかくならない』『歩けと言われたけど、痛くて歩けない』結局、膝の痛みがなかなかよくなりません。

実はこれには理由があります。膝の痛みだけを治すことに一生懸命になってしまい、からだ全体を診ていないので、歩く時に上手くつなげて動かせなかったり、他の硬い部分があるので、ストレッチが上手くできなかったり、言われたところだけ頑張る感じになってしまって、他のバランスが崩れてしまっていることが多いからです。

例えば『ストレッチしてください』や『鍛えてください』をアドバイスされたとしても、それはその部分だけの問題ではなく、骨盤や股関節を柔らかく使えるようになるためには、体幹から足のつながりを使う必要があります。同じように歩く時は手を振って歩くわけですから、歩く時は足と同じくらい体幹から手のつながりを使う必要があります。

つまり、脚を柔らかく使うときには、手と脚の両方を使えるようになることが大事なポイントです。

このように、先生にアドバイスされた部分と、ご自身のからだの使い方の間には、お互いに共通で言語化されていない小さな溝があります。その溝を埋めるために、私が少しだけお手伝いさせていただきます。
『先生のアドバイス通りにしているのに良くならない』という迷子状態
今の歩き方や癖をしっかり見極め、自分でセルフケアもする!
自然と痛みがなくなり、歩けなくなるかもしれない不安から開放!
今の歩き方や癖をしっかり見極め、自分でセルフケアもする!

こんな症状の方が
来院されています

右膝の荷重時痛と伸展制限

症状
3年前に整形外科で変形性膝関節症と診断。今年に入り右膝の痛みが増し、整形外科にて注射やリハビリでやり過ごしていたが症状の変化なし。

当院での治療
初回評価では、内側膝蓋支帯付近、膝蓋腱外側~脂肪体にかけて腫脹と熱感があり、圧痛部位は内側・外側膝蓋支帯でした。荷重、非荷重位とも屈曲・伸展強制で痛みがあり、階段下りで特に強い痛みを認めました。

股関節の可動域改善、大腿二頭筋・縫工筋の筋癒着・滑走不全に対する施術、縫工筋停止部の筋癒着に対する施術、大腿筋膜張筋の筋硬結に対する施術を行いました。

右膝裏の痛み・正座ができない

症状
5年前に整形外科で変形性膝関節症と診断。半年前から右膝裏の痛みが増し、整形外科にてリハビリを行っていたが症状の変化なし。

当院での治療
初回評価では、膝裏大腿二頭筋・腓腹筋外側の付着部付近に圧痛、膝屈曲時に痛みもあり、膝の変形によるO脚のため下肢全体が外側荷重となっていました。

また、下肢外旋が強いため股関節の可動域改善、屈曲時における内旋運動が改善のため膝窩筋、腓腹筋内側頭の筋癒着・滑走不全に対する施術、大腿筋膜張筋の筋硬結に対する施術を行いました。

ウォーキング中の左膝痛

症状
半年前からウォーキング中に左膝痛を発症。主に膝裏が痛く、自宅でストレッチを行っていたが仕事に影響が出始めたため来院。

当院での治療
初回評価では、膝裏大腿二頭筋・腓腹筋内側の付着部付近に圧痛があり、膝屈曲時に痛みもありました。荷重、非荷重位とも屈曲ストレステストで痛みがあり、階段下りで特に強い痛みを認めました。

股関節の可動域改善、及び下腿外旋が強く、屈曲時における内旋運動が低下していました。膝窩筋、腓腹筋内側頭の筋癒着・滑走不全に対する施術、膝蓋骨の可動域拡大、大腿筋膜張筋の筋硬結に対する施術を行いました。

右膝裏の痛み・正座ができない

症状
5年前に整形外科で変形性膝関節症と診断。半年前から右膝裏の痛みが増し、整形外科にてリハビリを行っていたが症状の変化なし。

当院での治療
初回評価では、膝裏大腿二頭筋・腓腹筋外側の付着部付近に圧痛、膝屈曲時に痛みもあり、膝の変形によるO脚のため下肢全体が外側荷重となっていました。

また、下肢外旋が強いため股関節の可動域改善、屈曲時における内旋運動が改善のため膝窩筋、腓腹筋内側頭の筋癒着・滑走不全に対する施術、大腿筋膜張筋の筋硬結に対する施術を行いました。

初めての方は
お試し整体をご利用頂けます

初回通常料金 8,250円
【初診料1,650円+施術料6,600円】
▶ 3,850
55%OFFのお試し期間
2021年10月1日〜10月31日

膝関節の痛みの
本当の理由をご存知ですか?

