知らないと損する生命保険
味方につけて賢く資産形成

~彼を知り己を知れば百戦して殆うからず~

生命保険は人生に2番目に大きな買い物

人生において使用するお金のうち、1番大きな買い物はマイホームで、生命保険はそれに次ぐ2番目に大きな買い物と言われています。
一世帯当たりの年間保険料は約41万円という調査があり、40年間払うと仮定すると1600万円を超える金額を払っていることになります。
人生の支出の中で大きな割合を占めるにも関わらず、
生命保険について理解が不足していると、知らず知らずのうちに損している可能性があります。

保険を賢く選択する

日本人の8割以上の世帯が生命保険に加入していると言われています。しかし実際に保険に加入している方でも、
・営業マンに勧められるままに加入した
・生命保険に加入すれば安心な気がする
など、「なんとなく」で加入していませんか?

生命保険について正しい理解がなければ、
・不必要な保険料を支払っていた。。。
・安心と思っていたが、保証内容が不十分だった。。。
といったことがあり得るかもしれません。

彼を知り己を知れば百戦して殆うからず

この言葉は中国の兵法書「孫子」の一説です。
一般的には、「相手の事、自分の事を知れば、戦に負けることはない」という意味で使われいます。

これを生命保険に当てはめると、
「彼(相手)」 → 生命保険に関する知識
「己(自分)」 → ライフプラン
となります。

つまり、ライフプランを立て、そのライフプラン実現に向け商品を選択することが重要です。

人生100年時代へ

近い将来、100歳まで生きることが当たり前となる時代を迎えると言われています。現在は20歳前後で就職、65歳で退職、以降は年金で暮らすという考え方が一般的ですが、人生100年時代にはこの考え方は通用しなくなると思われます。

人生100年時代では、80歳まで働く必要があるかもしれません。老後資金の確保のために、資産運用が必要になるかもしれません。

しかし将来のことをただ悲観的に眺めるだけなのか、将来に向けて何らかの行動を取っていくのか、人生はちょっとした手間で大きく変わってきます。

生命保険は資産を形成する上での手段の一つです。他にも預貯金、不動産投資、株式投資などありますが、どれが一番いいというものではなく、ライフプラン、資産形成の目的によって選択する手段は異なります。

生命保険ですべてをまかなうことはできませんが、
生命保険を賢く利用することで、資産形成を行っていくことが可能です。

どのような人生を送りたいですか?また家族にはどのような人生を送ってもらいたいですか?
まずは一度、ご自身やご家族のライフプランを考えてみませんか?
ぜひ、あなたのライフプランの実現に向けたお手伝いをさせてください。


※当社はソニー生命の販売代理店です。商品をご提案の際には、ソニー生命の商品をご提案させていただきます。

会社名 株式会社xxxx
創業者 サンプル 太郎
設立年月 2014年4月
会社住所
東京都 xx区 x-xx-x xxxxビル
会社住所
東京都 xx区 x-xx-x xxxxビル

株式会社xxxx

東京都 xx区 x-xx-x xxxxビル
tel:03-xxxx-xxxx mail:xxxx@example.com