地酒タクシー2018

<シーズン6>

枡作り体験・ランチ・酒蔵巡り







申し込み

       <日時>     
     2018年8月4日(土)
      AM10:00

      <集合場所>
   JR岐阜駅じゅうろくプラザ前

       <行程>
  10:00 
  JR岐阜駅じゅうろくプラザ

  11:00~12:00
  大橋器量(大垣市)にて枡作り体験

  12:30~13:30       
  ランチ@大垣フォーラムホテル  

  14:00~15:00        
  酒蔵見学&試飲@渡辺酒造醸(大垣市)

  15:40~16:40
  酒蔵見学&試飲@日本泉酒造(岐阜市)

  17:00      
  JR岐阜駅解散

<ご案内>
この旅行は株式会社日本タクシーが自社の所有する観光バスを用いて募集する日帰り旅行であり、この旅行に
参加されるお客様は当社と募集型企画旅行契約を締結(以下「旅行契約」)することになります。


<下記の企画旅行の旅行代金に含まれるもの>
交通費(小型バス)駐車料金代、枡作り体験代、昼食代、保険代、企画料金及び消費税

<ご予約・お支払方法>
・長良川おんぱくサイトのWEB予約のみ
(※電話での受付はしておりません)
・予約が完了しましたら、コンビ二でお支払できる振込用紙を郵送いたします。
・振込み用紙到着後1週間以内にコンビ二よりお振込み(振込手数料当社負担)



<最少催行人数>
最少催行人数に満たない(10名)場合は中止させて頂くことがございます。
その場合は出発日の4日前までにご連絡致します。

<取消しについて>
旅行契約後、お客様の都合によりご旅行を取り消される場合には
お一人様に付き下記料金を請求させていただきます。

<<開催日直前のキャンセル料について>>
・1週間前から3日前まで 参加費の50%
・2日前から当日     参加費の100%
長良川おんぱく参加規約より

契約内容・条件は各コースごとに記載されている条件のほか、出発前
に(メール等にて)お渡しする日程表・約款等および長良川おんぱく参加規約によります。


皆様と思い出の残る旅行ができるのを心より楽しみにしています。
株式会社日本タクシー 岐阜県知事登録旅行業第2-39号
企画担当 国内旅行業務取扱管理者 山田康二郎


”名水あるところに名酒あり”
揖斐川VS長良川

枡作り体験
@枡工房ますや

大垣市は、「木枡」の生産において、全国の8割をつくる日本一の産地です。この大垣の枡を手作り体験致します。ぜひこれを持ってお家で一杯どうですか。

ボタン

渡辺酒造醸

明治35年創業。
「水の都 大垣」

大垣は古くから、豊富な湧き水と数多くの清流が流れていることから 「水の都 大垣」と呼ばれており、渡辺酒造醸でもその湧き水を使用しています。

4代目女性杜氏 渡邊愛佐子さんの酒造りの想いを聞いて、歴史を感じて渾身の一杯。


ボタン

日本泉酒造

「清流長良川の伏流水」かけがえのない自然の恵み、厳選された極上の米、その一粒一粒に精魂をこめて、妥協のない酒造り。
日本酒のシャーベット!しぼりたての純米吟醸原酒を生のままビンに詰めてすぐに冷凍した凍結酒も夏にピッタリ!

ボタン

大垣フォーラムホテル
ランチ

途中で皆さんと楽しく”料理長おまかせ御膳”を頂きます。

ボタン

地酒タクシーとは?

 
酒蔵を巡るジャンボタクシー&小型バス

 岐阜には何もない、地方には何もない。だから都会に行く・・・。本当にそうでしょうか。私もそうでしたが、何もないのではなく、”知らないだけ”・”知らないまま時間が過ぎ去ってるんじゃないか”そんな問題意識の中、岐阜の長良川をテーマに数々のオリジナルのプログラムを展開している長良川おんぱくさんのご協力のもと約3年前から試行錯誤そしてテスト的に開始され、今に至っております。

長良川→水→土地→地酒→酒蔵→地酒タクシー

 酒蔵さんを単純に廻って見学・試飲しているのではなく、目的地に行くまでに生まれる”移動時間”にその土地をいかに楽しく知ってもらうかを意識したり、そこの土地、お水、お米そして蔵人の想いで作られた地酒を皆で一緒に共有・体感してもらうツアーです。そして岐阜のファンになってもらいたい。そんな想いで日々試行錯誤しています。

”ラベルが浮かびあがる”

酒蔵の匂い、音、雰囲気、歴史を肌で感じそして蔵人たちの想いを聞いた上での渾身の一杯。

移動中に何気なく目に入るその土地の景色、建物、文化や歴史。

一期一会の出会いと限られた時間での笑い話、共通体験と思い出。

そんな3次元の情報が、いつかどこかでその地酒に再会した時に

ラベルをほんの少しだけ浮かびあがらせて見せてくれる。

味と酔いにほんの少しだけ奥行きを創ってくれる。

普段の生活の中でこの”ほんの少しだけ”が生まれたら何か幸せじゃないですか。

ぜひ、たまたま入った飲食店のメニュー表や

食事処のお酒の陳列などで再会したときに体感してもらいたい。


特に県外の飲食店で地酒タクシーで廻った地酒に偶然出会ってほしい。

単純に嬉しいですよ。

それが地酒タクシーの醍醐味だと思うんです。

ぜひ一緒に楽しみましょう。