【東亜環境】吉岡などに支店のある東亜環境に関して【吉岡】

ゴミの資源化、廃棄物の正しい処理。
地球に優しい計画を。
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

東亜環境について


概要

㈱東亜環境コーポレーション様は廃棄物処理業者です。廃棄物でも産業廃棄物ではなく、一般廃棄物を主に扱い、業務の約95%が官公庁地方自治体から受託されています。
 業務としては、吉岡町を始め地方自治体及び一部事務組合ごみ処理施設からごみ焼却後に発生する焼却灰を提携先の資源化施設(溶融処理・焼成処理)に車両にて搬送するといったことや、焼却施設を持たない市町村の生活系可燃ごみ・不燃ごみ等を積替え作業、搬送、施設管理を行っています。また、ごみ処理施設内にて、粗大ごみ解体、保管積替え所で重機を用いての作業も行っています。
 廃棄物処理を通して地球環境への貢献や地球温暖化対策の一環であるチーム・マイナス6%に参加するなど、地球自然と共存のための取り組みを行っている会社です!

東亜環境(吉岡)は、地球にやさしい企業を目指します

廃棄物処理を営む者として、社会的責任あるいは社会的貢献を果たしていくためには、地球環境に配慮した事業を展開していくことが重要であると弊社は考えます。また、直接関わるパートナー企業様、地域住民の皆様との密なコミュニケーションも大切です。

そこで弊社では、「まずはできることから」を実現するため、下記の取り組みを実施しています。健康で安全な未来は、一人ひとりの小さな配慮から確立されるものなのです。


東亜環境・環境への取り組み


ゴミのこと、もっと知ってください

皆様はどのようにゴミ(廃棄物)を処理していますか?
また、あなたが出したゴミ、どのような過程を経てどのように処理されているかご存知ですか?

ゴミは毎日排出されています。もちろん、あなたもそのゴミを出す一人。排出されたゴミは、廃棄物処理業者の手によって処理されているところまではご存じの方も多いと思いますが、実際処理する廃棄物処理業者がどのようにして処置しているかをご存じの方は少ないと思います。

地球環境のために、廃棄物処理についての知識を身に付けましょう。そうすれば、ゴミに対する意識が少し変わるだけでなく、明日の地球が少し笑顔になっているかもしれません。

東亜環境コーポレーションでは、いち廃棄物処理業者として地球自然と共存のための取り組みつつ、地球にやさしい適正な廃棄物処理を行っております。あなたの職場、ご自宅をきれいに保ち、地球環境を一緒に守りましょう。

地球自然と共存のための取り組み

電気使用量削減
本社・事業所・営業所における電気使用量削減およびそれに伴うCO2の排出量削減



車両燃料使用量削減
効率的な物流システムの構築により、車両燃料使用量およびそれに伴うCO2、大気汚染物質排出量の削減


廃棄物管理
一般廃棄物の分別・減量、リサイクルの推進と適正処理管理の実施



廃棄物管理
一般廃棄物の分別・減量、リサイクルの推進と適正処理管理の実施



紙使用量削減
電子システムの積極導入により、OA用コピー紙使用量の削減およびそれに伴う省資源の実現



リサイクル品購入促進
環境配慮型商品の購入・実施拡大の促進




地域環境配慮
市町村が実施する環境施策への参画・協力およびコミュニケーションの実施



地域環境配慮
市町村が実施する環境施策への参画・協力およびコミュニケーションの実施



東亜環境・支店

東亜環境吉岡
東亜環境海老名
東亜環境横須賀
東亜環境横須賀
東亜環境小山
東亜環境袖ヶ浦
東亜環境鹿嶋
東亜環境鹿嶋

吉岡について

吉岡町

吉岡町(よしおかまち)は、群馬県のほぼ中央、北に群馬県渋川市、東に群馬県前橋市と隣接する、榛名山の東麓に広がる利根川沿いの町。

都市雇用圏における前橋都市圏(前橋市)のベッドタウンとしての性質が強い。通勤率は、前橋市へ44.2%(平成27年国勢調査)。

前橋市のベッドタウンとして人口が増加しており、前橋市に隣接する大久保地区にショッピングモールが建設される等の発展を見せている。

吉岡町の歴史

1889年4月1日 - 町村制施行により西群馬郡に駒寄村・明治村が誕生。1896年4月1日 - 西群馬郡・片岡郡が合併し群馬郡が発足、群馬郡駒寄村・明治村となる。
1949年10月1日 - 群馬郡から北群馬郡が分立し、北群馬郡駒寄村・明治村となる。
1955年4月1日 - 北群馬郡駒寄村・明治村が合併し、北群馬郡吉岡村が発足。
1985年10月2日 - 関越自動車道前橋IC~湯沢IC間開通。町内に駒寄PA開設。
1991年4月1日 - 町制施行し、吉岡町となる。
2006年7月20日 - 町内最初のショッピングセンター・イオンショッピングセンター(マックスバリュ・メガマート)が閉店する。
2006年10月1日 - 社会実験を終え、駒寄SICが常設化。
2007年4月22日 - 町長選挙を実施。第4代町長に石関昭が当選。(議会は無投票16名。)
2007年5月31日 - 石関町長が「群馬建設新聞」のインタビューにおいて、合併推進を称える。
2007年10月10日 - 群馬バス(イオン高崎~吉岡町役場前~北下~しんとう温泉線)が開業。
2010年3月20日 - 国道17号前橋渋川バイパス新坂東橋が開通。
2010年3月28日 - 道の駅よしおか温泉がオープン。
会社名 東亜環境株式会社

従業員 35名

設立年月 平成5年8月

営業所 吉岡営業所

営業所 吉岡営業所

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。