それは体型や姿勢の変化により
歩き方が悪くなっているからです

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

まず、よく言われるのが「体重を減らして膝の負担を減らしましょう」

たかだか10kgや20kg体重が増えただけで、関節を痛めるほど、人間の体は弱くはありません。だってよく考えてみてください。子供から大人になるにつれて、何キロ体重が増えていますか?むしろ何倍になっていますか?

「でも子供の頃に成長痛で膝が痛かった」と言われる方もいますが、これは骨の成長と筋肉の成長のバランスが合わないことで痛めているだけですから、体重の増加とは全く関係ありません。とはいえ、膝を痛めている方が太っているなら、痩せることについて私は賛成ですが、ただその理由はちょっと意味が違います。

『体重の増加=体型の変化』太ることによって体型が変化します。特に中高年に多い内臓脂肪型肥満は、下腹部に脂肪がつきやすく、結果お腹周りにお肉がついてしまうと、それに伴い股関節の関節可動域が狭くなってしまいます。つまり、太ることによって股関節の動きが狭くなり、歩き方が悪くなってしまいます。

『痩せる=股関節の可動域を戻す』体が重いからどうこうではなく、股関節の可動域を拡大し偏った歩き方を改善するために、減量をして体型を元に戻すことは大切です。

筋肉は鍛えるのではなく
リラックスしていることが大切

筋肉は緩んでいる時が
一番力を発揮しやすくなります

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

筋肉に対する考え方としてよく言われるのが

✔︎ 柔軟性があるかないか
✔︎ 筋肉量が多いか少ないか
✔︎ 筋力があるかないか

などが一般的ですが、痛みに対する考え方で大切なのは「筋肉が硬いか緩んでいるか」になります。
「硬い」を分かりやすい言葉で例えるなら「凝り」といったところでしょうか。

例えば首周りの筋肉が硬い状態で、首や頭を動かした時に、首から肩にかけて痛みを誘発してしまうのが「肩凝り」です。じゃあ硬い筋肉が膝周辺、もしくは太ももやふくらはぎにあったとしたら、足のどこかしらが痛くなっても不思議ではないですよね。

例えば肩凝りを解消する場合「肩を鍛えましょう」なんて言うことはありません。「肩を動かしましょう」くらいが普通です。

ではなぜ膝が痛い場合は「鍛えましょう」になるのでしょうか?膝の周りの筋肉が硬くなっているとしたら「膝を動かしましょう」が正解だと思いませんか?つまり膝の痛みはどんな方法でも構いませんので「筋肉を緩ませてあげる」実はただこれだけで十分なんです。

大切なのは体重を減らすとか筋トレではなく
股関節の可動域の改善
膝周辺の筋肉を緩ませること

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院

膝の痛みを改善するために大切なことを簡単にまとめますと

①股関節の可動域を元に戻す(お尻)
②膝周辺の筋肉を緩める(お皿の周り)

まずはこの2つに尽きます。せっかくここまでお読み頂いたわけですから、騙されたと思って、股関節周辺のストレッチと膝周りの筋肉のマッサージを続けてみてください。

いつになるかわからない減量や、痛みを我慢して頑張る筋トレよりも、よっぽど楽に続けられます。ただ一点だけ最後に私からお伝えさせて頂きます。

✔︎ なぜ股関節の可動域が狭くなったのか?
✔︎ なぜ筋肉が硬くなってしまったのか?
✔︎ どの筋肉が一番の原因なのか?


