調剤薬局の就活を考えている方の
基礎情報

調剤薬局で働きたいと考えている方は、就活の仕方で悩んでいることでしょう。就職活動を成功させたいなら、幅広い情報収集がおすすめです。これから調剤薬局に向けて就活する方向けに、おすすめ情報を紹介します。

こんな就職先に注意

・残業が多い

離職率が低く人が集まらない調剤薬局では、残業時間が長い傾向があります。どのくらい残業があるかは、就職活動ではわかりにくいでしょう。よく求人が出ている職場は、働いている人がコロコロ変わる可能性があります。実際に調剤薬局へ足を運び、人が変わっていないかもチェックしてみましょう。

 

・休日が取れない

人材が不足している調剤薬局では、休日が取りづらい傾向があります。少ない人数で対応しているため、1人でも休まれると対応しきれません。調剤薬局に対して極端に人材が少ないところは、有給休暇が取れない可能性があります。

 

・給料が極端に安い

調剤薬局への就活活動では、相場より給料が安すぎないかも確認しておきましょう。多数の求人情報をチェックしておけば、どのくらいの給料が目安なのかわかります。1つだけの求人で判断せず、複数の調剤薬局で比べてみてください。

大手調剤薬局のメリット

・未経験でも研修がある

大手調剤薬局の多くは、教育体制が整っています。今まで調剤薬局で働いたことがない方は、大手のように研修制度があるところのほうが安心です。資格取得サポートや、スキルアップ制度があれば、新たなスキルを身につけられます。

 

・福利厚生が充実している

大手の調剤薬局の多くは、福利厚生を充実させている傾向があります。さまざまな手当てを付けているところや、休日の取りやすさを重視したところもあります。とくに女性の場合は、出産や結婚しても仕事が続けられる、福利厚生が充実した職場がおすすめです。

 

・失業リスクが少ない

大手の調剤薬局は、1つの薬局だけに囚われていません。収益を全体で考えているため、全体の利益が良ければ、すぐに倒産する可能性は低くなるでしょう。長く勤めたい方は、失業リスクが少ない大手が向いています。

小規模の調剤薬局のメリット

・患者さんとの距離が近い

小規模の調剤薬局は、地域密着型が多いです。地元の患者さんがいつも利用しているため、患者さんとの距離が近いのが特徴です。いつもの患者さんに顔を覚えられて、頼られる存在になることができます。

 

・個人の裁量を優先できる

大手のようにマニュアルで働くのではなく、個人の裁量で働き方を変えたい方は、小規模の調剤薬局が向いています。小規模のところは、働いている個人との距離が近く、意見を言い合える関係性になれます。

 

・経営者の考えがわかりやすい

小規模の調剤薬局は経営者との距離が近く、どのような経営を目指しているのかわかりやすい特徴があります。どんな調剤薬局にしたいのか、どのような対応が求められているのか理解しやすいでしょう。

調剤薬局の年収について

・初任給350~400万円

調剤薬局の初任給は、350~400万円程度です。大学卒業後の一般的な年収と比べても、それなりの高い年収が確保できます。月収に換算しても最低でも22万円以上で、十分生活していけるだけの給料がもらえます。

 

・安定した給料が特徴

調剤薬局は、大手の製薬会社ほど給料アップは見込めません。それでも安定した給料が見込めるため、長く務める場所としては悪くないでしょう。給料アップを希望するなら、管理職に就くなど役職がある働き方が必要です。

 

・地域によって高年収もあり

調剤薬局の年収は、地域によっても変わります。これから高収入を目指す方は、働く地域を考慮してみましょう。とくに年収が高くなりやすいのは、静岡県・群馬県・広島県などです。

調剤薬局の就活のコツ

・大手以外も見学する

調剤薬局は大手や中小規模、どちらもメリットデメリットがあります。自分が向いているタイプもそれぞれのため、大手以外も見学するようにしましょう。地域によっては中小企業が強いところもあります。

 

・募集している理由を聞く

面接では、調剤薬局が募集している内容を聞きましょう。薬剤師が産休を取って人手不足になっているなら、その職場は安心して就職できます。明確な理由がないときや、納得できない場合は就職を止めておくのが無難です。

 

・社員の傾向を確認しておく

男性ばかりの職場では、女性が働きづらくなる恐れがあります。子どもの都合で仕事を休んだり、生理による体調不良で休んだりしにくくなるでしょう。また年齢が偏っている場合も注意が必要です。若い職場は活気がありますが勉強不足の恐れがあり、ベテランばかりだと年齢のギャップが感じられることがあります。

調剤薬局の就活を成功させたいなら、下記のリンクも役立ちます。

まとめ

これから調剤薬局への就活を予定している方は、失敗しないための情報収集をしておきましょう。
調剤薬局によっても働き方が異なるため、
自分が求める職場なのか比較するようにしてみてください。