転職おすすめコネクト 

「世の中に山ほどある転職サイトのなかで
どれが一番自分にあうのだろう…」という方に
転職のプロが厳選した転職サイトを
紹介していきます。
転職に関する様々な口コミ、雑学も解説します。

適切な転職のタイミング

転職をしようと決めたとしても、転職のタイミングを見極める必要があります。

これからは、転職のタイミング(潮時)についてご紹介します。

以下のような時になったら、本気で転職活動をはじめてもいいでしょう。

同じ仕事を3年以上続けても評価されない時

同ポジションにいる最適な時間は、一般て的に3年程だと言われています。

3年以上同じ部署に配属され、さらに言えば5年間ずっと同じポジションで働く人もいます。

3年以上同じ仕事を繰り返してきても昇格・昇給できないのであれば、あなたの上司はあなたに対して、「今のポジションはこの人に最適で限界だ」と決めつけている可能性が高いからです。

そういう状況に陥ったら、まずは直属の上司に相談をしましょう。

上司に待遇改善を申し入れても応えてくれなければ、本気で転職を検討しはじめたほうがいいでしょう。

経営者との考え方が合わない時

仕事のやりがい・目的は、自分のモチベーションに直接関係しているので、非常に大切なことです。

従って、経営者との考え方が合わなくなってしまった時には、注意が必要です。

特に、それが経営者にバレてしまう時にです。

経営者がちゃんと話を聞いてくれて、理解してれるのならまだいいですが、たいてい、経営者との考え方が合わなければ、煙たがられる存在になってしまいます。

それのみならず、「自分はいったい何のために働いているのか」と方向性を見失い、結果的にはモチベーションも、仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。

そもそも、「こんな会社に貢献なんかしたくない」と思った時点で、その会社で成功するなんて考えられない話ですから。

そうなると、その会社に居続けてもあまり意味がないので、早めに転職を考えたほうがいいでしょう。

毎日つらくて憂鬱になりそうな時

ハラスメントの基準は曖昧であるが、上司からハラスメントを受けているのにもかかわらず我慢してしまう人は大勢います。

私たちは、人生の大半の時間を職場で過ごしています。

しかしながら、職場にいるだけでも苦痛だと思っている人はたくさんいます。

そんなつらい日が長く続くと、憂鬱になる可能性が非常に高いです。

毎日会社に行くのがつらいけど、行かなければならない。

やっと仕事が終わって帰れるが、もう何もしたくない。

「明日はまた仕事か…つらい」と考えながら眠りにつく。

転職は当たり前のようになっている世の中ですから、無理をする必要はまったくありません。

いくら給料が高くても、楽しく働けないのであれば、人生の負け組になってしまいます。

職場に行くだけでもつらいのに、それでも我慢をしてまで働いてしまうと、こころの病気になる可能性は非常に高いです。

こころの病気(憂鬱)は、簡単には治らず、あなたの一生にマイナスの影響を与えてしまいます。

情緒不安定になるのではなく、仕事自体ができなくなります。

そういう最悪な状況になる前に、早めに転職を考えましょう。

何の成長も感じられていない時

前述のように、職場は人生の大半の時間を占めています。

どんな仕事であれ、自分自身が成長していると感じることが、大きなやりがいになります。

逆にやりがい・成長を感じられていないのに、その仕事を長く続けることはおすすめできません。

よく考えてみてください。

自分の人生の大半は、「ただ職場にいて、金を稼いだ」ような時間になるのですよ。

それでもいいのでしょうか。

絶対に後悔しないといえるのでしょうか。

「絶対後悔しない」とはっきり答えられない場合、やはり一度転職を真剣に考えたほうがいいでしょう。

頑張ったのに評価されない時

頑張ったのに数字が出せないのであれば、もっと自分のキャリアを見直すべきだということは言うまでもありません。

一方、事務職、人事職など具体的な数字を出せない職種であれば、努力もしていて、仕事もできるのに評価されないこともあります。

人によって原因が違いますが、多くの場合は、上司とのコミュニケーションがうまく行かないことによって、頑張っていてもちゃんと見てくれない、あるいは認めてくれないこと多いのではないかと思われます。

