なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

悩み解決ブログ

転職/転職活動/転職成功/
中間管理職/仕事の悩み/対処法/

転職で注意すべきポイント
40代転職の現実

40代は仕事の悩みが尽きない年代ですよね。

「この会社で骨を埋める覚悟で働くか」
「新たな環境に転職して、もう一度自分の可能性を試してみるか」
「リスクもあるがやりがいもある独立起業へ向けて行動するか」

自分の人生を振り返り、見つめ直すと色々な想いが駆け巡るのが40代です。
そんな40代の仕事の悩みについて、「転職に成功する人、失敗する人」の傾向をはじめ、
失敗しない転職を実現させる為の重要なポイントを様々な角度から分析しまとめてみました。

40代を襲うストレス

なぜ40代は仕事を辞めたくなるのか
そもそもなぜ40代になると仕事の悩みが増え、辞めたくなってしまうのでしょうか?

部下と上司の板挟みになる年代だから?
子供の教育費や住宅ローンなど、将来を考え給与アップが必要だから?
管理業務や調整業務ばかりが増加し、肝心な自分自身のスキル向上に繋がる業務ができないから?

色々な問題があると思います。
その中でも代表的な「40代が仕事を辞めたくなる問題」をピックアップしました。

自分の人生「このままでいいのか?」と疑問を感じた

40歳になると「もう人生折り返し地点か」と強く意識してしまうものです。
「あと何年元気で暮らせるのかな」なんてしんみり考えてしまう事もあると思いますが、
その様に自分の残りの人生を意識し、生き方を振り返るタイミングが40歳です。

すると自然に「満足していない今の職場で働き続けて良いのか?」
「もっと自分の能力を活かせる仕事があるのではないか?」
「これが自分の一生だったのか?」
などと、学生時代に自分の将来を夢見た頃の衝動に近い想いが湧き上がってくるのです。
これは誰しもが必ず通過する感情です。

自分を「犠牲」にして組織をまとめる事への不満

これも多い不満です。特にスキルや能力のある人が感じる悩みとなります。
会社で昇進し、責任ある立場になればなるほど、

  • 部下の管理
  • 部門間の調整や根回し
  • 会社組織の課題解決

など、組織を維持し育てていく事に自分の時間が多く取られていきます。
それはプレイヤーとしてのスキル低下を招き、自分自身でしっかりとスキル計画を立てておかないと、
気づけば「技術やスキルは無い調整だけ上手な人」になりかねません。

また優秀な人は自分の時間の価値に気づいている為、その様な自分のスキルアップに無意味な事へ自分の時間、
人生が消費される事に強い抵抗感を感じるものです。
この様な事から優秀な40代は転職や独立を考えるタイミングでもあります。

会社での10年後の将来像が見えない

これは仕事ができる、できない関係なく、「自分は10年後この会社で何をしているんだろう?」と
考えたときに、明確なビジョンが浮かばない人が将来不安から転職を考えるケースです。

40代に突入すると、出世コースなのか平社員コースなのかが大体別れてくるタイミングでもあります。
ここで今の会社で出世が見込めない人は、外の会社に活路を見出す事もありますし、
逆に管理職や経営層に近くなったからこそ、会社の嫌な面が見えて転職熱が上がってくる場合もあります。

自分が不完全燃焼

これは比較的ホワイト企業に勤めている人に多く見られる動機です。
特に忙しい訳でもなく、仕事や会社にも大きな不満も無い。けどその反面刺激が無い…

周りを見ると残業や休日出勤などハードに働いているが、自分の能力の限界スレスレで働いている姿は
とても眩しく見え、自分も厳しくやりがいを感じる環境で働いて見たい!といった願望からくる転職願望です。

