フリーランスへの道

フリーランスへのステップとして
3つのポイントをチェックしてみましょう!

★名刺をつくる

肩書きに仕事はくる


仕事をはじめるに当たって、多くの人が最初につくるのが名刺だと思います。

しかし、大事な点を踏まえてないと役に立ちません。名刺の中で一番大事な点は「仕事は肩書きにくる」ということです。名前だけで仕事がくる人は一部の限られた方で、名刺を受け取る方のほとんどは「肩書き=自分にとって必要かどうか」で判断しています。

では、必要とされる名刺とはなんでしょうか。それは、「お客さんにとって目先の問題解決をしてくるかどうか」が重要です。今後、必要になることよりも“今、必要!”という事が大事になります。

★余裕の演出

仕事を手に入れるために

出先でお客さんとバッタリ会ったとき、または挨拶に行った歳に「最近、忙しいですか?」と聞かれることがあります。

ここで、「忙しいです。が、仕事ください。」と答えても仕事に結びつきにくいし、「ヒマです。だから仕事ください」と答えても仕事にはつながりません。

仕事は、忙しい人にも、暇な人にも、こない傾向があります。もしもここで、「あなたのためなら、いつでも時間合わせますよ!来週、あたり打ち合わせどうですか?」と余裕の演出をしてみてください。きっと対応が変わると思います。

★先生ポジションを作る

自信へのステップ

フリーランスとしてお仕事をしていると、たいてい下からお願いするように仕事をもらう方が多いと思います。また、仕事の話をしても、気持ちで負けてしまって、ついつい弱気になってしまいます。

そこで私のオススメは、小さくても良いからスクールの先生や校長になるということをオススメしています。

デザイナーやライターという肩書きだけでなく、先生の肩書きを持つことで発言に信頼度が増します。また、生徒に教えることで、自分の技術力アップにつながります。

もっとフリーランスとして活躍したいという方向けのセミナーです。

合い言葉は【がんばらない】。フリーランスの仕事は「とにかく頑張れば、何とかなる」という仕事ではありません。また、会社員のように、お客さんの指示に従うだけの、ラクしていると、来月からは仕事はすぐに別のフリーランスに移ってしまいます!

Facebookページはこちらから


さらに詳しい話を知りたい方は、下記のボタンをクリック!