第1回
最期まで口から食べられる街づくりフォーラム全国大会

主催:新宿食支援研究会
後援:厚生労働省
   新宿区
   日本在宅医療学会
   全国在宅療養支援診療所連絡会
   全国在宅療養支援歯科診療所連絡会
   全国薬剤師・在宅療養支援連絡会
   日本在宅栄養管理学会
   日本介護食品協議会
   その他多数
参加者
募集中

今すぐ申し込む

私たちの思い

私たち新宿食支援研究会は、食支援を「本人・家族の口から食べたいと言う希望がある、もしくは身体的に栄養ケアの必要がある人に対して①適切な栄養摂取 ②経口摂取の維持 ③食を楽しむことを目的としてリスクマネジメントの視点を持ち、適切な支援を行っていくこと」と定義しています。多種多様な人たちが対象であり、支援者でもあります。このような食支援は専門職だけでは実践できません。一般市民の方たちも巻き込んで初めて「最期まで口から食べられる街」が出来上がるのです。そうです。街づくりこそ今求められていることなのです。

口から食べられる街づくり

今回は日本の食文化を基盤に活動し、全国から注目を浴びている「京滋摂食嚥下を考える会」の荒金英樹代表をお招きし、新宿とは異なる「口から食べられる街づくり」を学びます。「戦略の新宿」と「文化の京滋」。全く異なる2チームのすべてを吸収してください。そして自分たちの地域における街づくりに活かしてください。私たち全員の願いは「最期まで口から食べられる国、日本」なのですから。

開催概要

会場・日時
名 称 最期まで口から食べられる街づくりフォーラム
日 時 2017年9月3日(日)
場 所 東京富士大学 二上講堂
東京都新宿区下落合1-9-6
主催 新宿食支援研究会
参加費用 前売券:3800円
当日券:5000円
主催 新宿食支援研究会
プログラム
10:00 開会挨拶
10:20 基調講演:荒金英樹先生「食支援による京の街づくり」
11:50 昼休憩
13:20 新宿流「最期まで食べることを楽しむ街づくり」実践法
13:50 多職種フォーラム
「最期まで口から食べるためにすべきこと」
15:40 パネルディスカッション
15:40 パネルディスカッション

基調講演:食支援による京の町づくり

「京滋摂食嚥下を考える会」は京都府下、滋賀県内で地域勉強会、実習、講演会等の支援を通じ、実りのある地域連携の推進を考えています。それにとどまらず、介護食を地域の食文化へするべく各種プロジェクトを展開している全国でも注目を浴びている会です。京都、滋賀は日本の食文化を支える様々な職人が活躍されてきた歴史と伝統のある地域。こうした食に関わる伝統職人の協力を得て新たな食文化の構築、食を通じての地域づくりを始めています。

講演:新宿流「最期まで食べることを楽しむ街づくり」実践法

五島朋幸


新宿食支援研究会が薦める街づくりの原則、「見つける、つなぐ、結果を出す、そして広める」(MTK&H)を全国の皆さんにお伝えします。

講師紹介

基調講演
荒金英樹先生
1992年京都府立医科大学医学部卒業、京都府立医科大学第一外科。1993年済生会京都府病院外科。1996年京都府立医科大学消化器外科。2000年愛生会山科病院外科医長。2004年愛生会山科病院消化器外科部長。「京滋摂食嚥下を考える会」代表。
講演
五島朋幸
1991年日本歯科大学歯学部卒。1997年訪問歯科診療に取り組み始める。2003年ふれあい歯科ごとう代表。新宿食支援研究会代表。2003年よりラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」(全国12局で放送)パーソナリティーを務める。
講演
五島朋幸
1991年日本歯科大学歯学部卒。1997年訪問歯科診療に取り組み始める。2003年ふれあい歯科ごとう代表。新宿食支援研究会代表。2003年よりラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」(全国12局で放送)パーソナリティーを務める。

タイムテーブル

10:00
開会挨拶・来賓挨拶
来賓
唐澤 剛 氏(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 地方創生総括官)
10:20〜11:50
基調講演
荒金英樹先生 「食支援による京の町づくり」
11:50
昼休憩
展示ブースでは多数の企業展示、また新宿食支援研究会のワーキンググループの展示、ポスター発表など行います。介護食の試食、車椅子の試乗など体験的に学べるコーナーを用意いたします。
11:50
昼休憩
展示ブースでは多数の企業展示、また新宿食支援研究会のワーキンググループの展示、ポスター発表など行います。介護食の試食、車椅子の試乗など体験的に学べるコーナーを用意いたします。
13:20〜13:50
講演
新宿流「最期まで食べることを楽しむ街づくり」実践法。
13:50〜15:20
多職種フォーラム
「最期まで口から食べるためにすべきこと」
15:40〜16:30
パネルディスカッション
最期まで口から食べられることを“楽しむ”街づくりのために何をすべきなのか。パネリスト、参加者が一体となって考えましょう!
15:40〜16:30
パネルディスカッション
最期まで口から食べられることを“楽しむ”街づくりのために何をすべきなのか。パネリスト、参加者が一体となって考えましょう!

