夢を叶える
魔法のドリームコーチ

今からでも遅くない!自分の夢を思い出そう♬

取扱説明書ってどんなもの?

取扱説明書っていうのは
【ゼロベースプロファイリングシート】
っていうシートなんです。
このゼロベースプロファイリングは
最大310億パターンの組み合わせで
あなただけの【脳の使い方】を
95%以上の確率で見つけることができる
世界で【あなた一人だけの取扱説明書】です。

こんな人にオススメです!

■自信をつけたい
■目標を達成したい
■自分らしく生きたい
■やりたいことを見つけたい

このような人でも
本当の意味で自信を持てて
いつの間にかやりたいことが見つかって
楽しく夢が叶っていく
「自分の夢を見つける取扱説明書」作れます!!
↓↓↓

僕の夢に対する想い

この「夢を見つける取扱説明書」を無料でプレゼントするにあたっての
僕の思いを書いていきたいと思います。
僕は幼少期の頃から、周りの同級生とは考え方も行動も違っていました。
それは、中学、高校生になっても変わらず
それが原因でイジメられていました。

そして、いつの間にか本当の自分を隠すようになり
周りに合わせるようになりました。
それから、僕は就職し働いていました。
会社でも自分を隠し続けていて、そのストレスと
会社の人間関係がうまくいかず、1年で辞めてしまいました。

仕事を転々とし、生きる気力がないまま26歳になりました。
当時、唯一の趣味であった服を買いに新しいお店に行きました。
そこのお店は、PCで調べて僕が直感で
「ここに行こう」と決めたお店でした。
この選択が、この先僕に大きな転機になるのです。

そのお店に通ってからは、友人も出来てそれなりに楽しくやっていました。
そして、四年後、僕に新たな出会いがあったのです。
その人たちは地元がこっちで、それまでは、県外に仕事でいました。
しかし、地元を盛り上げようという夢を持って県外から帰ってきました。

僕は、その頃服に完全にハマっていて
「もう周りにどう見られてもいいや」
と思い隠していた自分を解放してました。
しかし、意外と友人たちは、そんな僕を受け入れてくれて
変わらず仲良くしていました。

そんな時に、先ほどの人たちがいつも僕が行っているお店と
コラボ企画をすることになり、そのタイミングで初めて顔を合わせることになりました。
その時の僕は、凄い人見知りでしたが、初めて会ったのに何処かその人達に
興味が湧いていました。

それからは、頻繁にそのコーヒーショップに行くようになりました。
僕の住んでいることから片道2時間かけて週一で通っていました(笑)
そして、いつの間にか本当の自分を出していました。
それでも、僕の周りは人が減るどころか、逆に人が集まってきて
仲間が増えていきました。

人見知りもいつの間にか無くなっていて、気軽に人と話せるようになっていました。
そして、僕は一つの夢を持ちました。

「自分をここまで変えてくれたこの人たちみたいに
僕も昔の自分みたいに自信や夢も持っていない人たちの手助けがしたい」

そう思うようになり、ゼロベースコーチングで潜在意識を学び
このドリームコーチという職業を選びました。
是非「夢を見つける取扱説明書」を受け取って
自分のやりたいことや夢を見つけて頂きたいと思います。
思う存分ご活用ください!!

ドンドン夢が叶っていく
「自分の夢を見つける取扱説明書」
作れます!!

講師紹介

ドリームコーチ 近藤伸彦

22万人が体験した自己肯定感を脳から高めて
夢を叶える専門家

▪思い切って夢に挑戦したけど挫折した
▪夢をあきらめきれない
▪自分に自信が無く夢を諦めた

そんな人でもドンドン夢が叶う
「自分の夢を見つける取扱説明書」作れます!

夢は幻想だとか、夢は叶わないもの。
その世間的なイメージを変えるために日々活動しています。
あなたは、夢を叶える力があると私は信じています。