東京で保険相談ができる
会社はどこ?

東京には保険相談ができる会社が多くあります。そのため、保険の相談がしたくても「どこに相談するのがいいか分からない」という人も少なくありません。今回は東京で保険相談ができる会社などについて紹介していきましょう。

保険相談窓口の選び方

先述したように保険相談が可能な窓口は多くあります。こちらでは、どんな窓口を選べばいいのかを見ていきましょう。

 ・保険会社

保険会社に相談することは、その会社の保険に特化しているというメリットがあります。自社保険の知識や最適な組み合わせ方などをしっかりアドバイスしてもらえます。ただ、自社保険以外は扱っていないので、もしかしたら他社保険の方がお得という場合もあります。

 ・保険ショップ

複数の保険会社の商品を扱っているので、総合的に見極めたい人におすすめです。会社の枠にとらわれずに、しっかりと各会社の保険を比較しながら選ぶことができます。ただ、多数の保険を扱うだけあってスタッフによっては知識が追い付いていない場合もあるようです。

 ・独立系FP

中立的な立場でアドバイスを受けるなら独立系ファイナンシャルプランナーがおすすめです。保障内容だけではなくどうすれば保険料を抑えられるかの相談にも乗ってくれます。もちろん、面倒な手続きは代行してくれるので安心して依頼できます。

保険の選び方

保険と言っても多種多様なものがあり、どの保険が一番自分に向いているか分からない人も少なくありません。こちらでは、保険の選び方について見ていきましょう。

 ・年齢

年齢によっておすすめされる保険は異なってきます。特に40代から50代など病気や怪我をしやすい年代になるとそれらに特化した保険がおすすめされるようになるのです。

 ・独身と既婚

独身か既婚かという点でも保険の選び方は変わってきます。例えば、20代独身の場合は結婚や出産などのことも考えた保険加入をする人が多くいます。逆に既婚女性の場合は子供のための学資保険などに加入した方がいいでしょう。

 ・保険料

年齢が高くなるにつれて保険料も上がっていきます。そのため、保証ばかりを重視すると驚くような金額の保険料になってしまうのです。年齢が高い人ほど、保障内容だけではなく保険料にも注意して選ぶようにしましょう。

保険に加入するメリット

こちらでは、保険に加入するメリットについて見ていきましょう。毎月保険料を支払って、なぜ保険に加入し続けなければいけないのかをチェックしていきます。

 ・万が一の備えになる

加入する年齢にもよりますが、支払う保険料より大きな金額の保険金設定が可能です。そのため、万が一のことがあっても残された家族が生活をできるだけの費用を確保できます。

 ・節税

生命保険料を支払うことで、所得税と住民税の課税所得を減らすことができます。つまり、節税効果があるのです。多額の金額は難しいですが、少しでも課税所得を減らしたい人におすすめです。

 ・相続税対策になる

相続税の非課税枠を利用することで、相続税対策をすることができます。保険金の受取人を指定することで遺したい相手に確実に保険金を残すことができるのです。

東京でおすすめの保険相談会社

こちらでは、東京で保険相談ができるところについて紹介していきましょう。保険加入を検討していて相談窓口が決まっていない人はぜひ候補に入れてみてください。

 ・ほけんの窓口

CMなどでも有名なところであり、些細な疑問にも丁寧に答えてくれると評判が良いです。何度通っても丁寧に説明をしてもらえたという口コミも少なくありません。トップクラスの知名度を持つ保険代理店だからこそ出来るサービスの充実さがあります。保険相談が慣れていない人にもおすすめできるショップです。

 ・保険相談ナビ

提案力に定評がある保険ショップであり、しっかりとお客さんの状況などを聞いた上で適切な保険を提案してくれます。パンフレットで簡単に説明を済ませるのではなく、時間をかけて「なぜこの保険がおすすめなのか」ということをしっかり教えてくれるショップです。

 ・保険市場

お客さんの要望に合った保険を提案してくれると高い評価を持っています。子供連れでも来店しやすいようにキッズスペースを設けてあります。そのため、子供が一緒でもしっかり相談に乗ってもらえるショップです。店舗以外でも場所を指定した訪問サービスで相談に乗ってもらうこともできるので、ショップまで来店できない人にもおすすめです。

東京でおすすめの保険相談ショップについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

東京には保険相談ができるショップが多くあります。
各ショップで特徴や取り扱っている商品が異なるので、
しっかり比較してから決めるようにしましょう。
他にも、しっかりお客さんの話を聞いてくれるスタッフかどうか、
適切な保険を提案してくれるかどうかにも注目しておくようにしましょう。