【山梨甲府整体院】
山梨県甲府市大里町1876-1
ドリームハウス3-103

膝が痛くてこんなことにお悩みではありませんか?

  • 膝が変形して軟骨がすり減ってるから手術しかないと言われた
  • このまま悪くなったら歩けなくなるんじゃないかと心配
  • ヒアルロン酸注射痛み止めで対処してるが良くならない
  • 歩けないことで職場や家族に迷惑かけたくない
  • 膝が痛くて歩きたくても歩けない
  • 膝が曲がらないので正座しゃがむことができない
  • 階段は一段一段足を揃えながらじゃないと怖くて歩けない
  • 膝が痛くて歩きたくても歩けない

これが証拠!
お客様の喜びの声

膝の激痛で歩けなくなるんじゃないかと不安だった。痛みの原因とどうしたら良くなるのかを知って行動したら痛みがなくなっただけじゃなく、この先の不安もなくなった(お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。)

膝にヒアルロン酸注射をしていた。4回の施術で痛みなく歩けて正座もできるようになった(お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません)

膝が痛くて正座ができず、足を引きずって歩いていた。病院とは真逆のことを指導され驚いたが、年齢も仕事も関係ないということが分かりました。

変形性膝関節症で手術を宣告され車いすを使っていた。1ヶ月で杖を使わないで自信を持って歩けるようになった(お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません)

膝が痛くて足を引きずりながら歩いていたが1ヶ月で痛みが取れ、正座もできるようになった。膝を悪くさせている原因が自分だと知り理解と行動の大切さが実感した(お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません)

半月板の手術をしたのに再発してまた手術を勧められた。本当の原因が半月板じゃないことを知り、言われたことを守って行動したらエアロビクスも再開できるようになったお客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません)

半月板損傷で引きずって歩いていたが、痛みがなくなり畑もできるようになった。

炎症が原因だと思い込んでいた膝の痛み。本当の原因が理解できたら不安が楽になり痛みも軽減した

スキーで膝を痛めてこの先が不安だった。痛みの原因を知り、自分の考え方や行動が大事であることを学び今後についても自信になった。

いかがですか?
きっとあなたの症状もこの方たちと同じように改善に向かいますよ。

そのためにもまずはあなたが苦しんでいる膝の痛みについて理解しておく必要があります。

そもそも膝の痛みとはどんな症状なのか?

膝の痛みは一般的に、
軟骨がすり減ってること
・関節が変形していること
によって痛みが出ると考えられていますし、専門書にもそのように記載されています。

実際の例でお話しすると、
突然痛くなったわけではなく、以前から違和感程度に感じていた膝の痛み。
そのうち良くなるだろうと思っていたのがだんだん痛みを感じることが多くなり、正座やしゃがむことができない、階段や立ち上がりで痛かったのが歩くだけでも痛みを感じるようになった。
心配になって病院で検査をすると
「軟骨がすり減っています。関節の隙間も狭くなって変形しています」
と先生はレントゲン画像を見ながら説明してくれます。そして、
「まだ手術をするほどでもないから、注射と痛み止めで様子を見ましょう」
という指導があり通院が始まるというケースが多いです。

病院や整骨院、整体院での一般的な対処法

膝の痛みで病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

  • ヒアルロン酸注射
  • 痛み止めの薬、湿布
  • サポーター
  • 電気、温熱療法
  • マッサージ、ストレッチ
  • 筋トレ、ダイエットの指導
  • 痛み止めの薬、湿布
というものがあります。
ですが、なかなかこれでは良くならないのが実情です。

では、どうしてあなたの膝の痛みは良くならないのでしょうか?

