オーガニックコットン✖️たまねぎ
〜玉ねぎマフィンと1ドリンク付〜

参加費1,500円〜
素材の持込要相談

服エコ、始めませんか?

選ぶ時が始めどき
あなたは服を買う時、どんな基準で選んでいますか?
好きなブランド、似合うデザインや色、値段...
いろんな選択の基準があると思います。

今日から「地球に優しい服の選択」を考え始めてみませんか?

このワークショップではただオーガニックコットンを染めるだけでなく、なぜ服にもオーガニックが必要なのかを楽しく知っていただけるものになっています。作って知って、使えるモノと知識を持って帰っていただけるスペシャルな内容です。


衣料品と環境?

実は環境に大きな影響がある衣
大量生産、大量廃棄のファッション業界。
安くて手軽に手に入るというメリットの裏に深刻な環境問題があるということはご存知でしょうか?特にファストファッションが流行してから、その影響は顕著になっています。今日の一過性のトレンド重視による消費は途上国の環境や人権、貧困問題に 加担していると言わざるを得ません。

たとえばインドのガンジス川は入ってはいけないと言われていますが、それはなぜかご存知ですか?
皮製品などによる汚染がひどく、危険だからです。
また綿が生産されている土地の面積は全作物の面積あたり2.5%しかありませんが、
農薬の使用は16%にもなると言われています。
私たちの肌に直接触れるものが、農薬だらけ、さらに生産者の健康被害も多く報告されています。

だから、人も地球も守るために。「服エコ」が必要なんです。

ワークショップの流れ

ワークショップの流れについてです。

玉ねぎ染め

絞りを入れていただきます
まず染める前に模様をつけるために輪ゴムで布の一部をつまんでいきます。(いわゆる「絞り」です)。どこをどんな風にとめるかで出来上がりに個性が出る部分です。
※絞った部分には色が入らないと言うことを考えて布をつまんでとめていってくださいね
ここから20分コトコト煮込みます
模様をつけるために輪ゴムでとめた後、媒染という行程を経て染め液で煮出します。じっくり30分。ムラにならないように時々混ぜながら煮込みます。

服エコプチ講座&クイズ

何で服でエコを考える必要があるのでしょう?
お鍋でぐつぐつ染めている間に服エコのプチ講座。
実は環境に対する影響が大きいファッション業界。でも日本ではそのことが知られていないのが現状です。「服が環境に影響しているのか?」や「オーガニックコットンがいいのか?」などをプチ講座を通じて知っていただきます。

玉ねぎ染めの完成

世界にたった一つのオリジナルのハンカチ完成!
約20分間煮て冷ましたらついに完成です!
化学染料を使用しないどころか、通常では捨ててしまう玉ねぎの皮を利用した玉ねぎ染め。
環境にもあなたにも優しいハンカチの出来上がりです。
大切に使ってくださいね!
グルテンフリー&ヴィーガンの玉ねぎマフィン付き
ワークショップに合わせて特別なスイーツをご用意。
食べて美味しい、環境に優しい玉ねぎマフィンを食べていただけます。
1ドリンク付きなので、その場で食べてもよし、持って帰ってもよし。
染めて、食べて玉ねぎを思う存分(!?)楽しんでください!!

私たちがやってます

エコ・エリコ
大阪生まれ。ワーキングホリデー中に、環境保護のためベジタリアンに。衣食住全てで地球に優しい選択が必要であると感じ、食エコ活動を開始。服エコも始めたものの、知識が無いため、ファッションについて勉強中。
Maya
兵庫県生まれ  京都の短大で染織を学び、アパレルメーカーの企画、テキスタイルデザインに携わる。着る人がハッピー、作る人も地球もハッピーな服作りをコンセプトにデザイナー・ライターとして活動中
Maya
兵庫県生まれ  京都の短大で染織を学び、アパレルメーカーの企画、テキスタイルデザインに携わる。着る人がハッピー、作る人も地球もハッピーな服作りをコンセプトにデザイナー・ライターとして活動中

オーガニックコットンの玉ねぎ染
ワークショップ

日時:2019年11月17日(日)
  ①13:30〜15:00  ②15:30〜17:00
会場:あべのながや六
              (御堂筋線 昭和町駅1番出口から北へ5分)
<参加費>
ハンカチ:1,500円
ハンカチ+マスク:2,000円
持込:1,000円(事前にお問い合わせください)