多職種フォーラム:最期まで口から食べるためにすべきこと

食べるというのは機能だけではありません、全身管理、口腔環境、摂食嚥下機能、食事姿勢、食環境、食事形態などをトータルにそろえていかなければなりません。新宿食支援研究会のそれぞれのプロフェッショナルが語ります。

多職種フォーラム講師紹介

木村晶子
看護師
早稲田大学文学部にて演劇を学ぶ。卒業後、看護師を目指し看護専門学校を卒業。聖路加国際病院手術室、国立国際医療研究センター糖尿病内分泌代謝外来・病棟、内視鏡室での勤務を経験。リバプール大学にて公衆衛生を学ぶ。現在NPO法人maggie’s tokyoスタッフ。。
佐藤亜沙美
言語聴覚士
2015年訪問看護ステーションリカバリーに入職。在宅でSTとして関わる中で、STが在宅にはほとんどいない現状を知り、在宅STの普及活動を始める。その中で、新宿食支援研究会と出会い、五島代表協力の下、「新宿訪問ST連絡会」を設立。現在10名弱と少数ではあるが、着々と人数を増やし、新宿区内を中心に普及活動を行っている。
篠原弓月
歯科衛生士
地域食支援グループ「ハッピーリーブス」代表。東京医科歯科大学附属歯科衛生士学校卒業。2010年管理栄養士とともに食支援グループを立ち上げる。日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士。日本歯科衛生士会在宅療養指導認定歯科衛生士。日本歯科衛生士会摂食嚥下リハビリテーション認定歯科衛生士。
越後雅史
理学療法士
青森県七戸町出身、国際医療福祉大学卒業。東京都理学療法士協会新宿支部副支部長、新宿在宅リハビリテーション連絡会副会長としてリハビリ職の連携構築を目的に活動中。新宿食支援研究会では、ファンタジスタ、ハッピーリーブスに所属。食姿勢の大切さを訴え、新宿区にて活動中。
山上智史
福祉用具専門相談員
K-WORKER(新宿区)にてホームヘルパーとして介護福祉士資格を所有し在宅介護を経験。現在は同社で福祉用具専門相談員として福祉用具部の部長を務める。同時に高齢者の環境づくりを用具以外の面からもサポートできる便利屋事業(住まいるサポート)の所長を兼務。また新宿区協議会の運営員、新宿福祉用具貸与事業所連絡会の会長として活動。
赤木由紀子
管理栄養士
青森県野辺地町出身。東京家政大学家政学部栄養学科管理栄養士専攻卒業。1990年~2012年特別養護老人ホーム管理栄養士。2013年より学校給食栄養士を務める傍ら地域食支援グループ「ハッピーリーブス」に所属し、居宅療養管理指導業務を行う。2016年よりクリニックでの外来栄養指導、介護者教室等の研修会、新宿食支援研究会ヘルパー研修、サポート研修会講師等務める。
越後雅史
理学療法士
青森県七戸町出身、国際医療福祉大学卒業。東京都理学療法士協会新宿支部副支部長、新宿在宅リハビリテーション連絡会副会長としてリハビリ職の連携構築を目的に活動中。新宿食支援研究会では、ファンタジスタ、ハッピーリーブスに所属。食姿勢の大切さを訴え、新宿区にて活動中。

パネルディスカッション講師紹介

佐藤修
介護職
株式会社K-WORKER代表取締役。
デイホーム笑み管理者。
一般社団法人つどいの駅理事。
新宿区事業者協議会運営委員。
新宿食支援研究会WG「食べる☆デイ 」代表 経営と現場から在宅生活を支える活動する。

展示ブース

展示ブースでは多数の企業展示、また新宿食支援研究会のワーキンググループの展示、ポスター発表など行います。介護食の試食、車椅子の試乗など体験的に学べるコーナーを用意いたします。

協賛企業一覧

後援一覧

  • 厚生労働省
  • 新宿区
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • 日本老年医学会日本在宅医療学会 
  • 全国在宅療養支援診療所連絡会
  • 全国在宅療養支援歯科診療所連絡会
  • 全国薬剤師・在宅療養支援連絡会
  • 日本在宅栄養管理学会 
  • 日本言語聴覚士協会
  • 日本ホームヘルパー協会
  • 日本介護食品協議会
  • 東京富士大学
  • 食品科学新聞社
  • 東京都医療社会事業協会
  • ケアマネット新宿
  • 新宿区通所サービス事業所連絡会
  • 新宿区訪問介護事業所連絡会
  • 新宿訪問ST連絡会
  • 新宿ソーシャルワーカーの会
  • 新宿区福祉用具貸与事業所連絡会
  • スポーツ医療研究会
  • 介護者サポートネットワークセンター・アラジン
  • ブライトライフ