国食堂|岡山ばら寿司

岡山ばら寿司

岡山ばら寿司って?

岡山の「ばら寿司」は、魚のつけ酢と具を飯に混ぜ込み、一つひとつ味付けした具材をさらに飾るもので、まったりと味わいの深いのが特徴です「ばらずし」に入れる魚や野菜は、家庭や地域によってさまざまです。アナゴのほかにもサワラ、モガイ、エビなどの魚介類や、タケノコやゴボウを入れることもあります。気候がおだやかな岡山県は、瀬戸内海(せとないかい)の魚や野菜、果物などたくさんの食材に恵まれています。

岡山ばら寿司の良さ

エピソードが奥深い

一汁一菜の令が出ている中でも「ご馳走を食べたい」という庶民がこっそり豪華な食事を食べるために生まれたという当時の人々の知恵が詰まった伝統料理。

彩りがいい

伝統料理は地味なイメージがあるが、岡山バラ寿司は様々な食材を盛り込んで豪華に華やかに見せるため、見た目がとても美しい。

昔からの味を楽しめる

瀬戸内で昔から採れている食材を使っており、作り方もほとんど変わっていないので懐かしい味が楽しめる。

バランスが良い

日本で昔から食べられていた魚や野菜がたっぷり入っているためヘルシーでとてもバランスの良い伝統料理。

バランスが良い

日本で昔から食べられていた魚や野菜がたっぷり入っているためヘルシーでとてもバランスの良い伝統料理。

おすすめメニュー

岡山ばら寿司

初心者でも簡単に作れる岡山ばら寿司のレシピを紹介します。
https://cookpad.com/recipe/3014562

岡山ばら寿司

初心者でも簡単に作れる岡山ばら寿司のレシピを紹介します。
https://cookpad.com/recipe/3462616

岡山ばら寿司

初心者でも簡単に作れる岡山ばら寿司のレシピを紹介します。
https://cookpad.com/recipe/3014562

感想

今回調べた「岡山バラ寿司」ですが、最初は見た目がとても華やかで最近できた食べ物なのかと思っていた部分が大きかったのですが、実際調べてみると江戸時代からずっとあり、しかも庶民の食べ物として生まれたという事実にとても驚きました。裏のエピソードも面白く、岡山という土地に愛着を持てたような気がします。

アクセス

国食堂

かまぼこハウス

小田急線・相鉄線・横浜市営地下鉄 湘南台駅西口B出口から地上にあがり、1番バス乗り場から神奈中バス 「湘23系統 慶応大学」

「湘24系統 笹久保経由 慶応大学」「湘25系統 急行・慶応大学」行きに乗り、「慶応大学」下車。所要時間は約15〜20分。運賃220円。

 

オープン日:5/17,22
営業時間:17日16:30~
               22日11:00~