アイウィルセラムCに副作用はないの?

【アイウィルセラムC】ってご存知ですか?
我々の生活に欠かせないビタミンCは、美容にとっても欠かせない成分になっています。

そんなビタミンCを毎日の使用に負担のない範囲で限界配合し、肌に潤いを与えるのがアイウィルセラムCという美容液です。
美肌や毛穴、たるみに直接作用し、ニキビの炎症にも効果がバッチリの美容液。

そこまで効果があるのなら、逆に何か副作用がないか心配になりますよね><
そこで今回はアイウィルセラムCに副作用がないのかを徹底的に調べてみました!

アイウィルセラムCにを買おうか迷っていて、肌が敏感で心配な人は是非参考にしてくださいね(*^^*)

アイウィルセラムCに含まれる成分

副作用の有無を調べるために、まずはアイウィルセラムCの成分それぞれについて調べます。

アイウィルセラムCの成分を分けると

ビタミンC
APPS
コエンザイムQ10
その他の成分

に分けることが出来ます。
それぞれ詳しく見ていきます。

ビタミンC

【ビタミンC】はもう説明不要ですよね(笑)

アイウィルセラムCには美容のために必要なビタミンCを高濃度に凝縮しています。
かつ毎日使っても負担の少ないギリギリの濃度でビタミンCを配合しています。

もちろんビタミンCに副作用の心配はありませんが、あまりに高濃度で配合しすぎると肌に負担になってしまいます。
刺激が強いのでヒリヒリしたり肌を痛める恐れがあるんですね。

アイウィルセラムCは毎日に負担なく限界まで効果的にビタミンCを摂れる【ビタミンC10%】を採用。
毎日のケアに最適の配合がなされているので安心です♪

APPS

【APPS】とは別名をアプレシエと言い、新しく開発されたビタミンC誘導体のことを指します。

ビタミンC誘導体には【水溶性ビタミンC誘導体】と【油溶性ビタミンC誘導体】の2種類があります。
APPSはその両方のメリットを重ね合わせた、ハイブリットなビタミンC誘導体になります。

従来の100倍のビタミンC浸透力の効果があり、より肌に美容成分を浸透させることができます。

水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体には、肌にピリピリとする刺激を感じさせてしまうデメリットがあります。
ですがAPPSにはその刺激も少なく、安全性が評価されています。

コエンザイムQ10

【コエンザイムQ10】は良い品質の化粧品によく含まれているイメージですよね♪
コエンザイムQ10は抗酸化作用に優れた美容成分です。

シミやシワを改善する効果があり、ビタミンC原液との相乗効果でさらに抗酸化作用が高まるとのこと。
美白やエイジングケアに最適の成分になります。

コエンザイムQ10はその安全性も評価されており、これまでに目立った副作用などはありません。
人を対象にした臨床試験も行われているので安心です(*^^*)

その他の成分

アイウィルセラムCに入っているその他の成分も細かく調べてみました。
その結果、副作用の恐れのある成分は発見できませんでした。

実際私もアイウィルセラムCを使いはじめて3ヶ月ほどになりますが、肌のピリピリも感じませんし副作用はなく安全に使えていますよ\(^o^)/

まとめ

アイウィルセラムCの副作用についてまとめました!
アイウィルセラムCに副作用の恐れのある成分はなく、安心して使えるでしょうというのが私の結論になります♪

ビタミンC10%の効果を皆さんに実感してほしいと思います\(^o^)/

アイウィルセラムC