第42回2018日本ホビーショー
あすなろ手芸店&EGG SHELL MOSAIC® ART & CRAFT
合同企画ワークショップ

幸せを運ぶ四つ葉のクローバーの種入りオリジナルフレームで
緑を育てる虹色モザイクのアクセサリーをつくろう
(たまごの殻のモザイクアート体験)
皆様、たくさんのご参加をありがとうございました!
こちらはリユース(メンテナンス)ページになります。

★★★初心者向け★★★

第42回日本ホビーショー
2018年4月26日(木)27日(金)28日(土)
 東京ビッグサイト
場所:あすなろ手芸店ブース内にて
開催は終了いたしました。

みなさまよりご感想を頂きました

S.O様 とても楽しくてあっという間の1時間でした。ありがとうございます。

A.Y様 丁寧に教えて頂きありがとうございました。楽しかったです。

A.F様 レジンとインクとたまごの殻でかんたんにできて楽しかったです。

K.K様 とてもきれいに仕上がってよかったです。

M.K様 不器用ですがかわいらしく作れて満足です。

C.S様 とても楽しかったです。またやってみたい!!

N.F様 色の乗せ方が難しいと思いましたが、アドバイスのおかげで楽しく作ることができました!

R.Y様 とても素敵なあモザイクが出来上がり、驚きました。メールからお手数をおかけしました。自分で考案された、と伺い、再度驚きました。ありがとうございました。

E.K様 楽しかったです!!

J.O様 とても楽しかったです。色の乗せ方がちょっとむずかしかったけれど、上手にできたと思います。

I.O様 とても楽しく作業できました。卵のことはおどろきでしたが、タメになりました!ありがとうございました。

R.M様 とても楽しかったです。また作りたいと思いました♥ありがとうございました!!

Y.T様 耳が不自由でも、やさしくわかりやすく教えてくださり、とても楽しい時間でした。ありがとうございます!!

Y.Y様 とっても楽しかったです!

Y.O様 クイズやプレゼントもあり、とても楽しく作れました。また作りたいです。

M.F様 初めてでも楽しくできました!レジンのコツも教えて頂けて、よかったです。

E.T様 とても楽しく作ることができました。

M.M様 とてもわかりやすく楽しかったです。

K.Y様 好みの色を出すのが思った以上に難しかった。いろいろ試してみたくなった。殻をはっていく作業にもチャレンジしたいと思った。

N.N様 色をつけるのが難しかった。楽しく過ごせました。ありがとうございます。
  ※N.N様 K.Y様 ご受講ありがとうございます。エッグシェルモザイクの色差しは、色と色が偶然に混ざり合うのを楽しんでいただく感覚のものなので、お伝え方がうまくできず、大変失礼いたしました。また次回どこかで機会がありましたら、色の偶然の混ざり合いを楽しみにいらしてください!

S.K様 初めてやりました。すごく楽しめました。木の枠も素敵です。卵の殻がアクセサリーになるのも興味深いです。またワークショップ楽しみにしています^^

M.F様 とても面白かったです。少し色を塗るのが難しく、うまくグラデーションにならなかったのが、それはそれで楽しかったです。

Y.M様 今まで作ったことがないエッグシェルで楽しかったです!!また作ってみたいです!!ありがとうございます。

K.S様 色付けが思うようにできなかった。卵の殻をどのようにしたら台になるのかも知りたかった。ありがとうございました。
  ※K.S様 受講ありがとうございます。卵の殻の貼り方は、実は、簡単そうに見えてかなり習熟が必要な工程で、こうした短時間のワークショップではレッスンが難しくなっております。またレッスン開催の機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

A.K様 初めてみてぜひやってみたいと思いました。とても楽しかったです。ありがとうございました。

Y.K様 目が悪いので大変でした。
  ※Y.K様、それは大変失礼いたしました。次回より、眼鏡や拡大鏡がご入用の方へのお知らせを忘れずにしたいと思います。ご不便をおかけしまして申し訳ございません。受講ありがとうございました。

Y.H様 初めから作ってみたいです。色のセンスが難しいですね💦

Y.U様 とても楽しかったです。自分の作品に応用したいと思います。

K.O様 楽しかったです。ヒビのところが好き。インクのにじむところが好き。出来上がりは大満足でした♡

Y.F様 はじめ色のでかたがわからなかったけれど、レジンでコーティングしたら意外にきれいな色合いになって、うれしかったです。

Y.O様 とても楽しかったです。グラデーションが好きなので、夢中になりました。

R.Y様 MAKERSで色付け体験をしてとても楽しかったので、今回も迷わず申し込みました。木枠も大好きなので、とても嬉しいです。二つ作ってパーツ一つお持ち帰りできるので、お家で加工を楽しみます♪
  ※R.Y様 お友達皆様とのご受講、ありがとうございました^^ぜひぜひ、お持ち帰り頂いたパーツの作品も出来上がりましたら拝見させてください!

