田舎暮らしと古民家の魅力を考える。

田舎暮らしで古民家を借りてみる

田舎暮らしをするのには不安もあると思うので、賃貸の物件に住んでみるのも方法の一つです。
賃貸物件に住んでみて、その土地に馴染むことでその土地に住むかどうか決めるのも得策です。また、探してみると驚くほど安い金額で借りることができる物件もあるので自分の予算に応じて探すことも可能です。
また、自治体に空き家バンクの制度がない場所だとしても、役場などに問い合わせると空き家のことを教えくれる場合があるので、安く物件はたくさんあります。

田舎暮らしの古民家の魅力とは

古民家の魅力といえば、その家で使用されている木材や構法だといえます。
新築の物件ではなかなか見つからないような銘木、太い大黒柱などが魅力です。
また、住みたい地域によってそれぞれ屋根や壁などの雰囲気が違って楽しめることも言えます。
また、古民家は伝統構法で建てられているものもあるために、在来構法とは違い樫の木などの堅木を利用し、木と木を引き寄せ加工されています。構造そのものが壊れることがないよう設計されているのも魅力的です。

田舎暮らしで古民家で暮らすには

田舎暮らしして古民家で暮らしたいと考えている人には、どこに住みたいのかを決めるのが一番のようです。移住を考えている人には物件を探すのも大変な作業になります。
そこでどこに住みたいか決まったら、自治体で主催されている移住体験ツアーに参加してみるのも、そこで暮らすかどうかの判断材料になります。
移住体験ツアーは、短期間でその地域のことを経験したり知ることができます。

田舎暮らしでは古民家のリノベーションが人気

田舎暮らしをしたい人の中には、リノベーションされた古民家に住みたい人も多いようです。
というのも、古い造りを活かしつつ現代のライフスタイルに合わせ改修してあり住みやすいからです。
梁や柱は以前のままで、床暖房やIHコンロなどの設備を取り入れているので、リノベーションされた古民家は人気です。
また、古民家のリノベーションにはデザインやコストの削減、エコロジーといった魅力があるようです。

田舎暮らしで古民家に住んだ人の話

実際に田舎暮らしをして、古民家に住んだ人の中には古民家を改築してカフェを開いた人もいます。
なぜ田舎が良かったのかというと、敷地内に家を建てられお客さんの駐車場も取れ、畑仕事もしたかったからというのが大きな理由のようです。
そして古民家を自分たちDIYをしながら改築し、カフェを作り理想の古民家カフェを作れたと言うのです。
また地域の行事に参加でき、様々な文化に触れられのも田舎の古民家暮らしならではという意見もあります。

田舎暮らしに関する更なる情報収集は

田舎暮らしについて、更なる情報収集を行う場合、田舎暮らし情報専門メディアサイト等を参照下さい。
田舎暮らしプロ