医療機関のためのサプリメント導入完全ガイド

多くの受講者の先生方からご好評いただいた「医療機関のためのサプリメント導入完全ガイド」を、東京、博多の2会場で再度開催いたします。

『法制度の専門家』と『実際にサプリメントを診療に活用されている臨床家』をそれぞれ講師にお招きし、サプリメント活用に関する情報・知識のアップデートに是非お役立てください。

2開場で同時開催!

※会場ごとに講師と内容が異なります。内容をご確認のうえ、お申込みください。

10/25(日)
東京会場

品川シーズンテラスカンファレンス
【カンファレンスB・C】

〒108-0075
東京都港区港南1-2-70
品川シーズンテラス3階
TEL:03-6433-1905
            地図はこちら


東京会場
案内PDF

11/29(日)
博多会場

TKP博多駅前シティセンター
【ホールA】

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅3-2-1
日本生命博多駅前ビル8F
TEL:092-433-2833
             地図はこちら


博多会場
案内PDF

講師紹介
10/25(日)東京会場

東京会場 1人目
西岡 秀樹

西岡秀樹税理士・行政書士事務所 所長医業経営研鑽会 主宰

一般病院、精神科病院、クリニック、歯科医院、医療法人、MS法人(メディカルサービス法人)などに対する医業経営コンサルティングが専門。
前例主義に陥りがちな行政側の指示に盲目的に従うのではなく、「正しい制度をしっかり把握し、クライアントである医療機関の利益をきちんと追求してくれる専門家」として全国のドクターに頼りにされる存在。
2014年11月に中央経済社から発行された「税理士・公認会計士のための医業経営コンサルティングの実務ノウハウ」や、2015年6月に日本法令から出版された「自由診療・サプリメント導入実践マニュアル」などが、医療機関で本当に役立つ内容の書籍として高い評価を獲得。
2014年6月の閣議決定、8月の厚生労働省の事務連絡を受け、現場での経験を踏まえて、医療機関がサプリメントを扱うに当って知っておくべき最新の法制度の情報をアップデートして頂く。

button

東京会場 2人目
田中 孝

田中消化器科クリニック 院長日本抗加齢医学会 理事

評判の消化器専門クリニック(日本抗加齢医学会認定施設)を開業。
特に「超早期でのガンの発見」を目標とした、内視鏡検査の評価が高く、全国から患者さんが集まる。
更に、ガン発症そのものの予防を目指し、生活習慣の指導やサプリメントの活用を勧め、患者さんから絶大な信頼を得ている。抗加齢医学(アンチエイジング医学)にも積極的に取り組み、平成27年5月から日本抗加齢医学会理事に就任。
保険診療を主体にしたクリニックが、どのように抗加齢医学やサプリメントを活用して実績を上げているのか、具体的なポイントをお話し頂く。

button

東京会場 3人目
多田 昌代

アークレイマーケティング株式会社マーケティング統括部学術推進チーム

臨床検査機器試薬の国内トップメーカーであるアークレイ株式会社から、アンチエイジングに関連した検査についてご紹介頂く。
アークレイ株式会社は、糖尿病患者の血糖測定器で国内トップシェアを持ち、更にはクリニック向けの小型で簡便な検査機器の開発販売も行っている。
今回は、2014年に発売を開始した、酸化ストレス度と抗酸化力を簡単に測定できる機器と試薬について、その測定原理と測定方法などをお話し頂く。

button

東京会場 4人目
山村 美雪

札幌スポーツクリニック・ゴールデンゲートクリニック 院長

札幌時計台に隣接するクリニックで予防医学的アプローチを取り入れた診療を行い、年初には自由診療専門のクリニック「ゴールデンゲートクリニック」を開設、更に診療の幅を広げている。
保険診療を行う中で、各種疾患の奥に栄養欠損がある事を重視し、クリニックに勤務する管理栄養士と共に、オーソモレキュラー療法を中心とした栄養療法を実践する事で、より効果的な治療を目指している。
今回はその豊富な経験を元に、保険診療から自由診療である栄養療法へ、患者さんをどの様に導いて行くか、改善例なども含めてお話し頂く。