そういった場合は、やはりキャリアアップは考えにくいです。

認めてくれるまで頑張るという選択肢もありますが、「自分を変える」だけではなくて、「上司の目の中の自分」も変えなければなりませんので、非常に難しいことだと言わざるを得ません。

それよりも、時によっては転職という道を選んだほうがいいでしょう。

「転職」というのは、「リセット」です。

転職をすれば、ほぼ全部をやり直せると言えますので、今の職場のことで悩みつづけるよりも、とりあえず転職活動をはじめてみたほうが賢明だと思われます。

知っておいて損はない自分の市場価値

「今の仕事がつらい・・」「今とは違う環境に飛び込みたい・・」このように考えている方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。そこで「いざ転職しよう!」と思い立ったとき一番気になるのが自分の市場価値ですよね。この記事では「転職における市場価値を構成する要素」「市場価値を高める方法」などを徹底解説していきたいと思います。転職を検討している方は是非参考にしてみてください。


市場価値の基準

転職に際し、自身の市場価値を正確に知っておくことは必要不可欠です。しかし、その基準は時代のニーズや転職市場の動向によって一概に言えるものではありません。そこで、どの時代にも通用する「正しく自身の価値を知る為に必要な考え方」を知っておきましょう。

社内価値ではなく市場価値を意識する

「市場価値」は転職市場において、これまでの経験やスキル、能力などによって判断される価値の事であり、社外の人間の客観的な判断によってもたらされます。

この一方で「社内価値」は、現在の職場における地位や役職によって判断され、これは勤続年数や業績によって決まってきます。

転職市場において重要になってくるのは客観的な「市場価値」です。社内で下されている「社内価値」だけで判断して視野の狭い転職活動を行うと失敗の大きな原因となってしまうので注意しましょう。

実績や経験を整理する

実績や経験について熟考することは市場価値を決めるうえで大きな基準になります。なぜなら転職活動を成功させるにはこれまでの職場でどのような経験を積み、いかにして実績を挙げてきたのかを上手くアピールする必要があるからです。

特に重要視されるのが実績です。勤続年数が数十年を越えるにも関わらず、自信を持って話せる実績がなければ相手に与える印象はあまり良くないですよね。さらにその実績は転職先でも通用する事がわかるよう、数値として整理すると良いでしょう。

今までの職場での実績を伝えることで転職先でも活躍できる人材であることをアピールすることが転職成功のキーとなります。

学歴

これまでの経験や実績に比べると弱いですが、市場価値の判断基準としては学歴も挙げられます。企業によっては応募資格を大卒以上にしているところもあるので、注意するようにしましょう。高卒か大卒かの違いはやはりありますし、大卒の中でも大学のレベルによって相手に与える印象も異なります。

特に20代で転職を検討している方は30、40代に比べて参考にされる可能性が高いです。学歴に自信がないという方は現職で培った経験やスキルをしっかりと伝えられるようにしましょう。

市場価値を構成する要素

ここからは、具体的に市場価値を構成する4つの要素についてをお伝えします。以下の要素は転職活動を行う上で非常に重要なものになるので、日々意識するようにしましょう。

将来性

将来性とは、実績やスキルはあまりなくとも、将来が有望な人材のことを指します。20代や第二新卒で転職を検討している方はその将来性が重要な要素になります。若いうちに転職を検討している方はそのあたりも加味しながら面接に臨んでみてくださいね。

実績

現職での実績は転職において重要な要素であるため、履歴書や面接でもしっかりアピールしましょう。

ただ一つ注意しておきたいのが、その実績の中で自身がどのような役割を果たしたのかという点です。華々しい実績があるのは素晴らしい事ですが、それを達成する為に自身がどう立ち回ったのか、どのような点が困難だったのか、またそれをどう乗り越えたのかというところをしっかりと話せる事が重要です。