K.S様 インスタグラムで見て気になっていたので、実際に作れてよかった。自分でも家でもう1回やってみて、作品を作りたいです。

S.Y様 カラーインクの透明な感じと、たまごの殻の自然な割れ目が素敵でした。

A.S様 色付けがとても難しかったですが、楽しかったです。また次の機会、楽しみにしております。

M.K様 カラーインク以外でも色付けできますか?
  ※M.K様 はい、できます。絵の具で注意する点は、なんといっても退色です。本講座では、作品の用途に合わせて、カラーインク以外にも、水彩、アクリルなど様々な色材を使い分けていきます。

M.J様 楽しかったです。卵の殻の作り方を紙で良いのでほしかったです。
  ※M.J様  卵の殻の貼り方は、美しく貼ろうとすると、実は想像以上に難しく、講師の手技を実際に見て、何度も練習して習熟していただく性質の工程なのです、大変申し訳ございません。

Y.T様  はじめてでもとてもきれいにできて楽しかったです。スタッフの方も優しく親切で話しやすかったです。ありがとうございました。

K.M様 エッグシェルモザイク、楽しみにしていたので、体験できてよかったです。ありがとうございました。

C.T様 色付け~レジンと時々変化していく様子がとても美しく、楽しかったです。ありがとうございました。PS.先生、お名前とてもかわいいですネ♡
  ※C.T様 ありがとうございます^^お名前の話で盛り上がって、私もとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

S.K様 色付け楽しくできました。かわいいものができました。

T.M様 とても美です、たまごすごい!!

N.O様 とても楽しくさせていただきました。ぜひ自宅でもチャレンジしてみたいと思います。

T.K様 とっても楽しかったです! 勉強になることが多く、本当に良かったです。

K.M様 卵の殻を使用するということがとても新鮮で、工夫されているなと感じました。色遣いが楽しく、他の色も使ってみたいと思いました。

C.K様 はじめてでしたが、とても楽しかったです。細かく教えていただいて、綺麗な作品ができてうれしいです。ありがとうございました。

ご参加くださいました皆様へ。
色が褪せてきたら
リユース(再利用)の方法を見てみましょう

どんなに美しいものも、いつかは腐る

だから、リユース(再利用)できるアクセサリーを考えてみました

ふつうならば、アクセサリーは、長い間品質が変わらず使えることを前提としてつくらていますが、この「緑を育てるアクセサリー」には、【鑑賞期限】があります。

それは、中央のエッグシェルモザイク部分の色が褪せるまで。

今回に限り、エッグシェルモザイクのカラーは、時の経過とともに色が褪せるカラーインクを使っています。色止めもしていません。この世界のあらゆるモノは、いつかはその役目を終えて捨てられる運命にあります。そのとき、できる限り環境にやさしく捨てられることができ、まだ使える部分はリユースして楽しむことができるようにと考えて設計されています。

(もちろん、すぐに色あせてしまうわけではありません。約1~2年ほどして、色あせてきたなと思えるくらいになりましたらリユース時です)

フレームと底板をはがして、中から四つ葉のクローバーの種を取り出します

水は、底板と枠の接着面よりぎりぎり上くらいまで。
時間は30分~1時間弱程度、水に漬け置きすると、底板とフレームの間のボンドが緩み、取れやすくなります。隙間にカッターナイフの刃などを入れて、少しずつ底板とフレームを剥がしてください。
中から四つ葉のクローバーの種を取り出します。(とても小さいので慎重に)
種は土へ植えて、四つ葉のクローバーが成長するのを楽しんでください。
※種について・・・・種は、栽培条件などにより四つ葉の発生率が変わります。必ず四つ葉が出てくるとは限りません。あらかじめご了承ください。

残った木枠をしっかりとプレスしつつ乾燥させます。あなたの発想で素敵なアクセサリーに生まれ変わらせてください。

木枠をしっかりと乾燥させたら、お好みのアレンジをして楽しみましょう。
天然の木の風合いと似合う花や貝殻、粘土や刺繍など、ご自身の得意分野を生かして、いろいろなアイデアで作品を生まれ変わらせてみてください。

