このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
03-5436-6755
受付時間:平日10:00~18:00

プロテインOEM(企画・製造)


プロテインの自社製造販売の経験のある弊社がオリジナルプロテインの企画~製造、販売支援まで一貫してご提供させていただきます。

様々な原料と国内GMP認定向上との取り組みにより、小ロットかつ安価にご提供することが可能です。

プロテイン製造における大きな壁

●製造ロットの問題
弊社も自社プロテイン製品を作る際に大きな壁として、ロットの問題が大きく立ちはだかりました。
最小ロットでも500kg~、フレーバーを仮に2種設けることも含めると1,000kgの製造は在庫リスクを大きく抱えることになります。

●競合優位性の問題
プロテインに関して、競合優位性は非常に大きな販売要素となります。様々な成分を処方するとたんぱく含有率が下がってしまい、たんぱく含有率を考慮すると成分が限られてしまい、味も損なってしまいます。競合他社との優位性を見出しにくい製品でもあるのです。
●物流管理費の問題
プロテイン製造の場合、サプリメントと異なり粉末かつ1食分の摂取量が多いことから、1kgでの販売を行う会社が多く、かつ売れ筋も1kgのものが人気となっています。
そのため、物流保管費や配送費用も販売の際に考慮しないといけません。
●物流管理費の問題
プロテイン製造の場合、サプリメントと異なり粉末かつ1食分の摂取量が多いことから、1kgでの販売を行う会社が多く、かつ売れ筋も1kgのものが人気となっています。
そのため、物流保管費や配送費用も販売の際に考慮しないといけません。
●プロテイン成分処方の問題
プロテインと一概にいっても、様々な種別があります。
きちんとしたマーケティングを行い、どの顧客に対して、どのような必要成分があり、どのくらいの種類を製造するか等を考えなくてはなりません。加工メーカーや原料メーカーはノウハウを持っていないため、自社でマーケティングを行う必要があります。
●製造タイムラインの問題
プロテインの賞味期限は約1年半~2年となります。
そのため、販売スケジュールや出口戦略を明確に行わないと在庫リスクも大きく伴ってしまいます。


●一定の品質管理
日本のプロテインは、輸入がメインとなり各年原料の品質が微妙に変化するなど非常にシビアな原料です。そのため大手の安定した原料メーカーのものを使用する必要があります。


●一定の品質管理
日本のプロテインは、輸入がメインとなり各年原料の品質が微妙に変化するなど非常にシビアな原料です。そのため大手の安定した原料メーカーのものを使用する必要があります。


弊社の強み

①原料メーカーとの直契約

プロテインの原料は、約90%以上は輸入で賄っています。
そのため、商社経由での原料調達が主流ではありますが、自社でこだわりのプロテインを作りたいという思いとお客様に安価なプロテインを提供したいという想いにより様々なメーカーアプローチを行ってきました。

その結果、アメリカ、欧州等プロテイン大国の日本法人との直契約により高品質かつ安価な原料調達を実現しています。

② 日本国内唯一の小ロット対応

日本国内では最小ロット対応できるのは弊社のみです。
最小ロットとは言え、200kg~でも在庫等のリスクも発生してしまい、お客様のニーズからすると様々な種類のフレーバーや成分がある必要があります。
弊社は50kg~対応でき、かつGMP認定加工メーカーとの提携により品質も維持しております。

③完全オリジナルプロテインの製造

弊社がご提供するプロテインは、既存の製品のパッケージを変える等の対応ではなく、御社の完全オリジナルプロテインをご提供することが可能です。その場合のロット数も最小50kg~対応しております。原料の特定もなく、処方からご提案することも可能です。

④ GMP認定工場での製造

GMPとは「Good Manufacturing Practice」の略で、製造所における製造管理、品質管理の基準のことです。 原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められております。その認定を受けた工場での製造のため、安心してユーザーへお届けが可能になります。

⑤販売支援

弊社の独自ネットワークをご紹介させていただき、販売支援も行っております。
リテール戦略も同時に考えられているクライアント様はぜひお声がけくださいませ。

・パーソナルトレーニングスタジオ
・ヨガスタジオ
・スポーツ小売店
・アスリートキャスティング
・Amazon販売支援
・楽天/Yahooショッピング販売支援
・自社サイト販売支援

⑥ 販売戦略の組み立て

商品を製造開発しても売れなければ意味がありません。
弊社は、プロテインマーケット、日本人の食文化の革新をモットーに事業を行っています。そのため、製造頂いた商品の普及するまでが仕事と考えております。

また、Webマーケティングに強いのも弊社の特徴です。
クライアント様の既存顧客のヒアリングを行い、そこにあった製品のご提案や、自社販売実績をもとに、販売チャネルの選定やターゲットユーザー選定から一貫してご提案が可能です。費用に関しては無料で行わせていただいておりますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

アンチドーピング認定取得も可能

アメリカ/イギリスのインフォームドチョイスの認定取得も代行で行うことが可能です。

【インフォームドチョイスとは?】
国際的なアンチドーピング認証機関である英国:LGC社の運営する、商品に禁止物質が含まれていないことを証明するプログラム。

取得には別途費用が発生いたします。
※ご希望の方はお問合せくださいませ。

様々な原料の対応が可能です!

