Drag Recovery 金沢
ドラッグリカバリーカナザワ
Drag Recovery Kanazawa
2020年9月 開設!
この度、一般社団法人セルフリカバリー・アウルリングス株式会の協力を得まして、
ドラッグリカバリー金沢を立ち上げることに至りました。

薬物依存症の支援に欠かせないものは社会的支援です。
一般法人セルフリカバリー・アウルリングス株式会社・ドラッグリカバリー金沢の
連携により、麻薬・覚せい剤・大麻・危険ドラッグ・鎮痛剤・睡眠薬などの
問題に苦しむ方々への自立回復支援・対応を
ワンストップにて行うことが可能となります。

私達Drag Recovery Japan(ドラリカ)では、
ご本人、ご家族さまからの相談により
回復のチャンスを作ることが出来ると考えます。


自身の意志、根気を打ち砕く薬物依存症
「依存症」という言葉に対して「意志が弱い」「継続できない」という意見、考えが多く見られます。そして未だに病であるという認識がされていません。
先ずは「病」であることを認め、治療、対処が必要になります。
そして、いかなる「病」にも、そばに理解者がいることによって回復を促進できます。



人との関わりが回復を可能にします
当事者でしか分からない「依存症」の辛さ、苦しさを共有することが回復を進めます。であれば同じ悩み、苦しみを抱いた仲間たちと協働して回復を目指す事に未来が見えてきます。
環境を変えることが回復に繋がる
ドラッグリカバリーでは居住支援もしております。以前の仲間との関係を断つことが再生への一歩です。

セミナー案内 9月
安全な水 半数近くが安全な水を利用できていません
衛生施設 9割が安全な衛生施設を利用できていません
識字率 識字率は68%です(女性の識字率は19%低い)
貧困率 7割近くの人が1日1.25米ドル未満で暮らしています
貧困率 7割近くの人が1日1.25米ドル未満で暮らしています

回復へのプロセス

水タンクを設置し、何キロも先から水を運ばなくても水を利用できるようになります
水タンクを設置し、何キロも先から水を運ばなくても水を利用できるようになります
水タンクを設置し、何キロも先から水を運ばなくても水を利用できるようになります
水タンクを設置し、何キロも先から水を運ばなくても水を利用できるようになります

よくあるご質問

  • Q
    ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
    A
    タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
  • Q
    ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
    A
    タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
  • Q
    ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
    A
    タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。
  • Q
    ペラウォータープロジェクトは、最初の協力国としてなぜタンザニアを選んだのですか?
    A
    タンザニアでは急性栄養不良の子どもの割合が高く、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、約67%の家族が年間を通して十分な食糧を得ることが難しい状況です。