なぜなら膝の痛みの本当の原因は変形や軟骨ではないから

関節の変形や軟骨のすり減りでは痛みは出ないことは専門書にも記載されている事実

膝の痛みの原因として一般的に説明されるのが、

関節の変形
・軟骨のすり減り

ですが、これらで痛みが出ることはありません。
なぜなら、関節の軟骨には痛みを感じる神経が存在しないからです。
爪や髪の毛が切っても痛くないのと同様に、軟骨がすり減っても、関節が変形して軟骨がぶつかり合っても痛みを感じることはないということが解剖学的事実ということです。

このような解剖学的にも証明されていることがあるにも関わらず、レントゲンの画像を見ながら、
「関節が変形してしまっているので痛いのです」
「軟骨がすり減ってしまって、関節の隙間が狭くなっているから、軟膏と軟骨がぶつかって痛いのです」
と説明をされてしまうので、
「確かに変形してるし、隙間が狭くなってるからぶつかって痛みが出ても仕方ない」
と間違った解釈で納得してしまうのです。
痛みの原因を間違って解釈してしまうために、対処の仕方も間違ってしまうので、一生懸命努力しても思うように行かないという結果になってしまうのです。

なぜ当院では膝の痛みに対応することができるのか?

痛みの本当の原因にアプローチしていくから

一般的に行われているのは、出ている症状を抑えるための対症療法としての処置です。

・痛いから痛み止め、
・水が溜まっているから水を抜く
・痛いからサポーター

れでは「何で悪くなったのか?」という原因に対して処置がされていないので、一時的に良くなったとしてもまた再発してしまいます。

当院では痛みの本当の原因に対してアプローチしていきます。
痛みの原因は多くの場合で身体の使い方、日常生活での習慣によって膝周りの筋肉に負担をかけてしまい、筋肉が硬くなることです。
つまり痛みを出している本当の原因は筋肉です。
筋肉だから、その日によって痛みの状態に変化があるし、マッサージやストレッチ、入浴することで筋肉が柔らかくなると痛みが緩和されたり、膝が動かしやすくなるという変化が起こります。

骨が原因であれば、何をしても骨は変化しないんだから症状にも変化は出ないはずです。

ですから、アプローチの方向としては硬くなってしまった筋肉を柔らかく緩めてあげれば症状は改善するということになります。

しかし、硬い筋肉を緩めるだけでは問題解決にはなりません。
なぜなら、筋肉が硬いから緩めるでは対症療法にしかならないので、また硬くなってしまいます。
本当にやるべきアプローチは、

【何で筋肉が硬くなるの?】

ということ。
この硬くさせてしまう原因が分かったら、硬くさせないように行動することができるようになるので、悪化することも、何度もぶり返すようなこともなくなって、根本的に改善することができるようになっていきます。

施術ポイント1 太もも、下半身の筋肉を緩める

膝に痛みを出しているのは太ももの筋肉ですので、この部位の筋肉を緩めていきます。
また、膝は股関節と足首の間にある関節のため、この上下の関節の影響を受けやすい位置に存在しています。
そのため股関節と足首に関わる筋肉も緩めていきます。
そうすることで膝が動かしやすくなり、太ももの筋肉も緩みやすくなって症状がなくなっていきます。

施術ポイント2,何で悪くなったのかをあなた自身が正しく理解する

あなたの症状は最初から今と同じ症状が出ていましたか?
最初は「違和感」や「少し痛い」程度だったのが、だんだん強くなって、範囲も広がっているはずです。
なぜ悪化していくのか理由を聞いたことがありますか?
当院ではここを明確にあなたに理解してもらうためにお伝えします。
その原因をあなたが理解することができれば、普段の生活から悪化や再発も防ぐための行動をすることができるようになって自分で対処できるようになるからです。

その上で施術した方が効率がいいですよね。

施術ポイント3 日常生活での過ごし方

施術することによってその場だけ良くなっても、帰ってからすぐに元に戻ったでは意味がありません。
施術の効果を持続させるため、また悪化させないための自宅での過ごし方をお伝えします。

・体を動かした方がいいのか、安静にした方がいいのか?
・痛み止めは飲んだ方がいいのか?
・サポーターは?湿布は?
・ストレッチや筋トレは?
・正座やしゃがむことは?