(天然の木材のため、水分を含むと反ることがあります。その場合は、平らで重みのあるものでのして、形を整えつつ乾燥させてください。)

この四つ葉のクローバーデザインの木枠は、今回のワークショップのためにつくった特別なデザインです。ぜひ、ご活用されましたら、作品の写真を下記までお知らせください。FBやインスタなどでご紹介させていただけたら嬉しいです。

E-mail  eggshellesperanza7@gmail.com

木枠でもっといろいろな作品が作りたくなったら

また、あすなろ手芸店では、ほかにもたくさんの種類の木枠をご用意しております。簡単で可愛くて楽しいハンドメイドが、国産材で楽しめるアイテムが盛りだくさん!
もっと木枠のアクセサリーにチャレンジしてみたくなったら、ぜひ、こちらからお好みのデザインをいろいろと探してみて下さい。

あすなろ手芸店ウェブショップはこちらをクリック

あすなろ手芸店WEBショップへ

もう一度エッグシェルモザイクをしてみたくなったら

【エッグシェルモザイク】で作れるものは、アクセサリーからインテリアまで無限大。あなたのアイデア次第でいろいろなものが作れます。モザイクタイルのような質感、独特の亀裂の美しさ、色彩の多彩さ、という【エッグシェルモザイク®】ならではの表現は、アクセサリーだけではなく、インテリア小物やフラワーアレンジメントまで、様々な既存のハンドメイド分野に応用が可能なのです。
きっとあなたの作品のオリジナリティをさらに深めてくれる強力な味方となります。
色々な作風をご覧になりたい方は、EGG SHELL MOSAIC ART & CRAFTのホームページへGO!

エッグシェルモザイクアート&クラフトHPへ

お問い合わせ

EGG SHELL MOSAIC ART & CRAFT
(エッグシェルモザイクアート&クラフト)
(栃木県)

捨てられるはずの卵の殻を使って、虹色のモザイクを作り、アクセサリーや雑貨など、いろいろなハンドメイドに応用できる技法を独自開発しました。(商標取得済み)

また、自宅に居ながらにして全国の生徒さんにレッスンできる方法を研究して、どこでもだれでもどんなときも、エッグシェルモザイクを楽しめるための仕組みづくりを実践中です。

エッグシェルモザイクを習って作家活動や講師活動を目指す方のため、アドバイザーコース(初級)、インストラクターコース(中上級)を開講しています。

レッスンへのお問い合わせは下記ホームページより。

エッグシェルモザイクアート&クラフトHP

あすなろ手芸店
(鳥取県)

ハンドメイドから社会問題にアプローチする」がコンセプトのエシカルな手芸資材専門店です。

鳥取の無垢のスギ・ヒノキを使って、レジン用の木製フレームやアクセサリーにできるパーツ等をオリジナルで制作しています。

木の魅力を伝えることで国産材の消費を増やし、日本の林業を活性化して森を元気にすることを目指し、他にはない魅力的な手芸資材を日々生み出しています。

作家さんも安心して使えるよう、素材は全て商用・二次利用OK。

ご注文、お問い合わせは下記ウェブショップまで

あすなろ手芸店HP

なぜ国産の間伐材を使うといいの?

【なぜ、間伐(密集しすぎた木をまびくこと)をしないといけないの?】
日本の人工林(木材の利用を目的として計画的に植林された森)は約1000万haもあります。(東京ドームで換算すると約2百万個越え!)それら人工林は、間伐されずにほおっておくと、成長に伴い木が密集して暗い森になり、下草などが生えず、水を保つ力などが失われ、風雪に弱い、もやしのような森になってしまうのです。

【間伐をすれば、森はどうなるの?】
人工林をきちんと手入れすれば、地面まで太陽の光が届き、下草が生え、土が水を保ちます。木は太く生育が良くなり、風雪にもよく耐えるようになります。豊かになった森では、様々な生物が生息できるようになり、生き生きとした森へと変わっていくのです。それには、何十年、何百年といった長いスパンで、森を整備しつづけて健康な状態で保っていかなければなりません。

【森のお手入れをするのに必要なものは?】
森のお手入れをする林業は、地球を相手にした壮大なお仕事なのです。大切な森の手入れにお金が回るようにするには、国産の間伐材をたくさんの方に利用していただけるように工夫しなければなりません。この四つ葉のクローバーのフレームを使ったペンダントづくりをとおして、すこし遠い未来の森が、いろいろな生物が生き生きと暮らす、明るくて元気な森になっている様子に想いを馳せていただけたら嬉しいです。

