神経症で悩んでいる人のための
コミュニケーション&人と楽しくつながるためのワークショップ
(半日)

コミュニケーショントレーニングと身体を動かすワークで楽しく人とつながるきっかけをつくりませんか

申し込み

脇見恐怖症、視線恐怖症や対人恐怖症などの神経症で悩んでいる方はとても多いです。
学校で、職場で、街中で神経をすり減らし、心身ともに疲れちゃいますよね。

そんな神経症の方向けの個人サポートやグループプログラムを当カウンセリングオフィスでは専門的に行っております。
様々なワーク(エクササイズ)を重ねていく中で症状が徐々に軽減し、自分自身の自由な人生をみなさん取り戻していっています。

今回のワークショップは、そんなワークの中から、
コミュニケーショントレーニングと、音楽とともに身体を動かすワークに絞り、半日の講座を開きます。

「症状のせいで人とうまく関われない」
「症状のせいでまわりの人から避けられているかも」
そう感じることってあるかもしれません。

しかし、これらは実は症状のせいではないのです。
自分の視線がまわりを不快にする?からでもなく、
緊張がまわりに伝わる?からでもなく、
挙動不審さが相手を警戒させる?からでもありません。
多くはコミュニケーションスタイルが引き起こしています。
症状が問題なのではなく、
症状を気にするあまり「遠慮しがちなコミュニケーションスタイル」になってしまっていることの方が問題なのです。

ワークショップでは、「遠慮しがちなコミュニケーションスタイル」がいかに相手との距離をつくってしまうかを体験的に理解しつつ、人と親しくつながるためのコミュニケーションスキルを学びます。

コミュニケーションは「スキル」です。「センス」ではありません。
練習すれば誰でも上達します。
筋トレと同じように、練習時間に比例して神経が鍛えられていくのです。

あわせて、講座では、音楽にあわせて身体を動かすワークも行います。
神経症にはまりこむと、ココロやカラダに緊張や不安が蓄積され柔軟性が失われた状態になっていきます。
自分自身を守ろうと(本当は守る必要はないのですが…)、無意識にギュッとチカラが入っていることも多いでしょう。
音楽にあわあせて身体を動かしていくことにより、ココロやカラダをゆるめ、オープンにしていきます。
そして、仲間とつながることの楽しさを感じてもらいます。

同じような悩みを持つ人たちと、安心の場で、悩みを共有し、一緒に楽しく学び合う。
それ自体が癒しをもたらしてくれるし、人と関わることについてポジティブな意味づけを与えてくれるでしょう。


一緒に楽しい学びの時間を過ごしましょう。


ワークで取り組む内容

☑ 「遠慮しがちなコミュニケーションスタイル」がどのように相手との距離を作り出してしまうのかを体験的に理解する
☑ 相手と親しくつながるためのコミュニケーションのコツを学ぶ
☑ 音楽とともに身体を動かすワークにより、ココロとカラダをゆるめる
☑ 人と関わることの楽しさを感じ、対人緊張をゆるめる

日程:2018年9月17日(月(祝))10:40~15:30
(開場は10:20~)
 
参加費:4,500円(税込み)
※お手続き方法の詳細はmailにて連絡差し上げます(web経由でのお手続きとなります)

 対象
:神経症(脇見恐怖症、視線恐怖症、対人恐怖症など)でお悩みの方

定員
:14人 
場所:LIBRA SQUARE レンタルスタジオ「Bスタジオ」
東京都荒川区南千住1-15-4トリニティ三ノ輪6F
(日比谷線三ノ輪駅より徒歩4分) 

持ち物:動きやすい服装、タオル、着替え(汗をかくと思います)

ページ下部のボタンよりお申込みください
 
※最新のセミナー・ワークショップ等の情報はページ下部の「LINEでワンポイントアドバイス」登録にて無料配信中

講師・ファシリテーター

カウンセリングオフィス Kizkey
代表 森 昭一郎
(プロフィールはこちら

会場

LIBRA SQUARE レンタルスタジオ「Bスタジオ」
日比谷線三ノ輪駅徒歩4分・アクセス詳細はこちら

※ご注意ください。迷惑メール設定によっては申し込み完了後のご案内メールの受信を拒否してしまう場合があります。設定にご注意ください(特に携帯キャリアのメールを用いている場合)。お申し込み後1日以内にメールが届かない場合、お手数おかけしますが、配信元アドレスである”taijin@kizkey.net”からの受信を許可する設定をした上で再度お申込みいただくか、当オフィスまでお電話にてお問合せください。

FAQ

Q
対人緊張があるのでグループでのプログラムに抵抗あります
A
お気持ちよくわかります。でもご安心ください。対人緊張があるからこそ、「まわりは仲間」という場で安心して学んでください。安心した環境において人と関わる中でこそ、対人緊張が少しづつほぐれていきます。同じような心配をされている方はとても多いですが、みなさん口を揃えて「思い切ってグループに参加してよかった」とおっしゃいます。必要なのは「人と関わりたい」という気持ちだけです。
Q
神経症はこの一回で治りますか
A
この半日で症状を完治させることを目指したプログラムではありません。人と親しくつながるためのコミュニケーションスキルを学びます。それとともに音楽にあわせて身体を動かすワークによりカラダとココロに深く入り込んでしまっている緊張や恐怖を少しゆるめていきます。
Q
一人でも参加できますか
A
もちろんです。お一人での参加の方が多いです。これまで開催した経験上、ワークショップ開始前は初対面どうしで皆さん緊張しているのですが、終了後は会場を閉める直前まで楽しそうに懇談したり連絡先の交換をしていました。中にはそのまま飲み会にいく人たちも。一人の方にこそ来ていただきたいです。
Q
どのような年代の人たちが参加していますか
A
これまでのワークショップやセミナーでは、高校生から50代の方まで幅広い年代の方が参加されています。
Q
緘黙(場面緘黙)にも効果がありますか
A
緘黙はお辛いですよね。緘黙症状の緩和にはまた別のワークやカウンセリングが必要になってきます。今回のワークショップは緘黙の方には少しハードルが高いかもしれません。
Q
対人緊張があるのでグループでのプログラムに抵抗あります
A
お気持ちよくわかります。でもご安心ください。対人緊張があるからこそ、「まわりは仲間」という場で安心して学んでください。安心した環境において人と関わる中でこそ、対人緊張が少しづつほぐれていきます。同じような心配をされている方はとても多いですが、みなさん口を揃えて「思い切ってグループに参加してよかった」とおっしゃいます。必要なのは「人と関わりたい」という気持ちだけです。

LINEでワインポイントアドバイス

脇見恐怖症・視線恐怖症、不安障害などの克服や改善に役立つワンポイントアドバイスをLINE@で配信しています。(無料)
①症状で疲れてしまった場合のリラックス方法
②症状にとらわれてしまった時のリセット方法
③他の人がどうやって改善したのかそのポイント
④セミナーやワークショップの最新情報
などを順次配信しています。
登録&解除は簡単!登録していることを他の人に知られることもありません。

詳細&登録はこちらから

お問い合わせはお気軽にどうぞ

カウンセリングオフィス kizkey
tel : 03-4571-0090
mail : taijin@kizkey.net

火曜~日曜の10~20時。セッションや講座中は電話に出ることができません。折り返しご連絡いたします。