仙台で上手に注文住宅を
建てるには?

私たちは世の中の「つくりたい」を「つくれる」に変え、その先にあるそれぞれの目的を実現させるための全てのことを提供します。

仙台での家づくりに必要なこと

・寒暖に強い

仙台の気候は、夏は暑く冬は寒い特徴があり特に冬は雪が降り積もります。そのため厳しい仙台の環境に適した、気密性や断熱性、遮熱性の高い家づくりが欠かせません。

 

・健康に配慮し快適に過ごせる

その注文住宅で暮らすことにより健康に害のないことが健康に配慮した快適な家と言えます。具体的なポイントには通気性・防水性が高く、結露やカビの対策が十分されていることです。

 

・環境に配慮している

環境への配慮ができた注文住宅とは省エネルギーの家であり、熱を逃がさない気密性と断熱性が高い家になっています。すると使う電力が少なくなり電気代の節約にもつながるのです。

仙台で注文住宅を建てる注意点

・地元の木材を使っている

注文住宅に使う木材の種類ばかりに目がいきがちですが、どこでとれた木材かにも注目しましょう。仙台周辺でとれた木材を使用すればコスト削減のメリットがあるだけでなく、仙台の環境で育っているためその地域独特の環境に耐えられる力を持っているためです。

 

それに地元で生産された木材の場合は、輸入木材のように防腐剤が使われておらずシックハウス予防にも役立ちます。

 

・十分な工期を取る

建売住宅は既に建物が完成しているため、住むまでに長い期間が必要になることはありませんが、注文住宅は設計に基づいてつくっていくため時間がかかります。全て自分たちの希望を取り入れた家づくりにしている場合、工期が短かったり早く建てて欲しいと急がせたりすると十分な家づくりが叶わない可能性も出てきます。

 

ちなみに注文住宅の平均的な進み方として土地が既にある場合で説明しましょう。最初に具体的な建築計画を立てて見積を出してもらいますが、特にこったデザインを求めなければ2ヵ月ほどでできあがります。その後請負契約を交わして建築確認申請をしますが、この流れは建築士など専門家にお願いした方がスムーズです。そして着工から完成までの工期は4~6カ月ほどかかり、2ヵ月も違いがある理由には天候や設計の内容に違いがあるためでしょう。

 

・税金や補助金について知っておく

仙台での注文住宅づくりはできるだけ費用を抑えたいと考えるとき、税金や補助金制度の利用がおすすめです。例えば減税措置を取ったり仙台でスマートエネルギー補助制度を利用したりすると、家づくりにまつわる費用を下げる役に立ちます。

注文住宅の広さや間取りの決め方

・4人家族

例えば夫婦と子供2人の場合3LDKの間取りを選ぶことが多く、この場合は夫婦一緒の寝室と子供それぞれに部屋があります。一般的な生活であればこの間取りで十分空間を確保できるでしょう。そして頻繁に親族や友人などが泊まりに来ることもなければ客間を省いた設計にすることも可能です。するとその分LDKにさけるスペースが広くなり、より充実した家づくりが叶います。

 

・二世帯住宅

夫婦と子供に加えて祖父母も同居する場合は広い土地が必要というわけではなく、30坪程度あれば一般的な二世帯住宅は可能でしょう。例えば1階と2階で、または南側と西側でなど生活スペースを区切ればちょうど良い距離感を保ちながら注文住宅づくりができます。

仙台で注文住宅を建てた人の声

・独自性の高い家ができた

こだわりがあったので十分話し合いに付き合ってくれる担当者にあたって良かったと思います。気になったことがあって問い合わせると早めに返答をくれるなど、とても助けられました。すっかり個性的な内装に仕上がったのでとても満足しています。

 

・予算内に収めてくれた

注文住宅にしては厳しい予算かもしれないと思いましたが、相談を重ねて不要なものを省いていくことで予算内で希望の家づくりが叶いました。担当営業さんと棟梁さんもとても頑張ってくれたおかげで建設中までわかりやすく、途中で見に行っても親切に対応してくれたのがうれしかったです。

 

・正直さに安心できた

住宅メーカーを検討していくつも相談に回っていたとき、打ち合わせや現場で出会ったスタッフの人たちの姿に正直さを感じられ、ここに決めました。そのときの印象は間違っておらず、設計から完成まで全て安心してお任せできました。その後のアフターフォローも万全なので心配なく暮らせています。

これから仙台で注文住宅づくりに取り組みたいと興味をお持ちの場合は、
以下の詳細サイトにて情報をチェックしてはいかがでしょうか。

まとめ

仙台で注文住宅を建てたいとき、土地の特徴などを考慮に入れて
家づくりをすることが成功のポイントです。
また建築会社選びもできばえに大きく関わるため、
いくつもの住宅メーカーで相談したうえで契約先を決めることをおすすめします。