介護業界の現状や
フェローホームズ森の家について

超高齢化社会に突入してから、介護業界の需要性は高くなっています。しかし、需要と供給が追い付いていないのも事実です。今回は、介護業界の現状や介護施設の種類、フェローホームズ森の家について紹介していきましょう。

介護業界の現状

こちらでは、介護業界の現状について見ていきましょう。なぜ、需要性が高いのに離職率が高いのかなどを見ていきます。

・報酬ダウン
介護職員の給料は全産業から見ても下回っているという事実があります。しかしながら、仕事内容はハードです。仕事内容と給料が見合っていないことで、介護業界から離れる人も多いのです。

・人材不足
介護業界は常に人材不足と言っても過言ではありません。先述したように給料が低いこと、仕事内容がハードであること、さまざまな理由で一時期は介護職に就いても離職を決断する人が多いのです。報酬が低いから人が離れる、報酬が低いから人が集まらない、ある意味では悪循環を繰り返していると言ってもいいでしょう。

・介護レベルが低下
一時期はメディアでも大きく取り上げられていましたが、介護職員による虐待や事故なども増えています。入居者側も乱暴なことをしたりして、それに反抗してしまったという介護職員もいるでしょう。中には、身体が上手く動かないことをいいことに自分のストレス発散をしている職員もいました。

介護施設の種類

介護施設と言っても、さまざまな種類があります。こちらでは、どんな種類があるのか一部について見ていきましょう。

・介護付き有料老人ホーム
要介護1から5の認定を受けた人が入居できる「介護専用型」と自立・要支援と要介護の人を対象とする「混合型」があります。

・住宅型有料老人ホーム
自立・要支援・要介護の人が入居できる施設です。食事サービス、洗濯や清掃などの生活支援サービス、医療機関との提携、緊急時対応などの健康管理サービスなどが受けられます。

・特別養護老人ホーム
公的な介護保険施設であり、要介護3以上の人が入居可能となっている施設です。食事や入浴、排せつ介助などさまざまな生活支援やリハビリ、レクリエーションなどの介護サービスを受けることができます。

介護施設入居のメリットとは?

介護を自分でしたいという人もいるでしょう。しかし、介護施設入居の条件を満たしているならば入居がおすすめされています。こちらでは、介護施設入居のメリットについて見ていきましょう。

・友達ができる
自宅介護であれば、家族以外と接する機械が少なくなってしまいます。しかも、介護をしてもらっているという負い目から口数が少なくなってしまう人もいるでしょう。介護施設に入居することで、入居者は自分と同じ立場の人と友達になることができます。その結果、入居前よりも明るくなったという人もいるのです。

・家族の負担を減らせる
介護は予想以上の負担がのしかかってきます。特に、仕事をしている人にとっては離職などの問題にもつながるでしょう。しかし、介護施設に入居してもらうことでそういった負担を減らすことができるのです。

・症状に合った治療が可能
さまざまな介護施設が提携病院を持っています。そのため、体調が悪くなった時はすぐに適切な治療を受けることができます。

フェローホームズ森の家の特徴とは?

こちらでは、介護施設の中でも特に注目されている「フェローホームズ森の家」について見ていきましょう。

・個室タイプ
入居する部屋はすべて個室であり、それぞれのプライバシーに配慮した作りとなっています。ただ、キッチンやリビングはグループメンバーと共有となっているので、普段通りの生活を楽しく過ごすことができるのです。

・ユニット生活
フェローホームズ森の家は10人前後でユニットと組んで生活するタイプとなっています。そのため、同じ状況の人と人間関係を築きやすい特徴があるのです。

・ホテルのような空間
介護施設となると、シンプルなスタイルが一般的です。しかし、フェローホームズ森の家はホテルのようなおしゃれ空間となっています。おしゃれな空間で暮らすことで、穏やかな気持ちで過ごすことができるようになっています。外観だけではなく、フローリングなども素足で歩くことを考慮した仕様となっているので、肌触りの良い優しい空間となっています。
フェローホームズ森の家について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

介護施設と言っても、さまざまなスタイルの場所があります。
少しでも快適な生活を、と望むならば慎重な選び方をしなければいけません。
それらをすべてクリアしている場所、それがフェローホームズ森の家です。
スタッフの福利厚生をしっかりすることで、介護レベルの向上にも繋がっています。
質の良い介護を受けさせたい人は、フェローホームズ森の家を検討してみてはいかがでしょうか。