この動機はちょっと危険で、実際に会社をやめてベンチャーなどで頑張って見ると、
想像以上に厳しい仕事内容や低い賃金に苦しめられるケースが多いです。

そこで結局すぐに転職先もやめてしまうといったケースが私の周りでも多く見られましたので、
こういった動機だけでの転職はオススメできません。

もっとお金を稼ぎたいと感じる

これは目的が明確なのでわかりやすく良いですね。
自分が仕事を選択する上での明確な基準がありますから、「年収1000円が最低ライン」など
明確な基準に対して、現在の仕事や職場がそれに満たない場合は、条件の良い職場へ転職するのみとなります。

現在は転職を繰り返す事でうまく年収アップを繰り返す事もできますので、社会に必要とされるニーズを
しっかりと見極め、それを自分自身のスキルとし磨き続ける努力が必要です。
仕事を辞めたくなる理由は人それぞれ。
重要なポイントは「仕事を辞めたいと思った理由」を明確にする事です。

主だった理由は
  • 待遇が悪い
  • 人間関係が悪い
  • 仕事内容が合わない
  • 会社の業績が悪い

がありますが、まず自分がどの様な事に不満を持っており
辞めたいと思っているのかを明確にさせる事で、
転職先の条件や妥協点も具体的に定める事ができます。
ちなみに 「人間関係が悪い」 については、
転職先でも同様な事が十分に起こる事は頭に入れておいてください。

どんな組織でも必ず合わない人、攻撃的な人は存在します。
純粋に人間関係で疲れてしまった人は、環境を変える事と合わせて嫌な人、
攻撃的な人とどう向き合っていくのか自分自身の考え方や感情のコントロールの
スキルアップも必要になります。

40代転職活動の現実と実態

40代になると差はとても明確

40代転職の現実は二極化

40代になると転職に成功する人と失敗する人の差はとても明確です。
成功する人は自分の市場価値を正確に把握しスキルアップや待遇を見定めてしっかりと事前準備をして
転職活動を行なっている人です。

逆に失敗する人は自分の市場価値を高く見積もり過ぎていて、難易度の高い好条件求人にばかり応募して
落ち続けたり、今までの会社での役職や待遇を引きずったまま「自分は出来る」と勘違いしている人です。

また転職動機も漠然としている場合が多く、「やりがいを感じたい」
「良好な人間関係や会社環境で働きたい」などという事は、転職先でも完全に解消される保証はありません。

その為「やっぱりこの会社も違った」などといって更に転職を繰り返し、
自分の市場価値をどんどん低下させる悪いスパイラルに入り込んでしまう危険性もあります。

正社員への転職はキャリアを活かさなければ困難

40代での転職成功の鍵は「自分のキャリアを活かす転職」です。

この歳から全く未経験業種に入る事はできたとしても、賃金や待遇はマイナスになる事は避けられません。
しかもそこからスキルとキャリアを積み上げるという覚悟と相当な努力も必要になります。

その為、40代での転職は技術的なスキルと合わせて、必ず「マネジメント経験やスキル」が必須となります。
技術的な部分は若い人材でもカバーできる事が多いですが、マネジメント経験やスキルは若い人では
なかなか身につけにくいスキルの為、このポイントは必ず押さえておく必要があります。

このマネジメント経験、スキルを保有して入れば、そこにプラスアルファの技術、知識を加える事で
市場価値は一気に向上します。
二極化の溝が広がる40代転職の現実をしっかり受け止めし、まずは自分自身の市場価値を理解しましょう。

現実は想像以上に厳しいです。40代を対象とした好条件求人は限られます。
そこにしっかりくい込んで行ける様な事前準備を行いましょう。

40代後半の転職

年齢の問題はよりシビアに
同じ40代でも、40代後半の転職はよりシビアになります。

35歳をすぎると対象求人数が大きく減少してきますが、それが40歳、45歳、49歳と上がるにつれ、
求人数も減少する為、必然的に転職活動は厳しくなります。

40代後半でのスキル無し転職は命取り

40代後半の転職で求められる能力は技術的スキルよりも、経営的な視点
部長職以上のマネジメント経験になってきます。

よって現在の会社での出世競争に破れ、平社員で鳴かず飛ばずといった境遇の方が
転職で待遇アップさせる事はかなり難しい事がわかるでしょう。

転職を成功させるには、現職で管理職経験を積む必要があるからです。

採用する企業も、40代後半のプレイヤーと20代のプレイヤーの応募があった場合、
ほとんどは若くて考えが柔軟、給与水準も低く押さえられる若年層のプレイヤーを
採用します。