転職先の人事は「その実績が自社でも再現できるのか」という点を重視しながら人材を見極めています。その再現性を伝えるべく、「実績を挙げる為にあなたが踏むプロセス」や「仕事に対するマインド」をしっかりと話せるようにしましょう。

スキル・資格

資格取得は自分の努力を客観的に示すことができますが、選考においてあまり重要視されません。

もちろん、不動産業界の宅建や保険業界のFPなど、持っていることで有利に働く資格はあります。しかし、多くの場合は選考の加点材料にしか過ぎません。

よって転職面接の際も資格やスキルのアピールにのみ注力するのではなく、これまでの実績やキャリアプランをしっかり伝えるようにしましょう。

キャリアプラン

キャリアプランを練りしっかりと答える事ができる人材は、市場価値が高いと判断されます。なぜならキャリアプランが明確な人ほどやりたい事がハッキリしており、その目標に向かって今やるべき努力をしている傾向にあるからです。「自分の目標を達成するには、御社への入社が不可欠である」という事を、自信を持って伝えることができれば、その言葉に説得力が宿り、面接官を納得させることができます。

解像度の高いキャリアプランを描くには「自身の価値観」や「理想像」をキチンと理解する事が重要です。現職を通じて自分がやりがいを感じたのはどんな瞬間だったのか、10年後の自分はどんな姿になっていたいか、など過去の経験から未来を設計することが重要です。

市場価値を知らないとどうなる?

自身の市場価値を知らないとどのような影響が生じてしまうのでしょうか?ここからは市場価値を知らないことにより生じるデメリットを2つ挙げていきます。

年月だけが過ぎてしまう

自分の市場価値を知らないことは、自己成長をせずにただ年月のみが過ぎることにつながります。冒頭で記した「社内価値」のみに固執して働いていると、自身の価値を客観的に判断できなくなり、自らを高めることができません。

現職の職場で生涯働くつもりであればそれでも良いですが、現代日本では終身雇用は崩壊しつつあります。現職の会社が傾き、いざ転職しようとした時に初めて自身の価値を認識するようでは遅いでしょう。早めに自身の価値を知り、どのような部分を伸ばせば査定に良い影響を及ぼすのかを理解することが大切です。

自身の適正な年収を把握できない

市場価値を理解しないことは適正年収を把握できないことにつながります。

現在の年収が自身の市場価値に見合わないのであれば、年収アップが望める会社に転職するという選択肢が出てきますよね。

この一方で、市場価値を正確に把握していないと、本当はもっと良い給与で転職する事ができたにも関わらず、低い給与の会社で働き続けることになってしまいます。

適正な市場価値を知ることは転職活動を成功させる為に必須であると言えるでしょう。

市場価値を高める為に

自身の価値を知る重要性についてはわかっていただけたと思いますが、ここからはそれを高める方法について紹介していきたいと思います。転職を検討している方々は今すぐ実践して損がないことだらけですので是非参考にしてください。

柔軟に対応していく思考

過去にとらわれず柔軟な発想でどんどん対応できる人材は、これから先企業から求められます。テクノロジーの進化により仕事は大幅に変化しました。これまであった仕事がAIに取って代わられることなんて日常茶飯事でしょう。そのような移り行く時代の中では、固定概念を持たずに新たな知識を積極的に吸収していけるような思考が重要です。時代の変化を敏感に察知し、そのニーズに合ったビジネスを行える人が生き残っていくと言えるでしょう。

社外に目を向けて働く

現在行っている仕事は市場のどこに位置しているのか。このように、社内だけでなく世界に目を向けられる人は市場価値を高めることができます。

社内の限られたコミュニティの中で決まった仕事だけをこなしていると、いざ転職したときに他社で順応することができません。

そうではなく広い視野を持つことが重要です。常に自己の市場価値を高める意識を持って働くことで市場価値を高める事ができます。

周囲の人を参考にし、自身の市場価値を確認する

自身のキャリアプランを基に周囲の人と自己を比較することは、自身の市場価値を理解する上で非常に大切です。

例えばデザイナーの方が今後もデザインスキルを高めていきたい場合、同職種の人脈を広げて情報を得やすい環境づくりに努めましょう。ここで注意すべきなのが、自分が希望する職種の人の考えを参考にする事です。自身の目指す方向性の先にいる人から話を聞くようにしましょう。

