ハクビシンを
駆除しなければならない理由や
おすすめの業者

見た目は可愛らしい姿をしていますが、ハクビシンは害獣のひとつです。今回は、なぜハクビシンを駆除しなければいけないのか、おすすめの業者はどこなのかなどについて紹介していきましょう。全国的にハクビシンによる被害が増えているので他人事で考えていると大変なことになるかもしれません。

ハクビシンを駆除する理由

こちらではどのようなハクビシン被害があるのかを見ていきましょう。被害を見ることで、なぜ駆除しなければいけないのかを知ることができるはずです。

 ・騒音被害

ハクビシンは夜行性のため、夜中に行動をします。その結果、天井裏などでドタバタと動き、騒音によって眠れないという被害も増えています。1匹だけではなく複数いた場合は、更に騒音が酷くなるのでとても眠れたものではありません。

 ・健康被害

ハクビシンの糞尿などから発生する害虫によって人間の健康被害をもたらすことがあります。ハクビシンによる被害の中でも、健康被害は深刻なもののひとつと数えられています。

 ・異臭被害

ハクビシンの糞尿は不快なニオイを放つため、異臭による被害も意外と多いです。異臭被害を長く受けることで、家にニオイが染みついてしまいます。ハクビシンを駆除しても、異臭が残ってしまい、大きな修繕をしなければいけないケースも珍しくありません。

ハクビシン駆除業者の選び方

こちらでは、ハクビシン駆除業者の選び方について見ていきましょう。慎重な業者選びをしないと依頼自体が失敗だったということになりかねないので気をつけましょう。

 ・許可を得ているか

ハクビシンは害獣ではありますが、鳥獣保護法の対象となっています。そのため、都道府県の許可を得ていない人が勝手に駆除や捕獲をすることはできません。例え、被害を受けている人であっても勝手に駆除ができないのです。そのため、ハクビシン駆除は都道府県から許可を得ている業者に依頼しなければいけません。

 ・説明が丁寧か

ハクビシン駆除と言っても、依頼する側にとっては馴染みがありません。そのため、分かりやすい説明をしてくれる業者かどうかにも注目しましょう。曖昧な説明や契約を急ぐような業者の場合は信頼できるとは言えません。

 ・詳細な見積もり書か

業者の中には見積書も出さないところがあります。しかし、詳細な見積もりを出してもらわないと「どこ」に「いくら」かかっているのか分かりません。疑問が残ったまま契約をしないようにしましょう。

悪質業者もいるので注意しよう

ハクビシン駆除業者の中には、残念ながら悪質な業者もいます。こちらでは、悪質業者がどのような特徴を持っているか見ていきましょう。

 ・関係ない工事も勧められる

悪質業者の特徴として、ハクビシン駆除だけではなく家屋の修繕など駆除とは関係ない部分の提案もしてきます。中には修繕と駆除と請け負っている業者もありますが、駆除する前から修繕の提案はしません。

 ・駆除方法を教えてくれない

業者によってハクビシン駆除の方法は異なります。しかし、依頼主が「どうやって駆除するのか」と聞いても曖昧に誤魔化す業者は悪質と考えましょう。しっかりとした業者であれば、駆除方法の説明はしてくれます。駆除方法を教えてくれないということは、駆除をするつもりがないと考えられても仕方ないのです。

 ・契約を迫る

ハクビシン駆除には決して安くはない費用がかかります。そのため、見積書を出してもらっても契約を悩む人もいるでしょう。そういった人に執拗に契約を迫る業者は悪質です。例え、悪質業者ではなくてもやり方が悪質業者と変わりありません。

おすすめのハクビシン駆除業者とは?

こちらでは、おすすめのハクビシン駆除業者について見ていきましょう。ハクビシン駆除業者選びに悩んでいる人は候補のひとつにしてみてください。

 ・NEO

古い建物の実績が豊富な業者です。特に寺院の駆除実績は業界ナンバーワンと言われています。豊富な実績があることで、他社が駆除できなかった物件でも成功しています。

 ・アールズホールディングス

24時間電話対応を受けている業者です。ハクビシンだけではなく、さまざまな害獣や害虫駆除を得意としています。

 ・三共消毒

駆除業界の中でも大手に分類される業者であり、実績の豊富さでは他に遅れを取りません。創業年数が90年近くということもあり、さまざまな駆除に特化した業者です。

ハクビシン駆除業者の他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ハクビシン駆除にはさまざまな方法があります。
業者によって特徴などが変わるので、駆除方法で業者を選ぶのもいいかもしれません。
ハクビシンは放置していてもどこかに行ってくれるわけではありません。
むしろ繁殖してしまう可能性があるので注意しましょう。
一度でもハクビシンを見かけたならば、駆除業者に相談をしてどのような被害を受けているのか、
何匹いるのかなどを確認してもらいましょう。