40代後半の転職は事前準備と自身のスキルアップは必須

それだけ40代後半での転職はスキルと経験が重要になりますので、勢いに任せた転職や、
スキルが無いままの「なんとなく転職」は転職できたとしても確実に給与待遇は下がる覚悟をしてください。

しかし「給与待遇が下がる転職」が全て失敗ではありません。
「一時的に給与が下がってもこのスキルを身に付けたい」
「50歳以降を考え、この業種に転職し実績を積みたい」といった明確な目的の元、
計画的に考えての給与ダウンは、その数年後にしっかりとリターンとして戻ってくる可能性を秘めています。

40代の転職でもやる気と努力する根性があれば、スキルの無さ、経験の無さといったハードルを、
一旦給与を下げる事で受け入れ、そこから這い上がる事ができるでしょう。

出来れば上記の様なリスクを負った転職は避けたいところですので、事前の転職計画、自身客観的評価、
スキルアップ計画をしっかり行い「いざとなれば自分で起業しよう」と思える程の実力
経験を身に付けておく事が40代の転職では必要です。

転職できず悩んでいる人は一旦落ち着いて

転職活動を続け、何社も応募するも書類選考でNG続きで面接まで進んでも上手くいかない…。
そんな状態が続くと自信も無くなりより面接を通りにくくなる悪循環に陥ってしまいます。

そんな時は一旦転職活動を休むなど一息入れて落ち着きましょう。
闇雲に転職活動していては次に繋げる事はできません。
何が悪かったのか、どこを直せば良いのか、ダメだった活動一つ一つを振り返りましょう。

40代の転職活動は歳を重ねるごとに厳しくなってくるのは事実です。
自分自身の社会的価値を高める事を在職中から意識し、極端ではありますが
「独立してもやっていけるぞ」といった位の自信を持ってからの転職をお勧めします。

40代転職の失敗例

転職活動で失敗する典型的なパターン

新たな転職先に自分の理想を追い求め過ぎている

「転職すれば現在の悩みは全て解決できる!」といった極論的な考えになってしまう人は
転職活動者には多いです。

しかし冷静に考えてください。どんな企業も辞める人がいれば、新たに入る人もいる。
つまりどんな会社でも何らかの問題は必ず抱えており、転職先が現在の悩みを全て解決してくれる訳では
ありません。
この様に「外部環境」に自分の転職の成功を依存する人は、
かなり多くの確率ですぐまた転職活動をする事となります。

管理職未経験での転職

40代で管理職未経験者が必ず転職に失敗するとは限りませんが正直失敗する確率は高くなるのは事実です。
それは高待遇の採用自体が管理職クラスを求める求人になっているからです。

しかしここで重要なのが、肩書きではなく、その人が実際にどの様なマネジメントをしてきたかが
重要になってきます。

肩書きだけ課長、部長となっていても、実際のマネジメント能力や経験値が少なければ、それは必ずバレます。
逆に肩書きは無くても、組織の中でリーダーシップを発揮し、
マネジメントを行なっている人物も多いと思います。
その様な人は、肩書きは無くてもしっかりと自身の行なっていたマネジメントを経歴書や面接で伝える事で、
採用率がグッと向上します。

自分自身の評価を正当に行えていない

転職活動が上手くいかない最大の理由はこれでしょう。
「自分の能力」と「企業の求める能力」にギャップがある。
単純な理由ですがここを読み違えてしまうケースは多いです。

40代にもなると、自分の積み上げてきた経験やスキルを「過剰に自己評価」してしまう傾向にあります。
そうすると自分の実力に合わない企業ばかりに応募したり、希望条件を厳しくしすぎ、
なかなか決まらないといった状況に陥ります。

