看護師の転職で気をつけること

看護師の転職により状況が悪くなる事も時たま見られます。最悪なことに転職前の仕事より合わなかったり、年収が理想と違ったり、職場の雰囲気が良くない事もあるでしょう。ですから、転職を上手に乗り切るためには、十分な情報収集が重要です。

POINT
1

転職に必要なのは自己アピール

まずは、自己PRをする力も大切になります。焦る事なくがんばるようにしてください。一般的に、転職時の志望動機で大切になるのは、その仕事に対する積極性が感じられるポジティブな内容になります。

自分を高めることができそうだとか、自分の持つ専門知識、技術を活用できそうなどの仕事への積極性が具体的に伝わるような志望動機を考えてみてください。できるだけ、その企業の特長に合ったちゃんとした志望動機を分りやすく述べることが望まれます。

そのためには、綿密な下調べを行うことが重要でしょう。

飲食業界にお勤めの方が別の業界で仕事に就くのはとても大変です。飲食業界の労働条件ではものすごくたいへんな思いをせざるを得ない働かなければならないという人がたくさんいて、先の見通しがつけにくくなり別の仕事を探し始める場合も多いです。

体調に不備がでてきたらさらに転職の可能性は狭まりますし、早め早めの転職活動を心掛けましょう。
POINT
1

転職に必要な写真と履歴書

 一般的に、転職活動をする時に用いる履歴書では、自身の職歴をどんな相手でも理解できるように書いてください。これまでにどんな業務を経験してきたのかが分かれば、入社してすぐに活躍できるか、担当者も書類選考を行いやすくなります。
 誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。

 もうひとつ気をつけていただきたいのが顔写真で、街角の写真ボックスなどではなく、撮影スタジオで、撮ってもらうのが良い、と言われています。
 写真は、大事なアピールポイントでもありますので、おっくうがらずに対処しましょう。
POINT
1

転職のタイミング

こうすれば一番だと思われる転職の仕方は、会社を辞めてしまう前に転職先を見つけて、転職先が決まったら、辞表を書くことです。退職した後に仕事探しを始めると、仕事が見つからなかった場合次第に焦りが出てきます。加えて、経済的に困ることも考えられます。

ですから、会社を辞める前に転職先を探しておくのが一番です。加えて、自分だけで探そうとしないで頼れる人を探すことも一つの方法です。

最近はネットでの就職活動サイトが話題になっています。こういったサービスを利用するのもいいでしょう。
看護師求人サイトのMCナースネットは、代表がお医者さんなので、内容も濃く、無料で利用できるのでお勧めですよ。