ママが変われば不登校のお子さんもかわる



お子さんの不登校で心を傷めているママへ

お子さんをどうにか変えたい、環境を変えたい、どうにかして・・・

それなら。

ママ自身が変わることで、きっと先に希望が見えてきます

お子さんの良きメンター(指導者・助言者)になりませんか

あなたは不登校でこんな悩みを抱えていませんか

子どもの不登校をなんとかしてあげたいんです。

叱ったり、なだめたり。突き放したり、寄り添ったり。

どんなことをしても、子どもの心は動きそうにありません。
なかなか不登校の悩みを話す場所ってないんです。

他のママに相談しようと思っても、どうせわからないよねって、ちょっと構えてしまいます。

もしかしたら、私の接し方が悪かったのかもしれない・・・。

あの時ああすれば、こうすればと過去を振り返っては後悔をしています。

周りから、どうして学校へいけないんだ、いけなくて良いと思っているのかって、私が責められるんです。

母親として必死になっているのに、みんなどうしてわかってくれないんだろう・・・。

そのお悩みを解決するために・・・

不登校の解決は学校へ行けることだと思っていませんか?

人生の中で学校へ行っているのは、たったの数年です。

本当に必要なのは、学校へ行けるようになることではなく、何か壁にぶつかった時に自分で一歩踏み出すような力強さを身につけてあげることです。

そのために子ども自身が変われば良い?

いいえ、まず最初にママが変わることが結局は一番の近道になります!

人を他人の意思で変えることは難しい。それは、自分の子どもであってもです。

こんな悩みを持つママが対象です

  • 子どもの不登校を解決したいが、手詰まり感がある
  • 周りから理解されず、苦しく思っている
  • どうしても子どもを責めてしまう
  • 自分だけが辛いような気持ちになってしまう
  • 母親としていたらないのではと、自分を責めてしまう
  • 先回りをして、子どもの人生についレールを敷こうとしてしまう

このプログラムをお伝えするのは私です

株式会社イーシュ代表 加藤けい

小学校4年生と高校一年生のママ。

高校生の娘は小学生の頃から不登校気味で、中学生になってからは本格的に学校へ行かなくなりました。

現在は単位制高校のサポート高へ通いながら、高校生活を送っています。

私自身は、ネイリストであり起業家。夫からのモラルハラスメントに苦しめられていた中、自分自身を取り戻し専業主婦から独立起業。

この自身の経験を生かし、「自分を取り戻し解放させるため」プログラムを、専門家とともに作らせていただきました。

このプログラムのほか、毎月「不登校のママとのお茶会」を開催し、不登校のお子さんに寄り添うお母様の心を解放するような、心が軽くなる時間をご一緒させていただいています。

まずは自分のなかで苦しまず、一歩前に歩き出してみませんか。

私がお伝えしたいこと

私には物足りませんでした
私が娘の不登校で悩んでいた時に、カウンセリングを何度か受けたことがあります。

とても癒され、ほっとしました。寄り添ってもらえる安心感を心から感じることができました。

ですが、私にはその先が見えなかったのです。解決したいのに、その場で止まってしまう私の弱さがありました。

私にはカウンセリングだけでは足りない、そう思いました。

カウンセリングのその先に
私はさまざまな人に会い、話を聞き、本を読み、娘の生まれた頃からさかのぼっていろいろと調べ考えました。

どうしたら娘は変わるんだろう。どうしたら娘は学校へいくのだろう。

娘が変われば学校に行けるのだと信じていた私は、娘を変えることに必死でした。

でも、変わらない。学校へは行けない。

出口のないトンネルとはこのことだと思いました。

先の見えない状況ほど、不安で胸が張り裂けそうになるものです。

変わるべきは娘ではなく私
しばらくて気がつきました。

私は間違っている。目の前にある問題の表面だけを見ていると。

娘が学校に行けるようになることが解決だと信じていた私は、娘が学校に行けるか行けないかが判断基準になっていたのです。

ですから、学校に行けた行けなかったで一喜一憂し、本当に娘に身につけさせてあげるべき「困難に挑む意欲」「前に進む勇気」「ありのままの自分を認める心」を見落としていました。

今の学校に行けても、進学した先では?卒業して就職した先では?

目の前の「不登校」だけにフォーカスしていたら、その先に待っていること全てに心配をし、また同じような繰り返しになるのは目に見えていました。

そう思った時、娘ではなく私自身がもっと強く、勇気を持って、自分自身をこれで良いのだと認める心を身につけなくてはならないと強く感じました。

その後私のメンターとのセッションなどを通じて(今回お伝えするプログラムの元になるものです)、自分を変えていく努力をしました。

※メンターとは、仕事上(または人生)の指導者、助言者の意味。 (コトバンクより抜粋)

不登校だけど不登校じゃない
私が変わり、娘への接し方や態度も変化していきました。

その後娘は高校に進学しましたが、必要最低限しか学校へは行けません。でも、その必要最低限ができるようになりました。

自分の夢に向かって次に何をしなければならないかをしっかり考えることができるようになったので、高校に通う目的、その後の進路につなげるための道筋を自分で考え行動できるようになったのでしょう。