そんな時に自分の評価を客観的に見極める簡単な方法があります。
それは、知り合いや企業から「うちで働かないか?」と誘われた回数です。

もしあなたが、その様な誘いを一回も受けていないのなら、まだ転職するタイミングでは無いと判断するのが
正しいでしょう。
自分自身のスキルアップや経験値を積み、人脈をしっかり築いている人は、
40代にもなれば「うちに来ないか?」といった誘いは何度も受けます。
要するにあなたのスキルや経験のニーズがあると明確にわかっている状態なので、
この様な人は転職活動でも必ず成功するでしょう。

40代の転職はできるだけ成功率を高める事が重要です。
まずは自分自身のニーズがどの位あるのか知り合いや企業から「ヘッドハンティング」「引き抜き相談」を
どの位受けた実績があるのかを考えましょう。
現時点で「うちの会社で働かない?」と声がけされた事が無い人は、
一旦自分自身の現在のスキルを冷静に見つめ直し、不足している能力や経験を補う事を進めつつ
焦らず転職計画を進めましょう。

40代転職の成功例

転職を成功した人から「転職成功者の持っている能力やスキル、人物像」を真似する

レジリエンスが高い人物

これは現在年代性別問わずとても重要視されている能力です。
「レジリエンス」とは回復力、弾力性、折れない心など、色々な意味合いで使用されますが、転職活動で私が意味するレジリエンスは
「どんな状況にも柔軟に対応していく精神的な能力」
といった事です。
近年、企業の採用活動にも重要視されている「レジリエンス」ですが、履歴書や経歴書、面接だけではこの能力を正確に見抜くことは困難となりますが、そもそもこの能力に長けている人物は管理者やマネジメント経験者に向いている為、現在の企業でも管理職に付いている可能性は高くなります。
それでは具体的にレジリエンスの高い人物の特徴をあげて見ましょう。
自己効力感が高い人物
「自分ならできる」といったポジティブな考えができ、周りを引き上げる事のできる人物。
適応力が高い人物
「絶対この結果じゃなきゃダメ」「やり方はこの方法で」など、自分のやり方を完璧に求める人物は
精神的に硬い状態で、レジリエンスが高いとは言えません。
柔軟性が高い人物
完璧主義ではなく、適度に「しょうがないか」と楽観的な人物がストレスを柔軟に吸収し、
成長の糧にできる優れた人物と評価されます。
交友関係が広い
レジリエンスの高い人物は、どこか一つのコミュニティに依存せず、
最低でも3つ以上のコミュニティに所属しているケースが多いです。
それは1つの組織の価値観に縛られるのではなく、多くのコミュニティの多種多様な価値観を理解し、
安定したレジリエンスを育んでいる証でもあります。
適応力が高い人物
「絶対この結果じゃなきゃダメ」「やり方はこの方法で」など、自分のやり方を完璧に求める人物は
精神的に硬い状態で、レジリエンスが高いとは言えません。
あなたはどれくらい当てはまったでしょうか?
足りない部分があればレジリエンスを高める努力も行いましょう。
少しでも行動を変えるだけでレジリエンスを高めることは出来ます。
まず第一歩を踏み出すことが大切です。

転職の目的がはっきりしている人物

何を目的として転職するのかがはっきりしている事も、転職を成功させる為に重要です。
「なぜ40代は仕事を辞めたくなるのか」でも触れましたが、40代は「自分自身の価値」について
漠然とした不安に襲われる年代です。

一般的に「思秋期」とも言われますが、思春期の頃の様に自分の価値や存在意義に不安を感じ
「もう一度本当の自分を見つけたい」といった感情が湧き上がってきます。

その様な漠然とした曖昧な理由で転職を行なっても失敗する事は目に見えています。
成功する転職のポイントは曖昧さを無くし、目的を具体的に明確化させていく事です。


  • 年収を1000万円まで上げる為に転職する。
  • 将来必要な○○○スキルと実績を身につける為に転職する。
  • 現在の職場でストレスの原因になっている○○○を改善する為に転職する。