根本改善には、どうしてもこ3つの理由を見つけることが必要です。もちろん、根本改善に至らなくても、ストレッチとマッサージだけで良くなった!なんて方は、そのままご自身で継続して頂ければ十分です。

前よりは良くなったけど、しっかり治したいと思われる方は私のところにお越しください。「なぜ?」「どの?」を探すお手伝いをさせて頂きます。

辛い膝関節の痛みでお悩みの方へ

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
◉足腰専門 からだ整骨院 院長
服部 容久(はっとり よしひさ)
急性症状から慢性症状へ体の不調は、血液の流れが悪くなり起こるという考え方は、今や現代医学でも常識になりつつあります。

あなたは今ある痛みを異常だなんて思っていませんか?痛みがあるとどうしても「辛いな~」「仕事休みたいな~」「寝てたいな~」「この痛み誰かに分かって欲しいな~」と悲観的になってしまうもの。

その気持ちは良くわかります。そもそも私も20代後半までは、しぶとい腰痛に悩み、腰痛と向き合っていました。私の場合、腰痛は痛みが軽い時もあれば痛みが強い時もありました。それはまさに「ツンデレ状態」です。

「ツン」とされると痛みが強くなり、早く痛みが軽くならないかなと願っていました。あくまで、比喩的な例え話ですが、、、(笑)

そもそもこの痛みは、正常な人間のサインなのです。「そんな話は聞きたくない!」と耳栓されそうですが聞いてください。

痛みはあなたの体を守るための大切な防御反応です。例えば、あなたが料理をしてる時、火傷を右手にしたとします。あなたは痛みがあるので、右手を使わなくなります。これが病気や怪我をした箇所を意識して安静にするサインとなるのです。

この痛みは急性疼痛と呼ばれ、原因が明確なものになりますし、時間の経過とともに痛みは和らぎます。

「捻挫」「むち打ち」なども原因が明確であればこの種類になります。しかし、急性疼痛を治療せずに放置したり、適切な対処をしなければ、慢性疼痛に変化するのです。

また「悪い姿勢(猫背、そり腰など)」「長時間の同じ姿勢」「長時間の繰り返し動作」などが積み重なると、ある特定の筋肉や関節に負担がかかり、疲労が溜まることで慢性症状を起こします。

つまり、急性症状は痛みの原因が明確なもので、慢性症状は痛みの原因が分かりづらいということになります。では整形外科に行って、体を詳しく調べ原因が分かれば痛みが解決するのでは、と思いますよね。

確かに、あなたがそう思うのは間違いではありません。しかし、整形外科では2時間以上待たされレントゲンを撮り、5分程度の診察をして「薬・電気治療・牽引」などの対症療法で終わるのが関の山です。

整形外科の診察があなたにとって良い悪いではなく、原因を追求していないので根本的な改善になりませんよね。私はあなたのお体を十分に検査をして、痛みの原因を見つけることを最も大切にしています。

主な取得資格
  • 柔道整復師
  • 全米ストレングス&コンディショニング協会
    認定パーソナルトレーナー
  • 日本疼痛リハビリテーション協会
    認定セラピスト
  • 日本コアコンディショニング協会
    認定ベーシックセブンインストラクター
  • メディカルフィットネス協会
    認定健康ケア/ウォーキングトレーナー
  • 介護職員初任者研修終了
  • 視覚障害者移動介護従業者
  • 全身性障害者移動介護従業者
  • 全米ストレングス&コンディショニング協会
    認定パーソナルトレーナー
柔道整復師
NSCA-CPT
NSCA-CPT

一人でも多くの患者様を改善させるために
セミナー講師として
専門的な治療技術を伝えています

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
院長である私は、疼痛治療で悩まれている理学療法士や柔道整復師などの医療従事者を対象に、セミナー講師をすることで、より専門性の高い治療技術を伝えています。当院における治療技術や検査は、そのような高いスキルに基づいたものであり、薬の服用や物理療法に頼る治療とは根本から異なります。

