マンガでわかる!
あなたと日本の未来を変える
「働き方改革」

働く環境はこう改善する!!
人の成長企業の発展を両立させた
10社の仕組み!!!
■著者■加星宙麿(かぼし・おきまろ)
■マンガ■樗木厚(おおてき・あつし)
仕様:オンデマンド (ペーパーバック)
ページ数:32
ページサイズ:14.8 x 0.2 x 21 cm
出版社: デザインエッグ社
定価:¥750+税

こんな方にオススメ!

Point.
1
「働き方改革」といわれるが、取り組み方がよく分からないし、メリットがあるとは思えない。
Point.
2
人手不足で困っているが、どうすれば求める人材が集まるのか分からない。
Point.
3
業績を上げたいが、人材を育成しようと思っても成功しない。
Point.
3
業績を上げたいが、人材を育成しようと思っても成功しない。

作品概要

「同一労働同一賃金」を実現した手法とは―。
場所を選ばない働き方を実現する「三つの条件」―。
塾経営で残業をほぼゼロにした秘訣は―。
どうすれば外国人採用がうまくいくのか―。
人が集まる保育園の仕組み―。
社員が常に認められる職場環境とは―。
コミュニケーション力の伸ばし方―。
工場を最高のセールスマンにしたのは―。
会社が育つ採用活動―。
事業承継への強力な一手―。

いま社会問題となっている困難を打開してきた10事業者の実践を紹介しています。
それぞれマンガと文章、フローチャートで解説しているので、読みやすいところからご覧になっていただけます。

企業・事業所は次の通りです。(五十音順)

・新卒採用支援「i―plug(アイプラグ)
・小市福祉会「小市保育園
・ソフトウエア開発会社「サイボウズ大阪オフィス
・個別指導キャンパス運営「新教育総合研究会
・コーヒー関連総合企業「田代珈琲
・ビジネス向け対話ツール運営「ChatWork(チャットワーク)
・測定装置メーカー「中央電機計器製作所
・会計・法律の専門家集団「トリプルグッドグループ
・金属製品製造業「梅南鋼材
・産業機械メーカー「山田製作所

著者より

 大阪の地元紙の記者として5600本以上(2018年3月現在)の記事を書く中で、「働く環境を進化させる挑戦」は、人々の潜在力を引き出し、社会を永続的に発展させるための営みそのものだと実感するようになりました。

 本書では、その気付きを与えてくれた取材の中でも際立った成果を上げている10事業者の実践(原則、取材時の状況)を収録しました。採用段階から人材育成、業務の引き継ぎまで、関係者の方々が心血を注いで構築されてきた仕組みを紹介しています。

 1事業者の取り組みについて、それぞれマンガと文章、フローチャートの3種類で示しています。1種類だけでも要点は伝わるように心がけましたので、読みやすい部分だけでも目を通していただければ幸いです。

 各実践が、皆さまの働く環境を進化させるためのヒントとなり、より満足のいく人生を歩める人が一人でも増えることを願ってやみません。

著者紹介

■著者■加星宙麿
地元紙記者
1976年大阪府生まれ。大阪市立大学大学院・修士課程修了。
2003年から大阪の地元紙記者。行政や教育、労働、経済などを担当。キャップ、デスクを歴任。

【著書】
『「キャリア教育力」が未来をひらく―高校選びの新指標』(メディアイランド)
http://www.mediaisland.co.jp/author/author93.html

『あなたと日本の未来を変える教育法「褒め結び」』著・加星宙麿、マンガ・樗木厚(デザインエッグ)
http://www.amazon.co.jp/dp/4865435530?tag=myisbn-22

【講師歴】
大阪府の「産学官連携による実践的キャリア教育専門家育成事業」
大阪市立小学校の「校内教職員研修『キャリア教育入門』」
大阪市立小学校、中学校の児童・生徒向けキャリア教育(いまの学びを将来と結び付けながら取り組む学習)
広報担当育成事業者主催の「プレスリリースの作り方」講座
企業、学校、PTA関係者を対象にした「記事の作り方」の講座・研修

【選考委員】
大阪市城東区広報誌コンペ選考委員
■マンガ■樗木厚(おおてき・あつし)
小学校教諭
1969年京都府京都市生まれ。
大阪教育大学(教育学部・小学校美術)卒業。
デザイン会社勤務を経て小学校教諭。

【受賞歴】
『ヤングアニマル』(白泉社)月間新人賞 奨励賞
『ヤングアニマル』(白泉社)月間新人賞 ピックアップ賞
『グランドチャンピオン』(秋田書店)月間新人賞 期待賞

【著 書】
『小学理科問題 覚えるまで終われま10(テン)! 3・4・5・6年生編―理科が苦手な児童の成績がグングン伸びる』(浪速社)
『マンガでわかる小学理科』(浪速社)
『マンガで小学国語力アップ』(浪速社)
『小学教諭の童話集でお悩み解決』(浪速社)
『けん玉で集中力を養う』矢野博幸・著、樗木厚・絵(浪速社)
■著者■加星宙麿
地元紙記者
1976年大阪府生まれ。大阪市立大学大学院・修士課程修了。
2003年から大阪の地元紙記者。行政や教育、労働、経済などを担当。キャップ、デスクを歴任。

【著書】
『「キャリア教育力」が未来をひらく―高校選びの新指標』(メディアイランド)
http://www.mediaisland.co.jp/author/author93.html

『あなたと日本の未来を変える教育法「褒め結び」』著・加星宙麿、マンガ・樗木厚(デザインエッグ)
http://www.amazon.co.jp/dp/4865435530?tag=myisbn-22

【講師歴】
大阪府の「産学官連携による実践的キャリア教育専門家育成事業」
大阪市立小学校の「校内教職員研修『キャリア教育入門』」
大阪市立小学校、中学校の児童・生徒向けキャリア教育(いまの学びを将来と結び付けながら取り組む学習)
広報担当育成事業者主催の「プレスリリースの作り方」講座
企業、学校、PTA関係者を対象にした「記事の作り方」の講座・研修

【選考委員】
大阪市城東区広報誌コンペ選考委員

読者の声

マンガも交えながらまとまっているので、分かりやすく一気に最後まで読めた。
この本に書かれてることを参考に、仕事の進め方を見直して効率化を図っていきたい。
(教育教材開発会社代表)

とても面白く、いろいろ気付きがあった。
確かに清潔で整理整頓されている会社は、仕事のやり方も合理的で美しく、信頼できるところが多い。
(マーケティングPRコンサルタント会社代表)

1社の視点だけでなく、多くの事例が載っているので勉強になった。
(大手メーカー経営管理担当者)

1社の視点だけでなく、多くの事例が載っているので勉強になった。
(大手メーカー経営管理担当者)