といった転職目的を明確化させるのです。

また、目的の明確化と合わせて、転職先で全ての要望が叶うと考えておらず、
現実的な妥協点を見出す事ができる柔軟さを持っている事も重要です。

100%完璧な転職なんてありえないのですから、どこまでの問題が解決できれば良いのか、
どの条件がクリアできれば良いのか、しっかりと具体的に考えている人が、効率的な活動ができ、
結果として成功する転職を実現できるのです。

転職の準備を1年以上かけてしっかり行なっている

思いつきの転職で成功した40代を私は見た事がありません。
すごいスキルを持っている人物でしたら、条件やタイミングが合えばスッと転職を成功させる事も
あるかもしれませんが、万人にお勧めできる方法ではありません。あくまでもイレギュラーな事例ですから。

よって普通の40代が転職を成功させようとする場合は、今まで伝えてきた事を考え、準備し、
実践するだけでもやはり1年は必要になってきます。

中には現在の職場に限界を感じ、1年も待てない人も多いとは思います。
どうしても仕事をしながらの転職が難しい場合は、先に退職を選択せざるを得ない状況もあるでしょう。

家族がいれば転職先が決まらずに退職する事は大きなリスクを抱える事にもなりますので、
家族ともしっかり相談する必要があります。

退職後に貯金、失業保険、パートナーの収入で1年程は持ちこたえる事もできると思いますが、
この状態で転職活動も上手くいかないと、自分の理想を追っている状況では無くなります。
そうなると転職前よりも過酷な条件の会社に就職せざるを得ない場合もありますので、
できれば退職するまでにじっくり転職活動を行う事をお勧めします。

30代40代で家庭をもっている人であれば、転職は家族の生活や人生を左右する大きな決断です。
転職は勢いだけでは必ず失敗します。

40代転職後の年収はどうなるか

年収をアップさせる秘訣

40代の転職で目安とすべき年収はいくらなのでしょうか?
業種によっては倍以上の給与格差が発生してくる40代ですが、
平均すると約480万円が平均年収になります。

ただあくまでも目安ですので自分の生活を考え、いくら給与を貰えれば良いのか
しっかりと考えておく事で、転職後の家族の混乱を招く事もありません。

お金が全てではありませんが、自分や家族の生活を考えた時の必要最低限の金額は
いくらなのかを正確に把握した上で、転職活動を進めましょう。

スキル無しでの転職では年収はダウン

これもちょっと極論なので「絶対」ではありませんが、現在のあなたに無いスキルを身に付けたい為に、
未経験業種に転職する、未経験な仕事内容にチャレンジする場合は、採用側も教育コストやリスクを受容した
採用が必要になる為、採用時に給与が下がる事がほとんどです。

この試用期間を乗り越え、実績を出していく事で徐々に給与アップも期待できますがこの厳しい社会情勢の中、
そう簡単に昇給できるとも限りませんので、給与ダウンを覚悟しての転職の場合は、
「何年間はダウン給与でスキル獲得重視でかんばる。
その後は昇給や転職で今度は給与や待遇改善を目的とした活動へシフトさせる」など、
長期計画を立てておく事が重要です。

40代の転職では、能力や応募職務によって大きく給与が変化するのが特徴です。
20代独身で自由に生活するのであれば、給与は低くてもさほど問題ありませんが、
家族がいて住宅ローン、子供の教育費、親の介護費など、大きなお金が必要になってくる40代では
転職後の給与面の変化もしっかり計画しておく事が重要です。

最悪なケースでは転職に失敗し、離婚まで至ってしまう場合もありますので、
転職活動は家族としっかり話し合い、理解をしてもらい、家族の協力の元、一人ではなく家族で一緒に
頑張ろうといったスタイル、考えが大切です。

