初めまして!河崎みかです

夫の海外駐在について、29歳から始まった海外生活。

転勤のたびに、韓国、中国、アメリカと拠点が移動すること10年。

その間に子供も生まれ、4人家族となります。

移動や子育てなど、自分ではコントロールできないことが日常茶飯事になっていました。

そんな中、未曾有のコロナ禍がやってきます。

私はますます家族のお世話に追われて、自分のことを何も考えない日々。

もう自分の未来のことなんて、どうでもいいや。
夫に言われる通りに移動して、子供が大きくなるまでは子育てして、
なんとなく流れに任せて生きていけばいいや。

だって、私がどうこうできる要素なんて、今の生活には何もないのだから。

そんな風に投げやりになっていたのです。

そのほうが、傷つかなくて済む。

私が何かに本気になってしまったら、家族に合わせることができなくなってしまう。
そうしたら、家族の幸せは壊れてしまうのだから。

そんなことで、家庭内にいざこざが起きたり、自分が悩んだりするのが怖かったのです。

......


ある日、久しぶりに鏡に映る自分を見ました。
初めての駐在生活が始まった29歳の私は、すでに40代。

これは…時が流れているぞ。これからも流れていくぞ。

私は、このままただ歳を重ねて老いていくだけなの?
自分の人生、自分の可能性をこのまま家族だけにゆだねるの?

確かに、家庭人として自分だけで決められないことが沢山ある。
でも、私の人生の全てが決められないわけじゃない。

家庭人として幸せな道を選びながら、自分の可能性にも挑戦していく余地があるんじゃないか?

自分の人生だけは、自分主導で創るものなんじゃないのか?

そうして模索しながら出会ったのがコーチングだったのです。

......


私は初めて、自分の人生というものを直視しました。

直視するというのは、自分の言葉で自分のことを語るということ。

認めたくない自分、情けない自分、勇気がある自分、可能性に満ちた自分…

様々な自分の姿があらわになりました。

その中で、自分の希望する未来がはっきりと自分の口から語られます。

歳を重ねても、楽しく続けられる仕事を持ちたい。

そこに向けて、ようやく動き出せた衝撃。
自分の人生を、自分の意思で歩んでいる実感。
目指す未来に向かう中で湧き上がる、どんな感情も愛おしい自分であるという自信。

その体験を、同じ境遇の方たちにも味わってほしい。

家族を大切にしたい想いと、自分の可能性を追求したい想い。

その2つがぶつかって、身動きできないあなたに。

その想いは、相反するものではなく、一緒に叶えていくことができます。

プロフィール

  • 1978年 イギリス生まれ
  • 父の海外駐在により、小学校の4年間オーストラリアで過ごす
  • 夫の海外駐在により、3カ国(韓国/中国/米国)に滞在
  • 海外駐在生活11年目/アメリカ・シカゴ在住
  • 営業事務/エステティシャン/社長秘書
    相手をサポートする立場として12年間キャリアを積む
  • 専業主婦として10年以上、海外で家族を支える
  • 海外出産で2児の母
  • 父の海外駐在により、小学校の4年間オーストラリアで過ごす

こんな悩みで身動き取れずにいませんか?

  • 家族が優先で、自分の人生を描けない
  • 自分の力を100%出せていない
  • 仕事から離れてしまい、強みや才能が分からない
  • 変わりたいけど、どうしていいのか分からない
  • 変化するのが怖い
  • やりたいことが分からない
  • 自分の未来について、話せる人が身近にいない
  • 本当の希望は、叶うはずがないとあきらめている
  • 自分の力を100%出せていない

家族を大切にしたい
自分の可能性も追求したい

ふたつの想いがぶつかって
身動きできないあなたへ

人生2割アップコーチング

いつでも どこでも いくつになっても 
家族を大切にしながら
あなたの希望は実現できます!
第一歩を応援します!

LINEでお友だちになりましょう


CONTACT

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。