レーザー脱毛の痛みを緩和

「自分で脱毛する際の痛みが軽減するので楽になりました」
歯科治療の際の麻酔として使われるキシロカインの成分がレーザー脱毛の痛みを軽減します。
キシロカインスプレーは、表面麻酔薬です。有効成分のリドカインを含有しています。

キシロカインスプレーは、注射針を刺すときや、皮膚レーザーを照射するとき、歯科治療のときの痛みを抑える薬です。

キシロカインスプレーに含有されている有効成分のリドカインは、神経膜の特定部位であるナトリウムチャネルに作用し、知覚神経・運動神経を遮断することで痛みの伝導を抑制します。

リドカインは、1948年に開発されて以降、現在に至るまで世界中で幅広く使用されている薬剤です。

VIOの医療脱毛は非常に痛い

家庭用レーザー脱毛やVIOの医療脱毛は痛みが伴います。

クリニックでも麻酔クリームを塗ってもらえるところはまだまだ少ないのが現状です。

また、エステサロンでは医療薬の提供ができないためフラッシュ脱毛での麻酔クリームはそもそもサービスとして提供されていません。

レーザー脱毛の痛みを我慢しない

キシロカインスプレーを肌に直接塗ることにより、皮膚レーザー照射療法時等の疼痛が緩和されます。

即効性があり、塗布して30分~1時間位すると感覚が無くなります。

※本剤は、日本国内で適応がないため、使用前に必ず医師・歯科医師・薬剤師にご相談ください。
キシロカインスプレーは、表面麻酔薬です。有効成分のリドカインを含有しています。

キシロカインスプレーは、注射針を刺すときや、皮膚レーザーを照射するとき、歯科治療のときの痛みを抑える薬です。

キシロカインスプレーに含有されている有効成分のリドカインは、神経膜の特定部位であるナトリウムチャネルに作用し、知覚神経・運動神経を遮断することで痛みの伝導を抑制します。

リドカインは、1948年に開発されて以降、現在に至るまで世界中で幅広く使用されている薬剤です。