しんのすけ

age28,♂
職業:フリーランス
趣味:旅、読書、心理学、ネコ、自由、写真

しんのすけってどんな人?

1年半前は
会社→家の繰返しでした。
まずはじめに
僕はなんの才能もありません。

高校は地元で
一番バカな県立高校。

将来やりたい仕事もなく
ダラダラと高校生活を過ごした結果
2浪するはめに…笑
※当時は笑えなかったです。


2浪して入ったのは
第三希望の滑り止めの大学。

これは浪人した人にはわかると思いますが
めちゃくちゃ精神的にしんどいです。笑
※当時は死にたかったです。

でも、そこで頑張りました。

周りの人より
2つ年上なので
そんなに深い仲良しはいませんでしたが
成績は悪くなかった。
※偏差値42の大学なのでスゴくないです。

成績は良かったので
就職の際に先生のコネを使わせてもらいました。

しかし
先生に推薦してもらった
会社に入社するも

月に200時間を越える残業
月に2日しかない休み。
家は上司との3人暮らし。
…この生活を
あと50年も続けるのだろうか??
絶対イヤだ。
と思ってはいましたが
時間は過ぎて行くだけでした。


そんなある日、突然
僕を我が子のように可愛がってくれていた
親戚がレベル4(末期)のガンであることを知らされ

その3ヶ月後
親戚は当たり前のように亡くなりました。


そのとき
人はいつかは絶対死ぬ。
しかもそれは突然かもしれない。

ということにハッキリと気づきました。

人生って仕事して、
お金を稼いで、死ぬためにあるの?

親戚の死を目の当たりにして
自分の人生を本気で考えるようになりました。

会社っていうのは
将来が見えやすい。

上司の姿が
数年後の自分です。



普通にいけば
あと50年はこの会社で
上司と同じ様な生活…




…絶対イヤだ!!


そして
死ぬまでにしたいことを考えた結果

旅しながら生活がしたい!!
そのためならあと50年頑張ってもいい!!
と思い、会社を退社。

人生を変えた、ある人との出会い。
退職後、縁があって
東京でノマドとして生活している人に会いました。

「半年あれば誰でもできますよ。」

そう平然という彼の顔は
嘘をついているようには思えませんでした。

その後
自分でビジネスを始めた結果

4ヶ月で
パソコン1台で暮らせるように。


もちろん
コツコツした作業は積み重ねましたが
実際に達成してみると
会社員として嫌々生活していた
あの日々って何だったんだ…
と思わせられるくらい
自分で稼ぐことは簡単でした。

人生の転機、二度目の出会い
旅しながら生活できるようになった僕は

海外旅行に出かけました。

会社員時代にはできなかった
平日に2週間の
タイ〜カンボジア旅行です。

タイ(チェンマイ)

カンボジア(シェムリアップ)

カンボジアで
立寄ったとある日本人が経営している
ゲストハウスで

ノマドをしている起業家の方に
会いました。

その方は
年収3000万円を
たった1人で稼いで
世界を旅するようにして

生活していました。

そこでその起業家の方と仲良くなり
言われたのが
『しんのすけ君、自分だけ楽しい思いしてないで
その知識、他人に教えてあげたら??』

この言葉を聞いたとき
頭を金槌で殴られたような
強烈な衝撃を受けたのを覚えています。


この出会いがきっかけで
僕の人生はさらに自由になって行きました。

人生は倍々ゲーム。
1年半前まで
なんの取り柄もない

しがないサラリーマンだった僕が
今では起業家として

好きなことをして生活しています。

時間はもちろん、
年収もサラリーマン時代より多い。

たった1つのきっかけで
人生ってこんなにも変わるのかと

自分でも驚いています。

今ではフリーランスとして
・心理コンサルタント
・コピーライター
・物販ビジネス

などを手がけて
パソコン一台で、自由度はさらに加速しています。


いつも人生を変えるのは、
たった2つのこと。
僕はいまだに
わからないことや
行動できないことが
多くあります。

でも、いつでも人生が激変するのは
たっと2つ。

①『出会い』
②『一歩踏み出す勇気』
これだけです。

もし、僕が会社員のときに
「人生はこんなもんだ…」
「どうせ自分にはできない…」

毎日、ストレス発散にお金を使ったり
同僚と愚痴を言い合ったりしながら

人生の貴重な時間を
ムダに使って

自分や周りを疑っていたらと思うと
ゾッとします^^;



僕の人生が変わったように
今度は僕が人の人生を変えれるような存在に

まだまだ未熟な部分や
知らない世界は多いですが
日々頑張っています。^^

しんのすけ公式メルマガ(購読無料)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