”バブルボケ写真”を撮ってみませんか

美しい花の写真が、安価な機材で、簡単に撮れます

”バブルボケ写真”って?

”バブルボケ写真”とは

バブルボケは、玉ボケ(※ボケ→写真の背景がぼやけること。玉ボケ→写真の背景のにある光源が玉状に写ること)の中でも「輪郭線がはっきりしたもの」がそう呼ばれています。シャボン玉ボケとも呼ばれています。近年、世界的に流行し始めています。



”バブルボケレンズ”を使います

「バブルボケ写真」を撮影するには、それに適した「バブルボケレンズ」を使用します。近年の国内外での「バブルボケ写真」の大流行により「バブルボケレンズ」は高騰の一方ですが、ここでは比較的安価な「PENTACON AV80mm」という「バブルボケレンズ」を使用します。このレンズは、低価格ながら強烈なバブルボケを発生させることに定評があります。人気があります。

”インスタグラム”で大人気

写真投稿のSNS「INSTAGRAM(インスタグラム)」でも「バブルボケ写真」は大人気!たくさんの「いいね!」がもらえ、フォロワーも増やせます!

「美しい写真が」「安価な機材で」「簡単に」撮れます!!

とにかく美しい写真が撮れます

「バブルボケ写真」の美しさについては、このページに使われている花の画像を見ての通りです(すべて編者の撮影したもの)。また独特の雰囲気・個性があるため、インスタグラムのタイムライン上に載るとき非常に目立ちます。「いいね!」がたくさん頂けます。後述しますが、「安価な機材で」「簡単に」、誰にでも撮れることも大きな特徴です。

安価な機材で撮れます

電子機器の進化に伴い、デジタルカメラやそのレンズのテクノロジーは進化の一方。高額な機材を揃えれば、誰でもそれなりの良い写真は撮れますが・・・。最新のミラーレス一眼や高性能レンズを買いそろえるとなると、合計で20万円以上~天井なし、の金額が。「PENTACON AV80mm」は、いわゆるオールドレンズ」(フィルムカメラ時代のレンズ。中古品)のため、ネットオークションで2万円弱くらい、中古カメラ店で3万円弱くらいで購入できます(※ネットオークションでは不良品をつかまされるリスクがあるので安い)。また「オールドレンズ」を使用するため、最新テクノロジー搭載のカメラも必要なく、使用するのは型落ちや中古のミラーレス一眼で十分。カメラとレンズの総額で5万円~10万円くらい。これならカメラ初心者の方でも購入しやすい金額になります。

誰にでも簡単に撮れます

ここで使用する「PENTACON AV80mm」というレンズは、もともとカメラ用のレンズではなく、プロジェクター用のレンズを改造したもの。そのためいわゆる「絞り」の機能はなく常に開放。簡単に言って「ピントを合わせるだけ」なのです。これなら難しい技術も知識も必要なく誰にでもできます。実際ここで紹介されている作品も「ピントを合わせて撮っただけ」のものばかりです(撮影後のレタッチはしてますが「インスタグラム」の機能を使用しただけです。ただ、この「バブルボケ」を発生させるには若干の「コツ」が必要ですので、その「バブルボケ」を発生させる「コツ」も説明します。

スピーカー

「バブルボケ写真」撮影に適した場所

桂昌寺の「ぼたん園」「あじさい園」は、山間部の地形を生かして作られていますので、針葉樹の葉などの「バブルボケ」を作り出す光源をがいたるところにあり、「バブルボケ写真」を撮影するのに非常に適しています。

一年を通して撮影できる

桂昌寺は、春は梅・桜・しゃくなげ・ぼたん、夏はあじさい・百合・蓮・さるすべり、秋は芙蓉・りんどう・彼岸花・紅葉、冬は寒牡丹や寒椿・山茶花など一年を通じて四季折々の花々が咲き、一年中「バブルボケ写真」を撮影するのに題材に事欠きません。
一年中いつ来ていただいても「バブルボケ写真」が撮影できます。

アクセス良好

○自家用車で
東海北陸自動車道美並ICより約10分。
名古屋市内より約1時間。
豊田方面より約1.5時間。
金沢方面より約2時間。
○鉄道で
長良川鉄道「大矢駅」より徒歩約15分。
アクセスも良好です