「 球磨焼酎 」 



球磨焼酎はお米を使って作られる。



身分の上下関係なく広く飲まれ、愛されてきた球磨焼酎。
人吉球磨が豊かな米どころだからこそ球磨焼酎が作られました。
今でも作られ、多くの人に愛され飲み続けられている球磨焼酎に
ついて触れていきましょう。


約500年の歴史と伝統


  球磨焼酎造りが始まったのは16世紀後半の室町時代。
今でも昔と同じ造り方で焼酎が造られています。

 1995年には球磨焼酎が人吉球磨の水、米でしか造り出せないことが認められ、世界貿易機関(WTO)のトリプス協定によって保護指定の対象になりました!

人吉球磨が生んだ球磨焼酎の魅力


 人吉球磨には28の蔵元があり、今では全国を代表する米焼酎としても人気があります。

 ここ人吉球磨では良質な水とお米に恵まれています。
焼酎を作る際に使われている水は、人吉球磨を流れる球磨川を使って、米焼酎造りをおこなっています。また、球磨郡内の地下水も使われています。

いつまでも変わらず愛される焼酎

香りと味わいの調和のとれた焼酎萬緑

 球磨郡のあさぎり町に店を構える「松本酒造場」で造られる萬緑。創業は明治41年(1908~)。昔からの
低温発酵を取り入れており、香りと味わいに華やかさと爽やかさをうみだしています。白麹で造られており、蒸留は減圧しておいしさを良くします。すっきりとした切れをもっているので、ロックで割ったり、お湯と一緒に混ぜて飲んだり色々な飲み方ができます。また、「裏伝 萬緑」は萬緑より柔らかい米焼酎になっているのでとても飲みやすいです。


ガラとチョク 

人吉球磨には「ガラ」と「チョク」という伝統的な酒器があります。
ガラは左の絵のようなポッテリとした形状で細長い注ぎ口が付いた徳利のことです。
そのガラとセットになった小さな杯(猪口)がチョクです。

昔から形(デザイン)は変わってなく、今でも飲むときに使われる酒器です。
チョクは小さくて一口サイズの酒器なので、多くの人と様々な種類の
球磨焼酎を酌み交わすことができます。

最後に

人吉球磨には焼酎の他にも魅力あふれるスポットや食べ物が沢山あります!
そういうスポットなどにも行ってみて、もっと人吉球磨について触れてみてほしいです。
500年前から愛され続ける人吉球磨の球磨川・地下水と米100%で造られる
球磨焼酎をぜひ飲んでみて下さい!
読んでいただきありがとうございました!