そして人脈を広げ、他の人が自分と比較してどのようなスキルを持っているのか、どういった努力しているのかを聞き、市場価値をあげるヒントがないか探りましょう。

自分の市場価値を正しく理解することが重要

転職において自身の市場価値を確認することは、自分の身の丈にあった転職先を見つけるためにも重要です。「転職における市場価値を構成する要素」「市場価値を高める方法」を意識しながら自身の価値を磨くことはもちろん、社外に目を向けて自身の立ち位置を改めて確認してみてくださいね。



退職の切り出し方

何らかの理由で退職が決まっても、どのように上司に切り出せばいいのかと困っている方は大勢いらっしゃるでしょう。

転職・退職が当たり前になった今でも、無計画に退職を進めてしまうと、次のキャリアに悪影響を与えてしまう可能性もあります。

実は、退職の切り出し方にはいくつかのポイントがあり、これらのポイントをしっかり守っていけば、わりとスムーズに円満退職できます。



退職を切り出す時期

ご存知の方も多いでしょうが、退職は、直属の上司に切り出すべきです。

しかし、退職を切り出すタイミングを間違えてしまうと、上司に不快感に与えてしまい、その結果、退職が先延ばしにされる可能性もあります。

そのため、退職を切り出すタイミングも非常に重要です。

これからは、上司にいつ切り出すべきかについて、「時期」と「タイミング」に分けて解説していきます。


1ヶ月程前に切り出すのがおすすめ

「明日からやめます」というのはさすがにNGですが、法律では2週間前に退職を申し出れば辞めることはできます。

人によって違うと思われますが、「やめます」と切り出した後に、職場にいるだけでも気まずく感じてしまいますよね。

そうすると、ぎりぎり2週間前に切り出したほうがいいですが、社内外への挨拶、有給の消化などもありますので、1ヶ月程前に切り出すことをおすすめします。

また、退職に関して独自のルールを設けている会社もありますので、早めに就業規則を確認したほうが無難でしょう。


切り出すタイミング

切り出すタイミングは、一言で言えば、上司が忙しい時間でなければ問題ないでしょう。

できれば就業時間外に切り出すことが望ましいでしょう。

就業時間中に切り出すと、上司が落ち着いて聞いてもらえなかったり、迷惑をかけてしまったりすることもあり、円満退職の妨げになります。

また、退職は個人的なことなので、なるべく個室またはそれに近い環境で切り出しましょう。


具体的な切り出し方と注意しておきたいこと

いつ切り出せばいいのかをわかっていても、具体的にどう切り出せばいいのかがわからないという方も多数いらっしゃるでしょう。

切り出し方がわからなければ、本番に臨む前に緊張してしまいますね。

それでは、具体的な切り出し方と注意しておきたいことについて、いくつかのポイントに分けてご紹介していきます。

これらのポイントをしっかり把握しておけば、緊張をほぐすこともできるでしょう。

ぜひご参考にしてください。


退職の意思をはっきりする

退職意思を切り出す時に、まずは「大事な相談がありますが、只今お時間よろしいでしょうか」という伝え方をして、上司を呼び出してください。

そうすると、上司に心の余裕を持たせることができます。

勘の鋭い上司であれば、あなたが退職の意思を切り出す前に気付くでしょう。

上司を呼び出したら、いつもより真剣な声と顔で、お世話になったお礼と退職の意思を伝えてください。

ここで引き止められる可能性が非常に高いので、退職の意思はできるだけはっきりとお伝えください。

はっきりと伝えなければ、場合によっては、「はい、事情はわかったよ、また連絡する」だけ言って、あなたの言ったことを無視してしまう可能性があります。

そうすると、あなたの退職が先延ばしにされることは予想されます。

また、言うまでもないことですが、スルーされたら、さすがにもう一回上司を呼び出して退職の意思を示すのは非常に勇気の要ることであり、難しいですね。