ここから下は、ワークショップの内容です。
どんなワークショップだったのか、ご参考にご覧ください。
またいつかどこかで、この四つ葉のワークショップが
できたらいいなと企んでいます。
ワークショップの手順を見て見よう

Step1 エッグシェルモザイクに色を差します

まるでモザイクタイルみたいでおしゃれで綺麗。普段何気なく捨ててしまっている卵の殻を再利用してできる新しいクラフトが【エッグシェルモザイク®】です


今回のワークショップでは、あらかじめ卵の殻を貼ってあるインナーパーツをご用意しました。そこにご自身の好きな色をたくさん差して楽しみます。

エッグシェルモザイクのいちばん楽しい工程はなんといってもその自由な「色差し」です。
色塗り、ではなく、色差し、と表現するように、カラーインクをぽとりぽとりと差していきます。色液が亀裂にジワリと広がり、隣の色と混ざり合い、不思議な色合いに変化する様子を楽しんでい下さい。

世界中どんなところでも手に入れられる素材「卵の殻」。
【エッグシェルモザイク®】は、これを再利用して、美しいアクセサリーや雑貨を、ご自宅のキッチンテーブルで作って楽しむことができるアートです。

お料理しておいしく中身を食べた後は、殻でアクセサリー作り♪
使う材料も特別なものはなく、世界中でどこにいても手に入る一般的な画材ばかり。
どこでもだれでもどんなときでも楽しめる、エシカルなクラフトです。

Step2 四つ葉のクローバーの種を封入します

幸せの象徴としても、お守りとしても。

色差しが終わったら、表面にレジンをこんもりと盛って硬化させたあと、
そのインナーパーツの裏の小さな穴に、四つ葉のクローバーの種を封入します。

四つ葉のクローバーには古くから、幸せが訪れるという言い伝えがあり、夏至の夜に摘草をすると薬草や魔よけの力があるとも信じられたいました。
自然の中ではなかなか見つけられない貴重な四つ葉のクローバーですが、
今回中に封入する種は、四つ葉の発生率を高めたクローバーの種になります。

(栽培条件等により四つ葉の発生率は変わります。必ずしも四つ葉のクローバーが発生するというわけではありまんので何卒ご了承ください。



Step3 フレームの土台とフレームを接着します

エッグシェルモザイクの仕上げにレジンやニスでコーティングします。土台とフレームにエッグシェルモザイクパーツを入れて完成させます。

お疲れさまでした!ペンダントトップの完成です。
ご自宅にて、カンに好みの紐をつけたり、裏にブローチ金具をつけたりして
楽しんでください。

【フレームに刻まれた四つの言葉】

日本の森を守るエシカルな活動をしている、
あすなろ手芸店(鳥取県)の「あすなろフレーム」。
四つ葉の部分に四つの言葉が刻印されています。

 LOVE&HOPE(愛と希望)
 HONEST(正直さ)
 INTEGRITY(誠実さ)
 WELFARE(他者への気遣い・おもいやり)

エシカルなハンドメイドが目指す四つの理念です。


Step4 ペンダントトップの完成です 

ペンダントにしたい方は、カンに紐を通して使います。

裏にブローチ金具を貼ってブローチにすることもできます。
(ご自宅にて自由にアレンジしてください)


ワークショップ詳細

第42回日本ホビーショー
2018年4月26日(木)27日(金)28日(土)
 東京ビッグサイト

場所:あすなろ手芸店ブース内にて

定員:各回6名様まで

価格:3200円

募集期間:開催は無事終了いたしました。ありがとうございました。

割引特典:
①ウェブで事前ご予約の場合 3000円/一名様(一般募集期間は~4/25(水)まで)

割引特典②お友達と2名様以上でお誘いあわせのご予約の場合 2900円/一名様

対象:中学生以上~(ひとりで制作できること)

お申込み方法

メールにて先着順で受け付け
eggshellesperanza7@gmail.com

定員になり次第募集は終了いたします。
メール: eggshellesperanza7@gmail.com
までお申し込みください。

①お名前(受講される方)
②ご住所
③希望日時(例:26日の①10:30~11:30など) 
④当日ご連絡の取れるメールアドレスかお電話番号

をご連絡ください。追って確認メールをお送りします。

お申し込み方法

募集は終了いたしました。ありがとうございました。
お申込みはメール: eggshellesperanza7@gmail.com まで

①お名前(受講される方)
②ご住所
③希望日時(例:26日の①10:30~11:30など) 
④当日ご連絡の取れるメールアドレスかお電話番号

をご連絡ください。追って確認メールをお送りします。