などあなたが疑問に感じていることについて明確にお答えします。

実は多くの方が自分で症状を悪化させてしまう過ごし方をしてしまっているので、なぜ良くないのか?どうすればいいのか?を具体的にお伝えします。

当院は以下のことを一切行いません。必要ないからです。

  • 痩せなさいとの指導
  • 足の筋力をつけるように筋トレの指導
  • サポーター着用の指導
  • 電気、温熱治療
  • 自宅で行う体操、運動の指示
  • 自宅で行う体操、運動の指示

当院はこのような方が来院されています

  • 変形性膝関節症と診断されて何年も膝が痛い
  • 関節の軟骨がすり減ってるから痛いと言われた
  • ヒアルロン酸注射を続けたが良くならない
  • 手術を勧められている
  • 変形がひどいので痛みは良くならないと諦めている
  • 半月板損傷と診断された
  • 変形がひどいので痛みは良くならないと諦めている

施術料金のご案内

施術料:7,000円(税込)

あなたの今の状況を細かくカウンセリングさせて頂き、原因を特定させていただきます。その上で優しい整体で施術していきます。

しかし、どれだけ良いって言われても、実際行ってみないとわからないっていうのが本音のところですよね?
そこで当院で初めてのご縁をつなぐための特典を用意致しました。
営業時間 9:00 - 20:00
まずはお電話でご相談ください
055-209-2072
山梨県甲府市大里町1876-1
ドリームハウス3-103
完全予約制
土日も営業
(不定休)

当院が選ばれる5つの理由

1 、時間をかけたカウンセリングで本当の痛みの原因が分かる

当院では痛みがおこっている状態、症状、日常生活の状況、過去の怪我や手術などについての確認など、根本的な原因を探ります。
痛みの本当の原因が分かればどうやって施術していけばいいのかが分かります。
そしてこれから何のためにどのような施術をしていくかのスケジュールをわかりやすく説明いたします。

2 どうやって良くなるのかが分かる

「〇〇の理由でこうなってるから、こうすれば良くなる。だからあなたは普段〇〇をして過ごしてください」
のようにあなたにも現状を把握していただき、その上でどのように生活すれば良くなるのかを理解していただいて実践していただきます。
ただ痛みを取るだけでなく、その先の目標を達成するためにはどうしたらいいのかを考えて、まずはこれ、これが達成できたら次はこれ・・・と最終的な目標が達成できるような明確な道筋をお伝えします。
どうやって良くなっていくのかが分かった方が前に進みやすいですからね。

3、自分で対処できるようになる

「痛くなったから施術を受けて良くしてもらう」では、この先ずっと施術に頼らなければいけなくなってしまいます。
痛みが出ても自分で対処できるようになりたくないですか?
当院では、「何で悪くなるのか?」をお伝えします。
悪くなる理由が分かったら、悪くさせないようにするにはどうしたらいいのかが分かります。
悪くさせないことが分かったら、どうすれば良くなるのかも分かります。
ここまで分かるようになれば、再発した時に自分で対処できるようになります。

4、再発の不安から解消される

痛みが良くなっても「再発が心配で思い切って運動ができない」、「施術を続けないとまた悪くなるかもしれない」と再発を怖がってしまうと施術を受けることに依存するようになってしまい、いつまでも不安が残ってしまいます。
痛みが取れても、不安が残ってたら良くなったとは言えません。
再発しないようにすることは大事ですが、この先一生、再発しないと考える方が無理があります。
それよりも、再発しても自分で対処できるから大丈夫!と自分に自信が持てるようになった方が不安が解消されます。
当院では痛みを取るだけでなく、この先の不安を克服できるようにしていきます。

5、頑張らないセルフケア

当院では膝の痛みのセルフケアとして一般的に言われる、ストレッチ、減量、体操は一切行いません。
やらなくても良くなるからです。
これらを頑張りすぎているから悪化させてしまっているケースのが多いです。
頑張らないで楽して改善する。これが当院の方針です。

私の想い

手術を迫られて悩んでいる人を1人でも多く救いたい!

膝の痛みで「軟骨がすり減っている」、「膝の関節が変形している」、「半月板が損傷している」と言われてもほとんどの方に手術は必要ないと私は考えています。

しかし、人口膝関節置換術の手術件数は年々増えており今では年間8万例以上、10年前から約2倍に増えています。検査や薬が進歩してるにも関らず、手術を選択してしまう方は減るどころか増えてしまっているのです。