行きたい大学に向かって、自宅で勉強もはじめました。

アルバイトもしています。飲食店で人と接することで、客観的な視点を持つことができるようになりました。

私が変わることで、娘も変わっていったのです。

自分の経験を生かしたプログラムを作りたい

その後、私のメンターでもある株式会社インターディペンデンス・コーポレーションの代表取締役社長の野口氏と、「女性の心を解放するためのプログラム」を作ることになりました。

私が真っ先に思い浮かべたのは、お子さんの不登校で苦しみ、輝きを失ってしまった頑張る優しいママの姿でした。

「自分を変ることで自分を解放する」

これは、私も経験したことです。

そして、これこそが不登校の解決のひとつだと確信しています。

今回お伝えするプログラムは、たくさんのカウンセリング手法を用いて作られているものです。

話をする、話を聞いてもらう、寄り添ってもらうだけではありません。

根拠に基づいたプログラム+カウンセリングによって、あなたが本来の輝きを取り戻す一歩を踏み出しませんか。

このプログラムをお子さんにも使ってあげてください。
次に変わるのは、お子さんです。

お母様が実際に私とのセッションで得たことを、今度はお子さんに使ってあげてください。
 
その時こそ、お子さんが「自分で変わる」番です。

ママがお子さんの最良のメンター(指導者・助言者)となれるのです。

本来の自分を取り戻すためのプログラム

STEP

1

プログラムを受講する目的

・本当の自分とは誰なんだろう。人から理解して欲しい自分とは、自分らしくいられる場とはどこなか・・・。
 さまざまな角度から探求することで、本来の自分を知り、真に「動機付けされる自分」を発見することが
 できます。

・「自分自身に対する全面的な信頼」を得るための方法を学んでいきます。
 自分が目指す姿について探求し、どのような意識をを持ちたいのか、持つべきなのかを、
 さまざまな視点から捉えてみましょう。

STEP

2

プログラムを受講して期待できる結果

・自分の存在意義、役割、価値を明確に知ることができます

・人と自分を比較しなくなり、人生をより豊かに過ごすことができるようになります

・自分が最も動機付け(やる気)されるものを明確に知ることができます

・小さな成功体験の積み重ねが、自分に対する信頼・自信を高める方法であることを理解できます

・これまでの体験をポジティブに捉えて、人生や仕事に対して果敢にチャレンジする行動力を発揮できます

・自分の置かれている立場に関する高い倫理観、社会的価値を認識することにより、
 意欲や自己向上に関するモチベーションを向上できるようになります

・自分本来の「自覚」「あり方」「責任」「やる気」「行動規範」が身に付きます

・これまでの自分との違い、他者への印象、成果・結果の違いを明確にすることができます

STEP

3

その後期待できる効果

・自分自身が何を望み、何を目指し、どのように生きて行きたいのかを明確に認識することによって、
 確かなビジョンを描くことができるようになります。

・自分に対する自己肯定感を高めることができるようになり、さまざまなことに挑戦しようという
 意欲が発揮され、自分本来の力を輝かせ、発揮することができるようになります。

・生きていくなかでの障害、障壁を乗り越えるための姿勢と行動パターンを身に付けることが
 できるようになることで、自分に対する自己肯定感を高めることが可能となり、
 自由で自信に溢れた自分を実感できるようになります。

STEP

1

プログラムを受講する目的

・本当の自分とは誰なんだろう。人から理解して欲しい自分とは、自分らしくいられる場とはどこなか・・・。
 さまざまな角度から探求することで、本来の自分を知り、真に「動機付けされる自分」を発見することが
 できます。

・「自分自身に対する全面的な信頼」を得るための方法を学んでいきます。
 自分が目指す姿について探求し、どのような意識をを持ちたいのか、持つべきなのかを、
 さまざまな視点から捉えてみましょう。

受講期間
最初の1回目から4ヶ月間(+サポート2ヶ月)で学んでいただきます(全8回)。この間に終わらない場合は、ご相談ください。

受講形態
対面が基本ですが、遠方などで難しい場合はSkypeでも可能です。
あなたの状況にあわせた内容で、マンツーマンでセッションとなります。

受講費用
240,000円(税別) 開講記念として10月23日まで160,000円(税別)

支払い方法
一括払い・分割払い(40,000円×4回)・都度払い(20,000円×8回)など
銀行振込・PayPal決済(カード利用可)がご利用いただけます

申し込み方法
下の「こちらをクリックして個別相談・問い合わせ・申し込み」ボタンからお申し込みができます。無料個別相談もこちらからどうぞ。

※プログラムで得られる結果は、個人によって変わります。上記でお伝えしているものは、プログラムから推測される期待できる効果になります

  個別相談やお茶会も行っております

・月に一度、同じ不登校の悩みを持つママたちのお茶会(無料・お茶代のみ実費)を行っております。
 堅苦しくなく、情報交換などを行っていますので、こちらのご参加もぜひお待ちしております。

・いきなりプログラムを受講する前に、まずは話を聞いてみたいという方には
 無料の個別相談(60分)も行っています。
 プログラムの内容だけではなく、あなたの不登校の先が見えない悩みについてぜひお聞かせください。

 お申し込みは、下の各ボタンからお気軽にどうぞ。

株式会社イーシュ

代表取締役 加藤圭
設立日 2015年3月23日
住所 東京都中央区銀座3−7−13
電話番号 050-3724-7866
住所 東京都中央区銀座3−7−13