とにかく明るい性教育【パンツの教室】体験会
【パンツの教室】埼玉所沢・都内
シニアインストラクター 
冬馬 侑(とうま ゆう)  
とにかく明るい性教育
【パンツの教室】
体  験  会

性教育っていつからするの?
学校でおしえてくれるんじゃないの?

3歳から5歳までに、じつに80%の子どもが
「赤ちゃんはどうやってできるの?」という
命のスタートに関する質問をしてきます。

純粋な子どもの疑問に、
わたしたち親はどんな反応で応えたらいいの?

大半の方がきっと
『ドキッ』としてしまっているのではないでしょうか。

一方、
10歳を過ぎると心にも身体にも大人になる変化が訪れ
思春期を迎えます。

この時期は親から離れていく自立の時。
そんな時に一番身近な大人である親から
『性』にまつわる話をされることが
とにかく恥ずかしくてたまりません。

小学校の性教育は4年生から。
でもその授業時間はたった1時間。
その日休んでしまったら全く性教育を受けられないんです。

さらに、教育要綱で「性交」という言葉を使用してはいけません。

子どもが一番知りたい命のはじまりである「セックス」の話は
学校でも教えてくれないのが現状です。

だから今こそ、
お母さんが我が子に伝える
性教育をはじめるチャンス!

性教育とは本来
「命の誕生の奇跡」「愛し愛されること」「自分の身を守ること」
を伝えることです。
そして子どもたちが持っている、
性の純粋な好奇心を満たすことこそが、本当の「性教育」なのです。

おっぱい・ちんちん・おしりなどを面白がっている時期だからこそ
自分のカラダの大切な場所をつたえ、
触られてはいけない場所を知ることができる。

「赤ちゃんはどこからくるの?」と聞いてきてくれる時期だからこそ
命の誕生の奇跡をつたえ、
どれだけあなたを愛しているかを伝えることができる。

セックスを伝えることで
若年での妊娠・中絶・性感染症を防ぐこともできます。

性教育はお母さんから伝える子どものココロとカラダを守る
『知識という名のおまもり』です。

体  験  会

75分で『とにかく明るい性教育』の入口を体験していただけます。
・性教育はいつから何から伝える?
・どうやったら性犯罪から子供を守れる?
・子どものタイプ別防犯の声掛けワーク
・今日から親子で語り合える命のはなし実例集


こんな方におススメです。
☑赤ちゃんはどこから産まれてくるの?という質問に答えられなかった!
☑うちの子おちんちんいつも触ってるけどどうしたらいいの?
☑女の子なのにおまた触ってるみたい・・・
☑おっぱいとかおしりーとかふざけて言ってるけど大丈夫?
☑命のはなし、いったい何歳から伝えていけばいいの?
☑生理・精通のこと、どう迎える?伝える?
☑こわい事件ばかりだから、子供を守る方法を知りたい!

【パンツの教室】体験会 受講料

体験会 75分

3,240円 
※体験会のご感想をSNSにて投稿いただける方は2,700円で受講いただけます。
※お友達・ご夫婦でご参加の方はペア割として2名で5,400円で受講いただけます。

体験会 75分

3,240円 
※体験会のご感想をSNSにて投稿いただける方は2,700円で受講いただけます。
※お友達・ご夫婦でご参加の方はペア割として2名で5,400円で受講いただけます。

講師紹介
【パンツの教室】シニアインストラクター
冬馬 侑(とうま ゆう)

埼玉県所沢市生まれ、在住。

小学2年の長女と年長の長男のママです。

百貨店の子供フロアで20年勤務した中で感じた命の大切さを、

自分の子供たちには包み隠さず伝えたい!でもできなかった!

悩んでいた時に出会ったのが、とにかく明るい性教育

【パンツの教室】協会代表理事のじまなみ先生です。その後、

代表理事から直接学んだ第1期のインストラクターとして活動。

たくさんのお母さんたちに性教育の楽しさをお伝えしています。