button

東京会場 1人目
西岡 秀樹

西岡秀樹税理士・行政書士事務所 所長医業経営研鑽会 主宰

一般病院、精神科病院、クリニック、歯科医院、医療法人、MS法人(メディカルサービス法人)などに対する医業経営コンサルティングが専門。
前例主義に陥りがちな行政側の指示に盲目的に従うのではなく、「正しい制度をしっかり把握し、クライアントである医療機関の利益をきちんと追求してくれる専門家」として全国のドクターに頼りにされる存在。
2014年11月に中央経済社から発行された「税理士・公認会計士のための医業経営コンサルティングの実務ノウハウ」や、2015年6月に日本法令から出版された「自由診療・サプリメント導入実践マニュアル」などが、医療機関で本当に役立つ内容の書籍として高い評価を獲得。
2014年6月の閣議決定、8月の厚生労働省の事務連絡を受け、現場での経験を踏まえて、医療機関がサプリメントを扱うに当って知っておくべき最新の法制度の情報をアップデートして頂く。

button

東京会場 2人目
田中 孝

田中消化器科クリニック 院長日本抗加齢医学会 理事

静岡市内で、スタッフの抜群のチームワークで「感動を呼ぶクリニック」として評判の消化器専門クリニック(日本抗加齢医学会認定施設)を開業。
特に「超早期でのガンの発見」を目標とした、内視鏡検査の評価が高く、全国から患者さんが集まる。
更に、ガン発症そのものの予防を目指し、生活習慣の指導やサプリメントの活用を勧め、患者さんから絶大な信頼を得ている。抗加齢医学(アンチエイジング医学)にも積極的に取り組み、平成27年5月から日本抗加齢医学会理事に就任。
保険診療を主体にしたクリニックが、どのように抗加齢医学やサプリメントを活用して実績を上げているのか、具体的なポイントをお話し頂く。

button

東京会場 3人目
多田 昌代

アークレイマーケティング株式会社マーケティング統括部学術推進チーム

臨床検査機器試薬の国内トップメーカーであるアークレイ株式会社から、アンチエイジングに関連した検査についてご紹介頂く。
アークレイ株式会社は、糖尿病患者の血糖測定器で国内トップシェアを持ち、更にはクリニック向けの小型で簡便な検査機器の開発販売も行っている。
今回は、2014年に発売を開始した、酸化ストレス度と抗酸化力を簡単に測定できる機器と試薬について、その測定原理と測定方法などをお話し頂く。

button

東京会場 4人目
山村 美雪

札幌スポーツクリニック・ゴールデンゲートクリニック 院長

札幌時計台に隣接するクリニックで予防医学的アプローチを取り入れた診療を行い、年初には自由診療専門のクリニック「ゴールデンゲートクリニック」を開設、更に診療の幅を広げている。
保険診療を行う中で、各種疾患の奥に栄養欠損がある事を重視し、クリニックに勤務する管理栄養士と共に、オーソモレキュラー療法を中心とした栄養療法を実践する事で、より効果的な治療を目指している。
今回はその豊富な経験を元に、保険診療から自由診療である栄養療法へ、患者さんをどの様に導いて行くか、改善例なども含めてお話し頂く。