一人で運動するのが苦手な人でも大丈夫!
院内で体操教室を開催しています

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
どなたでもご参加いただける体操教室を、院内で毎週土曜日に開催しています。特別な道具やスペースは何も必要ありません。椅子がひとつあればできる簡単な体操をお伝えしています。どなたでも『気がついたら良くなっていた!』を実感できる教室です。

※院内での体操教室は、新型コロナウイルス感染拡大予防対策を実施した上で開催しています

痛みを取るその先へ
施術方針の根幹「治療+運動」

治療(PMFバランス整体)

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
『Pelvis(骨盤)・Muscle(筋肉)・Fascia(筋膜)を整える』これが当院独自の施術です。「根本治療」にこだわる私は、本当の原因を見つけることに全力を注ぎますので、初診時は特に検査にお時間を必要としますが、原因を特定せず治療を進めていくほど無意味なことはありません。膝の痛みの原因を特定することが症状改善の第一歩になります。

運動(セルフケア&トレーニング)

変形性膝関節症 膝の痛み 専門治療 からだ整骨院・整体院
治療を進めていく中で症状の改善と並行し、少しずつ運動体操を取り入れ身体機能を取り戻していきます。痛みを取るだけが治療ではありません。身体は動け使えてこそなんぼです。可動域の拡大、柔軟性と身体機能の向上、筋肉を増やして脂肪を減らすなど、患者様のお身体に合わせた『からだ作り』をご提案いたします。

施術後、あなたはこのような
変化を手にすることができます

  • 立ち仕事でも膝の違和感がなくなり仕事に集中できる
  • 階段も手すりに頼ることなくスムーズに昇り降りができる
  • 友人と一緒にどこへでも楽しく食事に行ける
  • 趣味の旅行も気にせず楽しく行くことができる
  • 『いつか歩けなくなるかもしれない』といった不安から解放される
  • 膝の痛みに自分の体重は関係ないと実感できる
  • この先の人生、薬や湿布、注射に頼らない生活を送ることができる
  • 膝の痛みに自分の体重は関係ないと実感できる

初めての方は
お試し整体をご利用頂けます

初回通常料金 8,250円
【初診料1,650円+施術料6,600円】
▶ 3,850
55%OFFのお試し期間
2021年10月1日〜10月31日

無料相談も承っています

初回に限り55%割引!
なぜ初回3,850(税込)なのか?

それはあなたに、もう二度と効果を実感できない治療や施術に、大切なお金と時間を費やしてほしくはないからです。まずは当院の施術を受けて頂き、その結果をあなた自身が実感してください。

Q & A

よくあるご質問
  • Q
    痛くないですか?
    A
    ゴリゴリしたり関節をボキボキすることもない、痛みのほとんどない施術ですので安心して受けて頂けます。
  • Q
    どんな服装で行けばいいですか?
    A
    動きやすい服装でお越しください。お着替えをお持ち頂いても大丈夫です。
  • Q
    通院の頻度はどれくらいですか?
    A
    ほとんどの方が月1〜2回の頻度で通っています。メンテナンス目的の方は、2ヶ月に1回の頻度で通われています。
  • Q
    どんな服装で行けばいいですか?
    A
    動きやすい服装でお越しください。お着替えをお持ち頂いても大丈夫です。

ACCESS

アクセス
足腰専門 からだ整骨院
〒466-0023 愛知県名古屋市石仏町2-6
TEL 052-852-5017
〈営業時間〉9:00~12:00 15:00~20:00
〈定休日〉水曜日午後・日曜・祝日
〈当院HP〉からだ整骨院HPはこちら
〈アクセス〉地下鉄鶴舞線御器所駅から徒歩5分

お試し整体申し込み
〈予約・お問い合わせ〉

以下、申し込みフォームから必要事項をご記入頂きお申し込みください。1営業日以内に、当院よりメールもしくはお電話にてご返信させて頂きます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

Facebook
Instagram
LINE
LINE
名古屋市の各区から通われる方が多いです
千種区/東区/北区/西区/中村区/中区/昭和区/瑞穂区/熱田区/中川区/港区/南区/守山区/緑区/名東区/天白区
お気軽にお問い合わせください。スマホならココをタップして発信