なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

X-income 第2・第3の収入源構築

コロナ禍の在宅ネット副業を求める
大人たちに安全な収入源を届ける
X-incomeプロジェクト


愛する家族を守るために、あなたはどのような準備をされていますか?

貧富の二極化が、より加速しています。サラリーマンも副業を初めて、第2・第3の収入源を確保しなければ生きていくのが大変な時代になりました。

大切な家族を守って自分の理想的な人生を生きるためにも、安定した継続的な収入(権利収入)を得ることは必須科目だと思っています。

積極的に株や投資信託、暗号資産などで資産運用した方が良いとは思われますが、大きな投資が必要なものだと失敗し自分の資産を目減りさせる危険性があります。

効率化と再現性を高めるためにネットを活用した「仕組み化」が必須!

いきなり「オーナーになりましょう」とか「個人投資家になりましょう」というと何だか敷居が高く感じると思いますが、それは規模の問題であり重要なのは、この「仕組み化の視点」をあなたの仕事に取り入れたり、初めから権利収入が得られる仕事を選べば良いだけの話です。

仕組みを構築する方法は次の3つ...①自分でお金と時間を投資して作る②あなたが他人にお金を投資して作る③他人が作った既存の仕組みを上手に活用するです。


X-incomeってどんなビジネスモデル?

X-incomeのビジネスモデルは、公正・公平な報酬プラン採用

「平等と公正・公平の違い」を分かりやすく説明した画像がありましたので、参考にさせていただき説明いたします。

「平等」はそれぞれの状況を顧みず全員に対して同じ待遇を施し、「公正・公平」はそれぞれの状況に応じ待遇を変えています。

平等(=同一)、公正・公平(=フェアネス)と言い換えられています。

「平等は公正さ・公平さを推進させるために全員に対して同じものを与える。 しかし、それが正常に機能するのは全員のスタート地点が同じ場合に限られる。この場合では全員の身長が同じ時だ」とされており、公正・公平に関しては...

「公正さ・公平さは人々を同じ機会へのアクセシビリティを確保すること。個人それぞれの差異や来歴は、何らかの機会への参加に対し障壁となることがある。なので最初にまず公正さ・公平さが担保されて初めて平等を得ることができる」とされています。

引用元:Equity and Equality Are Not Equal - The Equity Line


最も成功しやすいビジネス
参加のタイミングとは?

アーリーアダプター(初期採用者)

ローリスク・ハイリターンのタイミング
まだ普及していない新しいモノやコトがどのように社会に普及するのかの社会学者の実証的研究の結果、採用時期によって採用者を5つのカテゴリに分類する普及モデルがあります。

まず、最初のイノベーターは革命家タイプの人間でありビジョンなどに共感してパイオニア精神をもって取り組み出します。しかし、黎明期(創業初期)は、確かにビジネスチャンス(商機)は高いですが、その分ハイリスクな状況の中で開拓しなければなりませんので、相当の時間と精神力(エネルギー)を消耗する時期だと言えます。

3つ目のアーリーマジョリティと4つ目のレイトマジョリティが成長期に参加した人たちで、それぞれ比較的慎重なタイプと疑り深いタイプだと言えます。ビジネスチャンスは少なくエンドユーザーとして参加する人たちだと言えるでしょう。5つ目のラガードは最も保守的ですべての人が受け入れた最後に加入する人たちです。彼らはビジネスチャンス0、リスクも0を選びます。

普及において最も重要だとされるのが2つ目のアーリーアダプターです。イノベーターのように社会全体の価値観からの乖離(カイリ)が小さく、そのイノベーションが価値適合的であるかどうか判断し、新しい価値観や利用法を提示する役割を果たす存在だと言えます。黎明期から成長期に移る時期に普及の中心的な役目を果たします。

アーリーアダプターになれる!
お申し込みは今すぐ!

比較的少額の初期費用で参加いただけるインターネットビジネスプログラムです。継続的な収入が構築できますので、長期的な視野でスキルをアップしながら取り組んでいけます。