ホエイプロテイン
(WPC/WPI/CFM)

一概にホエイプロテインと言っても、数種類のプロテインが存在します。


【WPC(Whey Protein Consentrate)】
最も日本国内で流通しているプロテイン原料。
たんぱく含有が80%以下のものを指し、乳糖を含むため少し御腹が緩くなる傾向もあります。

【WPI(Whey Protein Isorate)】
WPCはたんぱく含有が80%以下に対し、WPIはたんぱくの抽出方法により90%前後のものを指します。
乳糖が少ないことからWPCを飲めない方やパフォーマンス向上のためにたんぱくを多く摂取したい方にお勧めです。

ソイプロテイン

ソイ(大豆)プロテインは、主にダイエット向けやシニア層などに人気の原料です。
植物性という点から脂質が少なく置き換えダイエットにもよく使用されます。
味付けのしやすさも定評があります。
プロテイン原料
プロテイン原料も様々、各原料の用途や目的によって最適なご提案をさせて頂きます。
▼動物由来プロテイン
 ・ホエイプロテイン(アメリカ産・ニュージーランド産・ドイツ産・スイス産等)
  WPC製法 / WPI製法 / CFM製法
 ・グラスフェッドプロテイン(WPIのみ)
 ・カゼインプロテイン
 ・サーモンプロテイン

▼植物由来プロテイン
 ・ソイプロテイン
 ・玄米(ライス)プロテイン
  有機JAS認定原料も取り揃えております。
 ・ピー(エンドウ豆)プロテイン
アミノ酸原料
プロテインと相性の良いアミノ酸。多数の原料を取り揃えております。
▼必須アミノ酸
 ・バリン / ロイシン / イソロイシン(BCAA系)
 ・メチオニン / リジン(リシン) / フェニルアラニン / トリプトファン / スレオニン(トレオニン) / ヒスチジン

▼非必須アミノ酸
 ・アルギニン / グリシン / アラニン / セリン / チロシン / システイン
  アスパラギン / グルタミン / プロリン / アスパラギン酸 / グルタミン酸

その他の原料
プロテイン製造に相性がいい原料や味付けなどの添加成分のご提案。
▼甘味料(糖質)
 ・人工甘味料:スクラロース / アセスルファム(K)
 ・天然甘味料:ステビア等
 ・マルトデキストリン / パラチノース / クラスターデキストリン / ぶどう糖 等

▼ビタミン・ミネラル
 カルシウム / マルチビタミン / ビタミンA、C、D、E / マグネシウム / 鉄 / ヘム鉄 / 

▼その他機能性成分
 ・クレアチン / HMB / No系
プロテイン原料
プロテイン原料も様々、各原料の用途や目的によって最適なご提案をさせて頂きます。
▼動物由来プロテイン
 ・ホエイプロテイン(アメリカ産・ニュージーランド産・ドイツ産・スイス産等)
  WPC製法 / WPI製法 / CFM製法
 ・グラスフェッドプロテイン(WPIのみ)
 ・カゼインプロテイン
 ・サーモンプロテイン

▼植物由来プロテイン
 ・ソイプロテイン
 ・玄米(ライス)プロテイン
  有機JAS認定原料も取り揃えております。
 ・ピー(エンドウ豆)プロテイン
サプリメント企画・製造も承っております。
もちろん小ロット可能!お気軽にお問合せくださいませ!

商品製造の流れ

商品製造に必要な工程は多くございますが、一貫してご提供しておりますため、ご安心くださいませ。

STEP.1
【お打合せ】
クライアント様のニーズをヒアリングさせていただき、最適なプロテインのご提案をさせて頂きます。
STEP.2
【製品処方とお見積り】
頂いたニーズをもとに処方を組ませていただき、訴求ポイントをまとめお見積りを出させていただきます。

STEP.3
【サンプルのご提供】
2試作まで無料でご提供させていただきます。
追加の試作に関しましては、別途料金を頂戴しております。
STEP.4
【製造開始】
処方が決定後、製造に移ります。スケジュールや納期等は工場稼働によって異なります。
STEP.5
【納品】
指定納品先に、商品を納入させていただきます。
STEP.5
【納品】
指定納品先に、商品を納入させていただきます。

プロテインのお見積り


プロテイン製造にはどのようなコストがかかるのか。
大手のプロテイン製造会社はこの金額を曖昧に、かつプロダクト単位で出してくる会社が多く存在します。

我々は明瞭会計でクライアント様のプロテイン製造に取り組みます。





期間限定!今ならサンプル代金無料!

新規お問合せキャンペーン
試作サンプル費用 無料!
1サンプル:30,000円(税抜)
キャンペーン期間:2019年6月1日~2019年8月31日

※当キャンペーンは予告なく終了する可能性がございます。
※参加の方は事前審査を行わせていただきます。



会社名 株式会社メイクボディ
本社所在地 東京都品川区上大崎2-23-7
ホテルプリンセスガーデン内2階
電話番号 03-5436-6755(代表)
HP https://makebody.jp/
メールアドレス info@makebody.jp
事業内容 ●エステサロンの運営
●サプリメント企画・製造・販売
●プロテイン企画・製造・販売
●Webコンサルティング事業
●アスリート支援事業
HP https://makebody.jp/

お問合せフォーム


プロテインの製造に関するお問合せは以下フォームにて承ります。
24時間以内には担当より返信をさせて頂くよう努めておりますが、多数のお問合せを頂いておりますため、24時間を超える場合がございます。その際は、大変お手数ではございますが、再度お問合せ頂きますようお願い申し上げます。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信