そういう状況を避けるために、必ず退職の意思をはっきりと真剣に伝えるようにしてください。


上司に納得してもらえる退職理由はしっかり考える

退職を切り出した時に、必ず「なんで」と上司に聞かれます。

上司に納得してもらえる退職理由を考えるのは、円満退職のために必要不可欠なことだと言っても過言ではありません。

パワハラを受けた、人間関係がうまくいかない、給与が低いなどの「ネガティブ」な理由よりも、「ポジティブ」な理由のほうが納得してもらいやすいです。



引き止めは断る

退職を言い出したあなたは、会社にとって貴重な戦力ですし、もしあなたが本当に退職をしていたら、あなたの上司は「部下を辞めさせた人」というレッテルを貼られ、評価が下がってしまう可能性が高いです。

新卒の場合、時間やコストをかけて教育を行ったため、あなたがやめたら会社の損失になります。

そのため、会社側はあなたを極力引き止めることがあります。

しかし、いくら引き止められようと、意思を曲げないようにしましょう。

何故なら、一度退職を表せば、社内で腫れ物扱いされてしまう可能性があり、リスクが非常に大きいからです。

また、会社/上司はあなたを引き止めるためにいい条件を出してくれたとしても、必ずしも満足してくれるとは限らず、ただの虚言ということも多いです。

なので、基本的には退職を言い出したらもう後は退けないという考えで臨んでください。

退職を切り出す前に、「本当に辞めていいのか」をじっくり考えましょう。


退職の挨拶をするかどうかはご自身の判断で

退職の意思を伝え、上司の承認ももらえて、やっと退職が迫っています。

引継ぎ、退職の手続き、引っ越しの準備など、しなければいけないことがたくさんあります。

引っ越しの準備などは、有給休暇をとって進めていけますが、残ることはあと一つ、退職の挨拶回りです。

実は、退職の挨拶回りは必ずしなければいけないことではなく、するかどうかは本人の意思次第です。

とはいうものの、ほとんどの場合では、上司は「挨拶はいつするの」と聞いてきます。

それによって挨拶回りは半強制的に求められることになりました。

それでも挨拶をまったくしないという選択肢はもちろんありますが、「する価値のある」と思った人にはちゃんと挨拶をすることをおすすめします。

「する価値のある」人というのは、「今後会う可能性のある」人のことです。

今後会う可能性もなさそうだし、一緒にいるだけでもストレスが溜まるし、友達でも仲間でもない相手ならば、別に挨拶をしなくてもよいでしょう。

挨拶をすることがストレスにならないように、するかどうかという判断基準を決めることは大事です。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

ざっくりではありましたが、当記事では、退職を切り出すタイミング・その時に何を伝えればいいか、伝える時に注意しておきたいポイントについてご紹介しました。

退職を切り出すこと自体はそれほど難しいことではありませんが、心の準備をするのは非常に時間のかかることであり、大変なことですね。

ぜひ当記事を参考にしていただき、円満退職を成功させてください。


転職による年収アップ

転職をする理由として多く挙げられるのが「年収アップ」です。何をするにしても、お金が必要なのが今の世の中です。

しかし年収アップを目指すにしても、ハードルが高いように思えてしまいますよね。年収アップを狙うためにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは年収アップを狙える人がどんな人なのか、そのための方法は何なのか、徹底紹介します。この記事を読み終わったときのあなたきっと、年収アップへ一歩近づいているでしょう。

年収アップを狙った転職をする上で、自分を売り込むということは非常に重要なことです。自分を売り込む手段はたくさんありますが、ここではその中でも1つ、最も重要なことを紹介します。


