おすすめの翻訳業者や
選び方について

日本語から英文、英文から日本語、これらの作業には翻訳が必要です。しかし、個人で翻訳をしていると手間がかかってしまいます。スムーズな作業のためにも翻訳業者を検討してみてはいかがでしょうか。今回はおすすめの翻訳御者や選び方などについて紹介します。

翻訳業者のメリット

翻訳業者に作業を依頼するメリットとはどんなものがあるのでしょうか。翻訳業者を検討している人たちは、どのようなメリットがあるのか見てみてください。

 ・高い品質

翻訳作業は並べられている文字を訳すだけではいけません。内容を把握するだけではなく、分かりやすい文章にすることも求められるのです。翻訳業者は専門のスタッフが常駐しているので品質の高い翻訳をしてもらうことができます。

 ・素早く対応してもらえる

慣れていない人が翻訳作業をすると、どうしても不備がでてしまいます。そのたびにやり直しをしていると時間を無駄に過ごすだけです。しかし、翻訳業者に依頼することで翻訳作業に慣れたスタッフが対応するので素早い翻訳が期待できるのです。

 ・専門的な翻訳も任せられる

業者によって異なりますが、翻訳業者の中には医学書や論文など専門的な翻訳も任せられる業者があります。専門知識が必要な翻訳ほど、安心して任せられる信頼度の高い業者に依頼しましょう。

翻訳業者の選び方

翻訳業者で探せば分かるように、意外と多くの業者があることが分かります。こちらでは、数多くある業者の中からどんな風に選べばいいのかを見ていきましょう。

 ・対応言語

翻訳と言っても英語と日本語だけではありません。他の外国語にも対応しているかどうかをチェックしましょう。特にフランス語や中国語、英語、ドイツ語などは必須言語と言っても過言ではありません。

 ・納期の早さ

クオリティ重視で選ぶ必要がありますが、それを踏まえた上で「納期」にも注目しましょう。ただ、安価で早い場合はクオリティに不安が残ることも覚えておいてください。納期とクオリティのつり合いを取らせるためには、相応の費用が必要なのです。

 ・実績

過去にどのような翻訳をしたのかなども注目しましょう。業者によっては、どんな翻訳をしたのか実績を公開していれば、どのような翻訳スタイルなのかを見極めることができます。

翻訳を依頼する際の費用相場とは?

翻訳を依頼したくても費用が分からないと躊躇ってしまうものです。こちらでは、どれくらいの費用がかかるのかについて見ていきましょう。

 ・ジャンルによって異なる

基本的に翻訳ジャンルによって費用の変動があります。文字単価で料金を決めているところもありますが、翻訳の難しさによって費用の変動があると考えておきましょう。

 ・納期

例えば通常1週間のところ、3日納期の特急プランにした場合など費用が変わってきます。純粋な費用だけではなく、オプションによって費用が変わってくることもあるのです。

 ・業者の規模

翻訳のスペシャリストなどを常駐させている業者の場合、比較的割高となります。しかし、その分だけ翻訳のクオリティは高くなるのです。品質が高いことから、割高でも「高い」と思わないのではないでしょうか。

おすすめの翻訳業者

こちらでは、おすすめの翻訳業者について見ていきましょう。業者によって得意ジャンルなどが変わってくるのでしっかり比較してから選ぶようにしてください。

 ・翻訳センター

医療翻訳を得意とする業者であり、大手翻訳会社としても高い知名度を誇っています。年間対応件数は約6万件であり、実績や経験の豊富さは他の業者に追随を許さないほどです。医療翻訳から始まった業者であり、そのことから医療系を得意としていますが他のジャンルでも対応することは可能です。

 ・ロゼッタ

高性能な自動翻訳ツール開発でも知られる会社です。翻訳ツールだけではなく、翻訳作業も高い評価を持っています。納品前には必ずネイティブチェックをするので、クオリティの高さにも定評があるのです。それゆえに安心して任せられるのでしょう。

 ・ユレイタス

さまざまな専門分野に強い翻訳業者として高い評価を集めています。知識豊富なスタッフが在籍しているので、安心して翻訳を任せることができます。契約プランに関わらず、品質チェックなどが無料で利用できるので顧客満足度の高さにも定評があります。

翻訳業者について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

翻訳業者と言っても、各業者で得意とするジャンルなどが異なります。
医療系が得意な業者もあれば、政治系が得意な業者もあります。
業者選びをする場合は
依頼するジャンルと業者の得意ジャンルがマッチしているかどうかにも注目しましょう。
どれだけ評判が良くても、得意ジャンルなければ品質が下がってしまう可能性もあるのです。
費用の安さなどに釣られて、再度依頼し直すことになったとならないようにしましょう。