千葉の脳梗塞リハビリ選びのポイント

脳梗塞リハビリを病院で受ける場合、180日までしか保険が適用されません。そのため、身体の自由を取り戻すためのリハビリを続けるなら、自費で受ける必要があります。千葉にも脳梗塞リハビリが受けられる施設はいくつもありますが、ここでは施設を選ぶときのポイントについてまとめてみました。

マンツーマンで対応

自費リハビリが受けられる施設だと、基本的にマンツーマンでの対応となります。病院だと、一人の理学療法士が複数の患者を担当するため、どうしても指導を受けられる時間も少なくなります。時間が限られているため聞きたいことも聞けない、といったことも珍しくありません。

基本的にマンツーマンでの対応を行うところがほとんどですが、中にはそうでない施設があるかもしれません。そのため、脳梗塞リハビリの施設を選ぶときには、マンツーマンで対応してくれるところを選びましょう。

マンツーマンで指導してくれる施設だと、一人一人の患者に寄り添った対応が可能です。患者が抱える不安を解消し、丁寧な指導も期待できるでしょう。また、リハビリは正しく行うことで効果を得られます。間違った方法で行うと状態を悪化させる恐れもありますが、マンツーマンだとそのようなリスクも軽減できます。

これからのリハビリの方針や、日常生活におけるアドバイスなどをしてもらえる可能性も高いです。リハビリの効果もより高まるかもしれません。

適正な費用

自費による脳梗塞リハビリだと、担当の理学療法士がついてしっかりとリハビリの指導をしてくれます。不安や疑問も解消しやすいというメリットもありますが、ネックとなるのは費用です。基本的に自費リハビリは費用が高くなる傾向なので、リハビリ施設を選ぶときにも注意しなくてはなりません。

脳梗塞リハビリの費用は施設によって異なります。大幅に異なりはしませんが、数万円程度の差が生じることは珍しくありません。事前に施設の公式ホームページなどで費用を確認しましょう。また、気になる施設をいくつかピックアップし、必要な費用を比較するのも大切なことです。

費用を比較するときには、金額だけでなく期間やリハビリの時間、内容なども併せて比較しましょう。費用が安くても、リハビリの時間や期間が短いと結果的に損をしてしまう可能性があります。基本となるプランだけでなく、それ以外にかかる費用についても確認してください。

基本プラン以外の費用が公式ホームページに記載されていないこともあるため、実際に問い合わせて質問するのもよいでしょう。

アクセスのよさ

脳梗塞リハビリは一定の期間施設に通う必要があります。週に数回通うケースも出てくるため、アクセスのしやすさは施設選びにおいて重要なポイントといえるでしょう。自宅から遠い、最寄り駅やバス停から時間がかかるといった施設だと不便です。

脳梗塞リハビリは本人のモチベーションも大切です。高いモチベーションを保ちながら施設に通う必要がありますが、通院が大変となると気持ちを維持できません。次第にモチベーションが下がり、行きたくなくなる可能性もあります。このようなことにならないためにも、アクセスのしやすい施設を選ぶことが鉄則です。

また、最寄り駅やバス停からの道のりにも注意が必要です。駅から徒歩5分の施設でも、途中に長い上り坂があるといったケースも考えられます。これだと、リハビリの前に疲れてしまうでしょう。駅やバス停からの時間、距離だけでなく、途中の道のりも事前のチェックが必要です。

その他のサービス内容

独自のサービスを提供している脳梗塞リハビリ施設もあります。基本プランの内容やオプションだけでなく、そうしたサービスも施設選びを行う上でチェックしてみましょう。

例えば、出張リハビリを実施している施設もあります。施設に足を運べない、自宅から動けないといった方だと、出張リハビリのサービスは重宝できるでしょう。なかなかリハビリの時間がとれない方、忙しい方にもありがたいサービスです。千葉にも出張リハビリに対応している施設はあるため、気になる方は検討してみましょう。

最寄り駅までの送迎を行っている施設もあります。最寄り駅から距離がある施設だと、通院も大変です。駅まで送迎してくれるのなら、距離が遠くてもスムーズにアクセスできるでしょう。リハビリが終わったあとも駅まで送ってくれるため便利なサービスです。

千葉で脳梗塞リハビリができる施設を探しているのなら、こちらのサイトが役立ちます。必要な費用や内容で比較しているため、目的にマッチしたリハビリ施設も見つけやすくなっています。参考にしてみましょう。

まとめ

脳梗塞リハビリが受けられる施設を選ぶときは、費用や内容だけでなく、総合的にチェックしながら選ばなくてはなりません。理学療法士との相性もあるため、一度相談してから決めるのもよいでしょう。自分にマッチした脳梗塞リハビリの施設を見つけることが、体の自由を取り戻すための近道でもあります。