能力や経験に自信のある人は転職エージェントを活用してみる

そもそも現在の自分のスキルや経験に自身がある人は、ハイクラス転職エージェントを活用して、
大きく年収アップをはかる事も可能です。

転職エージェントは紹介する人の採用年収の幾分かを紹介報酬として企業から受け取るビジネスモデルの為、
できるだけ高い給与で採用してもらう事にメリットがあります。
よってあなたの希望年収での採用に一生懸命協力してくれますので、
自身のある方はハイクラス求人に強い転職エージェントを活用する事もひとつの方法です。

無謀と勇気は違う

40代転職で苦労と絶望に打ちひしがれない為に
ここまで40代の転職について色々とお伝えしてきましたが、再度これだけは改めて言わせてください。
以後の人生に大きな意味をもつ40代での転職。

あなたは、明るく希望に満ちた転職後の自分の姿がイメージできているでしょうか?

よく「勇気を出して行動しよう!」と言われる事もあると思います。
そしてその言葉に間違いはありません。

しかし私が言いたいことは「勇気と無謀を勘違いしないで欲しい」ということです。
思い切って転職を決意し、退職する事はとても勇気のいる事です。

しかし何も準備せず、将来のビジョンも無く、何となくの感情で転職を決意している場合、
それは勇気ではなく、単なる「無謀」な賭けとなってしまいます。

その事について改めてしっかり考えて行動してください。
仕事も転職活動もそうですが、しっかり事前準備を行い具体的計画に基づいた行動は成功への近道となります。

40代での転職は失敗が許されないのか

これも何度も伝えさせていただきましたが、最後にまた言わせてください。
独身での転職と支えるべき家族がいる場合での転職は大きく異なります。
それは自分の転職が家族の運命も左右してしまう事です。

守るべき家族がいる場合、自分の理想だけを追い求め「給与が下がってもいい」
「休日が少なくなってもいい」と自分勝手に決める事は家族に迷惑をかける事にもなります。
この点をしっかり理解した上で転職活動に臨みましょう。

40代での転職だから失敗が許されないのではなく、守るべき家族がいるからこそ、
「失敗してもいいや」なんて軽い気持ちでの転職は許されないのです。

どんなに準備をしても、どんなに能力がある人でも転職は本人の努力ではどうしようもできない要素を
含んでいる為、失敗してしまう事も結果論としてはあるでしょう。

しかし今まで伝えさせていただいた転職活動の目的や計画をしっかり理解して、努力し、
覚悟を持って転職活動している人であれば、必ず成功する転職に巡り会える時がきます。

転職の失敗が許されないのではなく、「失敗してもいいや」といった甘い考えが許されないのです。

転職に役立つ資格はあるのか

40代は資格よりも実力が重要となります。
もちろん資格が無いとできない業務や、客観評価を得られない仕事もあるでしょう。

しかしあまりに資格取得といった「インプット」ばかりに注力してしまい
転職活動という「アウトプット」に意識が回っていない人も多く見受けられます。

よって転職の為に資格取得などにこだわり過ぎるのではなく、組織マネジメントの経験や
リーダーシップの経験値を現状の職場で積む事で、転職を有利に運ぶ事ができますので、
情報のインプットに注力しすぎていないか、今一度自分を見つめ直してください。

最後に

まとめ
40代の転職に関わる事を色々と言わせていただきましたが、
40代はアラフォークライシスと言われ、苦労し続けている年代でもあります。
しかしそんな年代だからこそ、元気に生き生きと、明るく楽しく生きたいですよね。

「辛い」「苦しい」といって過ごす一生。
「楽しい」「幸せ」といって過ごす一生。
どちらが理想の生き方かなんて誰でもわかりますよね。

レジリエンスの話題に戻りますが、同じストレスでもある程度楽観的に考えられる人の方が、
そのストレスを成長の糧としてポジティブに生きる事ができるのです。

どうせ大変な現実があるのであれば、それを楽しみ、成長の糧とする。
そんな余裕を持った人間になれるように努力してみませんか?
それが40代の転職、そして生き方の本質として最後に伝えたい事です。