もちろん、手術をして良かったと思っている方も大勢いらっしゃるはずですが、手術しないで自分の膝で歩き続けることを誰もが望んでいることであると思います。

手術しないと治らないのか?と悩んでいる人を1人でも多く救いたい!
これが私の想いです。

お試しキャンペーン


営業時間 9:00 - 20:00
055-209-2276
山梨県甲府市大里町1876-1
ドリームハウス3-103
完全予約制
土日祝日も営業
(不定休)
え?なぜ初回は2,980円なの?
と思った方へ

この値段には理由があります

「膝の痛みを克服したい…でも初めて行くところは心配」


「良いことは書いてあるけれど本当に治るの?」

「痛いことをされたらどうしよう…」

「安い金額ではないし…」

電話をするまでに多くの不安があると思います。

ですので、まずはあなたの症状を聞かせて下さい。

割引料金とはいえ、私は本気で向かい合います。

あなたも本気で今の痛み、悩みを私にぶつけて下さい。


 


来院までのステップ

Step 1

電話

「インターネットで見て電話しました」
とお伝え下さい。
施術中の場合には、折り返し電話させていただきます。
お名前と電話番号をお聞かせ下さい。

Step 2

症状について聞かせて下さい

予約を決定する前に症状について聞かせていただきます。
その症状が当院で改善できるのか、その他医療機関への受診が必要になるのか判断させていただきます。

Step 3

予約日時の決定

出来るだけ10日以内で予約を受付できるようにしています。
その際、あらかじめ来院できる日時を第3希望までお考えいただくと、予約がスムーズになります。
ご協力下さい。
来院時の服装や駐車場についてもこの時お伝えさせていただきます。

よくある質問

  • Q.
    膝の変形がひどいのですが、それでも良くなりますか?
    A.
    変形を元に戻すことはできませんが、痛みは良くなります。またそれに伴う生活での悩みを改善することができます。
  • Q.
    軟骨がすり減ってるから痛いと言われたのですが、良くなりますか?
    A.
    軟骨がすり減っている、無くなってしまっているような方でも痛みを改善することはできます。
    上でも解説してある通り、軟骨の状態と痛みは関係がないからです。
  • Q.
    高齢でも良くなりますか?
    A.
    当院では最高93歳の方でも膝の痛みが改善しています。
    高齢でも家の中を何とか歩くことができる状態であれば、改善することはできます。
  • Q.
    どの程度の期間通えば良くなりますか?
    A.
    その方の症状によることは当然です。半月で満足する状態まで改善する方もいれば、3ヶ月以上かかる方もいます。
    当院では「患者様自身が自分で治す」ものだと考えています。
    何よりも大事なのはご本人の良くしたいという気持ちと、良くするために行動をすることです。
  • Q.
    どの程度の頻度で通うのですか?
    A.
    あくまでも目安ですが、最初の3回目までは週に2回、それ以降は週に1回、良くなってきたら2週間に1回というケースが多いです。
    最初だけ詰めてきて頂くのは、膝を改善するためにはどうしたらいいかを患者様に理解していただくためです。それができたらご自身で良くするための行動ができるようになるので、週1回程度でも良くなっていきます。

  • Q.
    半月板が損傷していると言われたのですが、良くなりますか?
    A.
    半月板損傷でも痛みを改善することができます。
    半月板と聞くと手術するしかないと考えてしまいますが、半月板が損傷してもそれが痛みを出すわけではありません。軟骨と一緒で、すり減っても、欠けても痛みを感じることはないので手術の必要はありません。痛みを出しているのは筋肉です。痛みの原因である筋肉にアプローチしていけば半月板はそのままでも痛みを改善することができます。
  • Q.
    太っていて運動もしないのですが良くなりますか?
    A.
    体重や運動不足は膝の痛みとは関係ありません。
    実際に体重100キロ以上の方もダイエットしないで良くなっています。
    減量や筋力をつけるための運動は必要ありません。
  • Q.
    どの程度の頻度で通うのですか?
    A.
    あくまでも目安ですが、最初の3回目までは週に2回、それ以降は週に1回、良くなってきたら2週間に1回というケースが多いです。
    最初だけ詰めてきて頂くのは、膝を改善するためにはどうしたらいいかを患者様に理解していただくためです。それができたらご自身で良くするための行動ができるようになるので、週1回程度でも良くなっていきます。

山梨甲府整体院
山梨県甲府市大里町1876-1 
ドリームハウス3-103
055-209-2072