職歴を出し惜しみしない

 転職をする上でそれまでの職歴はあなたにとって大きな武器になります。

つまり、職歴の書き方や見せ方が重要になってくるのです。「少しかじっただけ」といったような職歴も決して出し惜しみする必要はありません。余り経験していなくても、0よりは経験しているのです。

出し惜しみせず、堂々と職歴の欄に書いていきましょう。担当してきた業務やそこで身につけた能力を積極的に並べることで、採用する側としても採用をしやすい人材となることができます。

過大評価をされることがないわけではありませんが、転職をしてしまえばこっちのものです。その新しい職場でベストを尽くし、自分のできることをやればよいのです。

職歴は自分自身の一番のセールスポイントです。

家電に置き換えても、どうせ使うならあまり機能がない商品よりも、機能が豊富な商品のほうが良いですよね。職歴の多さはその人の機能の多さです。その売り込むべき機能を出し惜しみする必要はありません。

では、どんな人が転職をするにあたって、年収アップを実現できるのでしょうか?ここからは年収アップを狙う人材に必要な要素を紹介していきます。


コミュニケーション能力

 中途採用である転職に限らず、仕事をする上でコミュニケーション能力は非常に重要視されてきます。

採用する側も、採用した人材がすぐに社内で大活躍するとは思っていません。しかし、どれくらいの速度でその社内に溶け込むか、新しい仕事に慣れるか、というところは重要になってきます。

そこで大事になってくるのがコミュニケーション能力です。主に面接においてコミュニケーション能力は審査されます。面接でぶっきらぼうな受け答えしかしない応募者と、スムーズに受け答えができる応募者、あなたはどちらを採用するでしょうか?間違いなく後者ですよね。

転職を希望する応募者に企業が求めることは第一にコミュニケーション能力なのです。コミュニケーション能力があるということは、新しい職場で、新しい仕事や人間関係にいち早く対応できる柔軟性を持った人材が求められ、そんな人が年収アップを成し遂げていくのです。


転職回数

転職回数が少ない場合、もしくは初めて転職をする場合、今の職場で正当な評価を受けていないことがよくあります。そこから転職をし、新しい職場に移ることでその能力を再評価される、というケースは少なくありません。

転職回数の少なさは採用した後に他の会社に行かず、長期間勤務をしてくれるであろうという信頼に繋がります。

特に初めて転職をする人は年収アップが可能な転職を実現しやすいでしょう。


年齢

20代後半から30代という年代は今の職場である程度の経験を積んでいるため、転職においても即戦力として重宝されることが多いです。即戦力として重用されるとなると、自ずと給料も上がります。そのため、年収アップはこの年代が一番なし得やすいのです。

ただこの年代は責任が重い仕事を任せられることも多いため、実力差が顕著に見え始めるのが特徴です。実力が十分に兼ね備わっているのであれば、そのような実力や実績、能力を重視する企業へ転職をしましょう。

その転職はあなたにさらなる年収アップをもたらしてくれるでしょう。

また、転職を成功させるためには、転職先として考えている業界に関する研究であったり、その企業の研究を行ったりすることが重要です。自分自身で企業や業界について調べておくと、転職後のミスマッチを最大限防ぐことができ、また転職をしなくてはならない、という事態を防ぎます。

また、転職対策をすることで自分の特長、自己PR、動機を考えることができます。何故転職をしたいのか、という目的を明確にし、転職活動に励むことが大事になります。



転職で年収アップするために大事なことは?

年収アップを狙った転職をする上で、自分を売り込むということは非常に重要なことです。自分を売り込む手段が沢山あることは、今回の記事を通して分かっていただけたと思います。
今までの企業で実績を積んだ人、転職経験が少なく長く企業に貢献できる可能性のある人、コミュニケーション能力のある人、多くの職歴を持つ人が年収アップ可能性を多いに持っている人材と言えます。
また、転職を成功させるためには、転職先として考えている業界に関する研究や、企業研究も重要になってきます。自分自身で企業や業界について調べておく事が、転職後のミスマッチを最大限防ぐことに繋がります。