button

10/25(日) 東京会場
タイムスケジュール

開場 9:30

10:00~10:10 開会説明
10:10~10:55 田村 忠司(第1部)
●医療にサプリメントを活用する意義

11:00~12:00 西岡 秀樹 先生
●医療機関のサプリメント活用に関する法制度アップデート解説

12:00~13:00 昼食・休憩 
※お弁当をご用意しております。

13:00~13:50 田中 孝 先生
●消化器科クリニックにおけるサプリメントの活用方法

14:00~14:45 多田 昌代 先生
●アンチエイジング関連検査のご紹介 特に酸化ストレス検査について

14:45~15:10 休憩

15:10~16:00 山村 美雪 先生
●保険診療から始まる栄養療法

16:10~17:10 田村 忠司(第2部)
●医療機関がスムーズにサプリメントを導入するためのポイント

17:10~17:30 質疑応答

終了 17:30

講師紹介
11/29(日)博多会場

博多会場 1人目
西岡 秀樹

西岡秀樹税理士・行政書士事務所 所長
医業経営研鑽会 主宰

プロフィールについては
東京会場をご参照ください。

button

博多会場 2人目
中島 孝哉

医療法人中島こうやクリニック院長

総合診療医としての臨床経験を生かし、地域住民がわざわざ大病院に行かなくても的確な診断と初期治療を受けられるクリニック、大学病院に負けない総合診療科を目指して開院。予防医学の総合診療ともいえる抗加齢医学と出会い、自由診療やサプリメントによる栄養療法を導入。ホルモン補充療法やセカンドオピニオンを求めて九州一円から患者様が集まる。臨床研究にも力を入れており、男性ホルモン補充療法後の唾液中男性ホルモンの変動についての論文は、2014年日本性機能学会賞を受賞。自由診療やサプリメントの導入の目的は、利益を上げるためではなく、診療の質を高めるためだと考える中島先生に、自由診療やサプリメント療法を取り入れる際の工夫について語って頂く。

button

博多会場 3人目
古屋敷 有子

ふるやしき歯科 副院長

本当の体の健康と笑顔を持ち続けて頂きたいという長年の願いから、美と健康のケアハウス、「アンチエイジングハウスRex」を歯科医院の隣に2012年に開設。「患者様の笑顔を素敵にする」「いつまでも若々しい笑顔を保つ」ことを目標に取り組んでおられる。 元々は地域に根ざした保険診療中心の取り組みの中で、患者様に自費診療やサプリメント、化粧品などをお勧めすることに躊躇していたことがあった。しかし、いくつになられても患者様はキレイになることで喜び、感謝の言葉をもらえるようになり、自信を持って「オススメ」することが必要だとおっしゃる古屋敷先生に、それらの経験を交えた歯科医師としてのサプリメントの活用術を語って頂く。

button

博多会場 4人目
沼田 光生

海風診療所 院長

山口県周南病院で理事長を勤める一方、「ニコニコ」=精神(心)・「テクテク」=血流(運動)・「カムカム」=栄養(食事)が慢性疾患からの克服や、病気にならないために最も必要な要素と捉え、2011年に診療所・心理カウンセリングルーム・フィットネスジム・カフェ・鍼灸整骨院を備えた予防医療を推進する総合施設として【trèfle plus トレーフルプリュス】を周南市に開設。今回は予防医療についてのお考えとサプリメントの活用状況を語って頂く。

button

11/29(日) 博多会場
タイムスケジュール

開場 9:30

10:00~10:10 開会説明

10:10~10:55 田村 忠司(第1部)
●医療にサプリメントを活用する意義

11:00~12:00 西岡 秀樹 先生
●医療機関のサプリメント活用に関する法制度アップデート解説

12:00~13:00 昼食・休憩
※お弁当をご用意しております。

13:00~13:50 中島 孝哉 先生
●クリニックの価値を高めるための自由診療とサプリメント

14:00~14:45 古屋敷 有子 先生
●口元だけでなく本当の体の健康と笑顔への取り組み(仮題)

14:45~15:10 休憩

15:10~16:00 沼田 光生 先生 
●当診療所における予防医療への取り組み(仮題)

16:10~17:10 田村 忠司(第2部)
●医療機関がスムーズにサプリメントを導入するためのポイント

17:10~17:30 質疑応答

終了 17:30

対象

医師・歯科医師の方【定員:50名】

参加費

お一人様:10,000円(税込)

※医師・歯科医師1名様ご参加につき、同伴のスタッフ1名様は無料でご参加いただけます。
※スタッフ様のみのご参加はご容赦のほどお願い申し上げます。

対象

医師・歯科医師の方【定員:50名】

ヘルシーパス セミナー事務局

info@healthy-pass.co.jp

電話でのお問合せは
0120-797-464
(9:00~18:00 / 土・日・祝日休み)