「どうしてかみの接骨院なのか?」

痛み・悩み、不安を解決したいから?

他の治療院へ行っても、解決しないから?

 

もし、その痛みや不安が解決出来たら、
何を一番にしたいですか?

それが、あなたの『ゴール』となります。
覚えておいてください。

ようこそ、かみの接骨院へ

まず最初に、私の想いを聞いてください。
当院でのリハビリを「山登り」に例えてみます・・
あなたは、今から初めて富士山に登ろうとしています。
「あなたは、何を目的として富士山に登りますか?」
「ご来光を見たいから」
「日本一高い場所へ行ってみたいから」など
目的は様々かもしれません。
「ただ単純に山へ登りたいから」という方は、
少ないのではないでしょうか?きっと誰もが何かしら
具体的なゴールを決め、それに合わせた計画を立てて、登り始めると思います。
昔私がやっていた「弾丸登山」は止めましょう。
例えば、ご来光を山頂から見たい場合、
初日の何時に何合目の山小屋に着いて、一泊して翌日の○○時に山小屋を出発するなどの計画を立てます。
ここで無理な計画を立ててしまうと、高山病になったり、下山途中で日が暮れたら遭難してしまいますよね。

「山登り」と「リハビリ」の共通点とは?

実は「山登り」「リハビリ」の共通ポイントがあります。
①具体的なゴールを設定する 
 山頂からご来光を見る◎ 山へ登りたい✕
②きちんと計画(時間管理)を立てる。
 ○日の△時に下山予定◎ 適当に登ろう✕
③ゴールまでに通過点を用意する。
 △合目の山小屋◎    行けるとこまで行こう✕
山登りの時には「なるほど」と理解できるような話でも、
リハビリとなると、このポイントを気にしない方が本当に多いです。
その何も気にしていない方々は、リハビリの効果がやはり低いです。
それはそうです、全くの無計画で富士山へ登るのと同じですから!

もしこんな話を聴いたら、どうしますか?

「実は、山頂までロケットで一気に登ることが出来るんです。」
さぁ~あなたは、このロケットに乗りますか?
このロケットは、リハビリの中では「注射・薬」になります。
もちろん、苦労もなく、簡単に頂上に辿り着けるのは魅力ですが・・・そこにはあなたが気付かない、落とし穴が1つあるんです。それは、自分の脚で登ったわけではないので、もう一度富士山に登りたいと思った時に、ロケット無しでは1人で登れないのです。
リハビリで言うと、痛みや不安が根本的に何も解決されていないので、再発予防ができません。
万が一、痛みや症状が再発した時、あなたはまたロケットに頼る
以外ありません。

あなたは、何歳までそのロケット依存を続けられますか?

自分の脚でゴールまで登った、ご褒美は・・

ガイド役の私がゴールまで安全で、最短な道を探しながら進み、
山小屋の手配や時間管理も一緒にし、必ず二人三脚で登ります。
あなたがゴールに着くころには、想像以上の経験と知識が身に
しみているはずです。それだけではありません・・
「自分の脚で日本一の山を制覇した!」
という大きな自信も手に入れたあなたは、もう一度登りたい時に、
いつでも自分の経験と知識で、必ず登り切れることでしょう。

これをリハビリで例えるなら、あなたの最善最良の状態=ゴールまで必ず私が付き添います。もちろんゴールまでの通過点や時間管理も
相談して、二人でペースを確認しあいながら決めましょう。
リハビリの中で、自分の弱点を確認(知識)したあなたは、その弱点を克服することで、無駄な治療時間・無駄な治療費すら省くことが
できます。しかも、弱点を集中的に改善することで、
あなたは身体の変化を、いち早く実感することができます。


そうしたら、もうゴールは間近です。私がリハビリで
一番大切にしている事は、あなたの気持ちなんです。
身体の変化を感じられたあなたの気持ちは、前向き
なっています。痛みや不安に束縛されていた、過去の
あなたとは違います。
この辺は、おいおい説明させて頂きますね。

もうすぐゴール間近の通過点に着くころには、私からのたくさんの宿題が出ているはずです。今後はその宿題を知識や経験として利用すれば、今後も必ずあなたの役に立ち、再発も予防できます。

ホームページ作成が誰でも早くカンタンに!

保険が利用出来る? 利用出来ない?

但し、接骨院の治療では何点か注意がありますので、説明させて下さい。
まず、保険を利用して治療が出来る事はご存知だと思いますが、実は条件があります。保険を使えるのは、骨折・捻挫・脱臼・打撲・挫傷のみとなり、何でも保険が使えるわけではありません。
肩こり・慢性腰痛・変形性膝関節症・坐骨神経痛等は、
保険が使えませんので、自費となります。

かみの接骨院 の特徴

心理学

カウンセラーの資格をもつ私が、
市内でも唯一の「認知行動療法」で、あなたのやる気を引き出します。

運動=レッドコード

介護施設でも利用されたり、オリンピック選手も利用するトレーニング機器。体幹を中心に転倒予防や姿勢改善にも利用できます。

温め=ラジオ波

プロサッカー選手も愛用、身体を深部から温めることで疲労回復・冷え性改善・妊活にも利用される温熱機器。
最後の質問です
「あなたは、本気で富士山のゴールを目指そうとしていますか?」

 もしも、あなたが・・
 努力もせず楽をして、ロケットでゴールを目指したいと思っている。
 別にゴールなんてどうでもいい、富士山の雰囲気を見たかっただけ。
 その様な気持ちなら、残念ながら私はあなたのお役には立てません。
 
 もしも、あなたが・・・
 ロケット(注射・薬)も嫌いだし、将来も再発の不安が残るのは嫌だ・・
 ガイドもなく、遭難する不安を抱えながら、1人で目指すのも嫌だ・・
 どうせゴールを目指すなら、専門家と一緒に二人三脚で、
 知識や経験を増やしながらゴールを目指したい。
 そして、将来の不安も払拭したい!

 そう思ってくれるなら、
 私とあなたは、必ずゴールに辿り着くことが出来る事でしょう。