ファクタリング会社の審査で重要視されるポイント

ファクタリングは銀行からの融資とは違いますので、審査はそこまで厳しくありません。

しかし、他の企業と同じようにファクタリング会社もリスクの規模を考慮して取引相手を決めますので、審査に通らないこともあります。

そこで、このページでは実際にファクタリングを利用した私が審査で重要視されるポイントについてまとめてみました。

売掛先の信用力が高いかどうか

ファクタリング会社の審査では、売掛先の信用力が高いのかどうかが最も重視されます

一口に売掛債権と言っても、大きくわけると次の2種類です。

  • 一時的に発生している売掛金
  • 継続的に発生する可能性のある売掛金

日頃の取引が浅い場合は売掛金の回収リスクが高くなりますので、ファクタリング会社の審査に通らない可能性あり…。

つまり、上場企業や国の機関との取引で毎月安定的に売り上げが入っている売掛先であれば、手数料を低くしてでも買い取りたい案件というわけですね。

銀行からの融資は利用者の信用力が重視されますので私は審査に落ちたことがありましたが、ファクタリングは売掛先の信用力が物を言いますので、未回収のリスクが低ければ審査に通ります。

二重譲渡の危険性がないかどうか

ファクタリングで取引される売掛債権は、目に見えないお金を受け取る権利です。

そのため、二重譲渡の危険性がないかどうかはファクタリング会社の審査で重視されます

他社に譲渡済みの売掛債権を買い取ってしまった場合、当然のように回収することができません。

悪質な会社の中にはファクタリングの仕組みを利用して二重譲渡や三重譲渡を行うところがありますので、確実に回収できるのかどうか審査しています。

資産の差し押さえの発生リスクがないかどうか

税金や社会保険料を滞納している会社の場合、売掛金は差し押さえの対象になります。

もし差し押さえが行われた場合、ファクタリング会社が買い取った売掛金は回収できません。

つまり、ファクタリング会社は「税金や社会保険料の支払いを滞納していないか?」といった点を審査で見ています

架空の売掛金でないかどうかも審査で重要視されるポイントです。

日本中小企業金融サポート機構の審査は甘い?

私が利用しているファクタリング会社の日本中小企業金融サポート機構は、厳しい審査は行われていません。

もちろん、「どの会社でも資金調達できる」と言い切ることはできませんが、企業経営の支援を徹底してくれる会社ですので、柔軟な審査をしてくれます。

スピーディーな審査で即日で振り込んでくれる点も魅力的ですので、ファクタリング会社の選び方で迷っている方は利用してみてください。